河原和音「青空エール」16巻 雑感
8月25日に「青空エール」16巻が発売されました。
連載時の違いなどを取り上げてみたいと思います。

この巻の主役は脇田さんのワキ野球部の山田・城戸のバッテリー。
山田が格好いいのは今まで通りですが、これまで三枚目だった城戸がオイシイ。


青空エール(16)/Amazon


感想は連載時のものをご覧ください。
2014年5月号
2014年6月号
2014年7月号
2014年8月号

続き▽
| 漫画・本::河原和音「青空エール」 | 11:59 | comments (2) | trackback (0) |
有馬温泉一帯の神社を淡々と紹介してみる
先日、家族と有馬温泉に行ってきました。

奈良時代から歴史のある温泉街ですが、
休店している旅館もちらほらあり、決して栄えているばかりではない、という印象。

とはいえ盆休みということもあり、昔ながらの町並みはにぎわっていたのは確か。
肝心の温泉は、湯船がそんなに広くなかったですが……。

温泉はさておき、ちょっとご利益を得たくて近辺の神社を回ってみました。
その写真を上げてみます。

続き▽
| 雑記 | 01:02 | comments (0) | trackback (0) |
NHKと受信料契約時に色々頭を抱えた話
これから書く話は一方的かつ攻撃的な悪態に満ちていますので、
心安らかに過ごしたい方は読むのをお控えください。

結論。NHKめんどうくさい。

続き▽
| 雑記 | 07:50 | comments (0) | trackback (0) |
映画「GODZILLA」(ハリウッド再リメイク版)感想 ネタバレあり
観てきたので、感想書きます。
→公式サイト

○前置き
幼い頃は、男の子の例外に漏れず「ゴジラ」「恐竜」にあこがれていました。
世代的には「VSシリーズ」を映画館で観ていましたね。

VSシリーズ……「ゴジラVSビオランテ」(1989年)~「ゴジラVSデストロイア」(1995年)までの一連の作品。
個人的に一番面白かったのが「ゴジラVSキングギドラ」

で、1998年のハリウッド版「GODZILLA」も鑑賞したのですが、
あまりのひどさに、正直あまり覚えていません。
エンディングテーマの「Come with Me(Puff Daddy)」のほうが記憶に残っている始末。

何より「VSデストロイア」で「自分の中でゴジラは終わった」というのが大きいのかもしれません。
当時中学生のくせに、ませてますな。
実際、2000年以後のゴジラはほとんど観ていません。

あ、2004年の「ファイナルウォーズ」はエンタテイメントとして素晴らしかったです。
怪獣のドンパチが心ゆくまで観られますからね。
(あと北村一輝の快演も光る……「やっぱマグロばっか食ってるヤツはダメだな」って台詞には心の中で拍手喝采した)。
しかし、平成1ケタの「VSシリーズ」を超える印象はなかった。

10年がたち、ハリウッドが再リメイクした、と聞いても期待はしていませんでした。
しかし、公開後しばらくするとなかなかの好評のようで。
そこで重い腰を上げてみた次第です(何様)。


続き▽
| 映画 | 21:36 | comments (0) | trackback (0) |
河原和音「青空エール」65話感想(別冊マーガレット2014年9月号)
毎月13日おなじみ、青空エールの感想です。
書いてるのは12日ですけど。
なんでか知りませんが、Amazonで注文したらこの日届いたので、早速読ませてもらいました。



これまでのお話はカテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::河原和音「青空エール」 | 23:05 | comments (4) | trackback (0) |
映画「るろうに剣心 京都大火編」ネタバレ含む感想
最近「るろ剣」熱が再燃してきたので、
2012年の実写版映画をDVDで視聴。

なかなかの出来だったので、公開されたばかりの「京都大火編」を観に行ってきました。
→公式サイト

以下、感想です。
ネタバレが随所にあるのでご注意ください。

続き▽
| 漫画・本::和月伸宏 | 21:05 | comments (0) | trackback (0) |
「るろうに剣心」(和月伸宏)の登場人物を年齢順に並べてみた
久々に「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」(和月伸宏)を読破して、ハマる。

元々97年ぐらいまでは週刊少年ジャンプ読者でして、毎週本誌を買ってました。
当然「るろ剣」も、第1回から、いやその前の読み切りから読んでました。
単行本やアニメには手を出してませんでしたが……。

たしか京都編の四乃森蒼紫戦の途中で読むのをやめてしまったのですが、
別につまらなくなったわけではないです。
単に親に買ってもらえなくなっただけ、と記憶しています。小中学生では仕方ない。

で、十何年ぶりに続きを読んでみると、やっぱり面白い。
女性ファンの多い作品だったようですが、男から見ても「熱い」少年漫画でした。
「二重の極み」とか「悪・即・斬」とか。


さて本題。
多くのキャラクターが登場する本作品、キャラクターを年齢順に並べてみました。
意外に年くってたり、その逆もありますな。

ついでに、誕生した年におこった出来事、同い年の偉人も調べています。

続き▽
| 漫画・本::和月伸宏 | 01:28 | comments (2) | trackback (0) |
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   08 - 2014   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート