神の敵アーサー(下)


<あらすじ>
サクソン人の戦いは、不完全ながらもブリタニアの勝利に終わった。
ひとまずの平和がやってきたのだ。

しかし、君主アーサーへの試練は終わらない。
トリスタンとイゾルデの悲劇、王の自覚のないモードレッド、
紀元500年を迎え陰謀をめぐらすキリスト教徒。

そして、アーサーは妻グィネヴィアの裏切りという最大の試練を迎えることになる。

<ファンの語り>
全6巻の物語も折り返し地点を過ぎ、いよいよ終局へ向けて様々なエピソードに決着がつく。

しかし、今ひとつカタルシスに欠けるのは、第1部のラグ谷のように派手な戦いでなく、
陰謀劇に終始しているからだろうか。

それにしても、この巻のキリスト教徒は暴動を起こすわ虐殺するわとテロ集団と大差ない。
ここまで悪く書かれて教会からクレームなど来なかったのだろうか。

訳者あとがきの「似たような話がどこかの国でもあったような気もするが」って、
間違いなくオウム真理教のことですよね。



| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 23:46 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/172
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   06 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート