神の敵アーサー(下)


<あらすじ>
サクソン人の戦いは、不完全ながらもブリタニアの勝利に終わった。
ひとまずの平和がやってきたのだ。

しかし、君主アーサーへの試練は終わらない。
トリスタンとイゾルデの悲劇、王の自覚のないモードレッド、
紀元500年を迎え陰謀をめぐらすキリスト教徒。

そして、アーサーは妻グィネヴィアの裏切りという最大の試練を迎えることになる。

<ファンの語り>
全6巻の物語も折り返し地点を過ぎ、いよいよ終局へ向けて様々なエピソードに決着がつく。

しかし、今ひとつカタルシスに欠けるのは、第1部のラグ谷のように派手な戦いでなく、
陰謀劇に終始しているからだろうか。

それにしても、この巻のキリスト教徒は暴動を起こすわ虐殺するわとテロ集団と大差ない。
ここまで悪く書かれて教会からクレームなど来なかったのだろうか。

訳者あとがきの「似たような話がどこかの国でもあったような気もするが」って、
間違いなくオウム真理教のことですよね。



| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 23:46 | comments (0) | trackback (0) |
神の敵アーサー(上)



<あらすじ>
ラグ谷にてシルリア、ポウイスの連合軍を打ち破ったアーサーは、名実ともにブリタニアの盟主となった。
宿敵サクソン人を討つ準備として、アーサーはポウイス王女カイヌインとランスロットの婚礼を進める。
二人の結婚は諸王国をまとめるために必要なのだ。

一方、マーリンはブリタニアの宝の一つ「クラズノ・アイジンの大釜」を探すための兵士を求めていた。
しかし、おとぎ話でしかない大釜のために、兵士を貸す国はどこにもない。
そこでマーリンが目をつけたのが、カイヌインに恋情を抱くダーヴェルだった。

<ファンの語り>
国の結束など屁でもない、とばかりに結婚式をかき回すマーリンとニムエが痛快。
恋愛をテーマにしているだけあって、6巻の中で一番明るい雰囲気を持っている。

が、そこは冒険作家のコーンウェル。
大釜探求は短いながらも手に汗握る描写が続く。

そして、後半はいよいよサクソン王エレと決戦の時。
と思ったら肩すかしをくらうのだ。
この、いいように転がされている感覚がたまらなく気持ちいい。

ところで、表見返しのあらすじに「トリスタンとイゾルデの悲劇が......」とあるけど、
彼らが出てくるのは下巻。
編集者は一体何をやっていたのか。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 23:28 | comments (0) | trackback (0) |
エクスカリバーの宝剣(下)


<あらすじ>
アーサーの帰還は、ブリタニアの新たな混乱の幕開けだった。
ポウイス王女カイヌインとの結婚を袖にしたことで、王女の父ゴルヴァジドは激怒、ブリタニアの諸王国と組んでアーサー包囲網を敷いたのである。

一方、海を隔てたベノイクからは救援の知らせが届いていた。多方面に敵のいるアーサーは、やむなく部将の一人ダーヴェルを代わりに差し向ける。
アーサーは自ら作った危機を切り抜けられるのか?

<ファンの語り>
いよいよ第1部が佳境に入り、どんどん面白くなってくる。

下巻冒頭ではダーヴェルの宿敵ランスロット、そして親友となるギャラハッドが登場。
そして長らく不在だったマーリンがいよいよ帰ってくる。
私はダーヴェルと同じく見事にだまされました。

この巻にニムエとの短いロマンスがある。
第3部まで読んでしまうと、この箇所が実に切ないのだ。
結末がわかっていても、ダーヴェルと平和に暮らす道を選んで欲しいと思わずにいられない。

クライマックスのラグ谷は濃密な戦闘描写が続く。
この後、緊迫の戦闘シーンはバゾン山までないので、じっくり味わいたいところ。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 23:15 | comments (0) | trackback (0) |
キャラクター紹介(その他)
カドゥアロン

子:バルシグ

グウィネズ王。
フリーンのディウルナハの軍勢を恐れており、毎年奴隷を差し出すことで侵略を免れている。


バルシグ

父:カドゥアロン

カドゥアロンの嫡子。
歯が2本しかないというひどい顔の男。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 22:45 | comments (0) | trackback (0) |
キャラクター紹介(アイルランド)
エンガス・マク・アイレム

子:イゾルデ、アルガンテ他


ディウルナハ



| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 22:41 | comments (0) | trackback (0) |
キャラクター紹介(アーモリカ)
ランスロット

父:バン
母:イレイン
弟:ギャラハッド
妻:アーデ
子:ペレディア

ベノイク王の嫡子。
アーサー王伝説では最高の騎士と歌われる英雄だが、この物語では悪役に成り下がっている。

臆病者で一度も最前線には出ず、そのくせ吟遊詩人に金を払って自分が戦いで活躍した歌を書かせる。
さらには女でも財宝でも欲しくなれば何としても手に入れようとする、子供がそのまま大人になったような男。
見た目は美男子なのでたちが悪い。

主人公ダーヴェルには心底嫌われており、ランスロットもまたカイヌインを奪われた恨みでダーヴェルを憎んでいる。
しかし、あくまでも策略で彼を陥れようとする。


ギャラハッド

父:バン

母:イレイン

兄:ランスロット

ランスロットの腹違いの弟。
兄と違い、子供好きで人当たりのいい好青年。

フランク人のベノイク侵攻時には、ダーヴェルの隣で戦い、彼の親友となる。
また大釜の探求にも同行した。
この作品では数少ない善人で、おとなしいキリスト教徒。

王族の一人であるが、終始所領を持たなかった。
ランスロットの死後、甥のペレディアをひきとって育てる。

バン

妻:イレイン
子:ランスロット、ギャラハッド

ベノイク王。
学者肌で、アニス・トレベスの宮殿に数々の書物を集めている。

詩作や研究にふけるあまり防衛をおろそかにし、フランク人に攻め込まれてしまう。
フランク人の剣であえなく最期を遂げたが、自業自得と言える。

それにしても、こんなうっかりしてそうな人がマーリンの秘密をよくばらさなかったものだ。

イレイン

夫:バン
子:ランスロット

ベノイク王妃。
アニス・トレベス陥落の際には、夫を見捨てて息子とともに脱出。


ボース

ベノイクのチャンピオン。
ランスロットのいとこでもある。

立場上いとこに忠誠を誓っているが、本心では臆病な主君にうんざりしている。

土壇場で裏切って味方になるというおいしいポジションのキャラクター。

ブライジグ

ベノイクの族長の一人。
フランク人との戦いで戦死。


ケルウィン

バン王に仕える司祭。
背中にこぶのあるみにくい男。さらに口が悪い。

天使の羽の長さを調べているという。


ビュディク

妻:アンナ
子:ガウェイン

ブロセリアンドの王。ユーサーの娘アンナを妻にしているので、アーサーとは義理の兄弟関係。
名前だけで本人は登場せず。


ガウェイン

父:ビュディク
母:アンナ

「エクスカリバー最後の閃光」上巻にしてようやく登場した重要人物。
今頃出番なんかあるの? と思ったらとんでもない結末が待っていた。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 22:26 | comments (0) | trackback (0) |
キャラクター紹介(ケルノウ)
トリスタン

父:マーク


マーク

子:トリスタン
妻:イゾルデ他


カラン



イゾルデ


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 21:59 | comments (0) | trackback (0) |
キャラクター紹介(グウェント)
テウドリック

子:マイリグ


マイリグ

父:テウドリック


アグリコラ



| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 21:57 | comments (0) | trackback (0) |
キャラクター紹介(ポウイス)
ゴルヴァジド

妹:トヌイン、エルセル
子:キネグラス、カイヌイン


キネグラス

父:ゴルヴァジド
妹:カイヌイン
妻:ヘレズ
子:パーゼル


カイヌイン

父:ゴルヴァジド
兄:キネグラス
夫:ダーヴェル
子:モルウェンナ、セレン、ディアン


パーゼル

父:キネグラス
子:ブロフヴァイル


ブロフヴァイル

父:パーゼル
妻:イグレイン
子:アーサー


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 21:53 | comments (0) | trackback (0) |
キャラクター紹介(ドゥムノニア)
ユーサー

妻:イグレイン他
子:モードレッド、アーサー、モーガン、モルゴース、アンナ他

ドゥムノニアの王にしてブリタニア諸王国をまとめる大王。
ペンドラゴンの異名を持つ。

数多くの子を生ませたが、特別気にかけていた嫡子モードレッドをサクソン人との戦いで失ってしまう。
王はアーサーを嫌っていたが、もはや老いたユーサーは子を作る力がなかった。
モードレッドが残した一児モードレッドを後継者に指名し、彼が成人するまでの後見役にアーサーを据える。
その後程なくして逝去。

この誓約がアーサーやブリタニアの命運を狂わせるわけで、そう考えると罪作りな人物。


モードレッド

父:ユーサー
妻:ノルウェンナ
子:モードレッド

ユーサーの嫡子。ホワイトホースの丘にてサクソン人に討たれる。
ユーサーのお気に入りであったが、リゲサックの評からすると凡庸な人物だったようだ。


モードレッド

父:モードレッド
母:ノルウェンナ
妻:アルガンテ、キウイログ
子:マルドック他

ユーサーの孫。嫡子モードレッドの忘れ形見だったため、生まれながらにして後継者に指名される。
生まれながらに足がねじれている。

成長すると性格の悪い子供になり、後見役のアーサーから正式に王権を譲られても大した政治はしなかった。
キリスト教徒の暴動後は、アーサーに実権を奪われお飾りの王となる。
その際の恨みを忘れることなく、結局両者はカムランで激突することになるのだった。

物語は彼の誕生に始まり彼の死に終わる。
そういう意味では主役の一人。


ノルウェンナ

夫:モードレッド(父)、ギンドライス
子:モードレッド(子)

モードレッド(ユーサーの嫡子)の妻。
夫の死後に出産した息子が王国の後継者となったため、後ろ盾を得るためにギンドライスと再婚することになる。

が、物語の序盤で謀略により無惨な死を遂げることに。
さらには死んでからも陰謀に利用される気の毒な人。

もし彼女が生きていたらモードレッドは多少まともになったのだろうか?

ゲライント

ユーサーの甥、アーサーのいとこ。
初代"列石"卿として、東のサクソン人の侵攻を食い止めていた。

血筋の割に野心がない男で、アーサーがドゥムノニアの実質支配者となることをあっさり受け入れる。
その後サクソンの捕虜となり、拷問された末に死亡。

いい人だったが、それゆえに長生きできなかったというところか。


オウェイン

序盤のドゥムノニアのチャンピオン。
筋骨たくましい戦士であり、ドゥムノニアの貴族の一人。

アーサーがモードレッドの後見役として国を治めるのをよく思っていない。
アーサーもまた、実権を握るのにオウェインが邪魔だと考えていた。

荒野の襲撃をきっかけに二人は決闘することになる。


ベドウィン

ドゥムノニアの司教。
数少ないまっとうなキリスト教徒の一人で、異教を否定していない。
昔はミトラ教徒だった。

非常に理性的な人物ではあるが、サクソン人などの難題を解決する力はなく、
権力をアーサーに譲ったのは妥当な判断と言える。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 21:34 | comments (0) | trackback (0) |
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   04 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート