Never More -reincarnation:RERSONA4-(ネバー・モア ペルソナ4輪廻転生)
ペルソナ4の本家サントラが発売されて以来、ファンが待望していたアレンジアルバム。
3年かかってようやく発売されました。



ペルソナ3のアレンジCDは1年後だったのに、なぜ3年?
メインコンポーザーの目黒将司さんいわく、
「以前発売されたバンドアレンジCD『PERSONA MUSIC LIVE BAND』との差別化が難しかった」そうです。
それ以外にも、ペルソナ関連のCDは多く出ており飽和状態。
音楽CDが売れない状況を考えると幸せな悩みと言えます。

感想は以下に。

続き▽
| ゲーム音楽::ペルソナシリーズ | 09:54 | comments (0) | trackback (0) |
ペルソナ2罪(PSP版) オリジナルサウンドトラック
12年の時を経てPSPでリメイクされた「ペルソナ2罪 INNOCENT SIN.」のサントラです。
オリジナル(PS版)2枚+リミックス4枚、計6枚214曲という贅沢なアルバム。
今回目黒将司さんはOPの「unbreakable tie」の作曲のみで、
アレンジは小塚良太さん、喜多條敦志さん、小西利樹さんの3名。

まず嬉しいのがオリジナル版もついてること。
今ではAmazonでもなければ手に入りにくいし、状態が悪いことも多いですから。
(稀にレンタルCDショップにあるものは、ケースが割れてたりライナーがなかったりする……)
但し、当時発売されたサントラとは楽曲の順番が少し違います。



では、何曲か聴いての感想を。

続き▽
| ゲーム音楽::ペルソナシリーズ | 00:27 | comments (0) | trackback (0) |
「unbreakable tie」(ペルソナ2罪ポータブルOPテーマ)歌詞+下手くそ訳
作詞:Lotus Juice
作曲:目黒将司
歌:Asami Izawa/Lotus Juice

really gotta keep it going going
deep down yeah knowing knowing
what's gonna happen next? unknown
can't keep my eyes closed man it's gone
looked every where for my identity
hooked every where did I belong to an entity?
I don't know where have I gone wrong?
wanna try me but you only got hate
only interested in my fate
and insincerity's not my way
any interference dodge them away
let there be light
in the dark night
gotta get it back it's time I get it back
I wanna bring it back to the good old days

times I get sick and tired of the whole situation
but I'll never let them hold me down
cause I know I got faith and courage to go on now

both moonlight shines
and sun shines down on us
two is one and I can't lie no more oh
I can't heal
If I keep on running away from my own fate

smack down
what's holding me back now
get my knapsack and pack now
attack now like balalalala and bang bow
in a messy place gotta get messy
interesting, kid gets busy
ain't no body can hold hold me down now
too much of anything can
destroy the ties you gradually gained
some take the risk for higher demand
I chose to be me who I am
constant battle against my shadow
cuz I gotta get it back it's time I get it back
I wanna bring it back to the good old days

times I lose sight, get lost in the dark
but I know I won't lose my final destination
cause I know that you are right there truly believing in me

both moonlight shines
and sun shines down on us
two is one and I can't lie no more oh
I can't heal
If I keep on running away from my own fate
night and day gotta fight on everyday
to the place of my final destiny
I don't care
If it's not what we expected nothing's gonna stop me

以下、google翻訳に頼りながらの訳

続き▽
| ゲーム音楽::ペルソナシリーズ | 23:05 | comments (2) | trackback (0) |
女神異聞録 ~ペルソナ~ オリジナルサウンドトラック & アレンジアルバム
アトラスのペルソナシリーズの原点、「女神異聞録 ~ペルソナ~」のサントラです。
2枚組+シングルCDがついてるのですが、今となってはシングルCDを再生するのは難しいかも。
私はMacを使っているのですが、シングルCDを入れると危険らしいのでやってません。



高校生の男女が、心に潜むもうひとつの自分「ペルソナ」を操って悪と戦うゲーム。
悪魔や神話が絡むので曲もオカルトっぽいかと思えば、ハードというか硬質な感じですね。
(イメージの問題なので説明はしづらいですが)

印象に残るのは神話覚醒、レイジのテーマ、そして通常戦闘。
神話覚醒はペルソナを初めて使うシーンですね。イントロに心臓の鼓動みたいな音が入ってますが、これが力を解放させる前兆に聴こえてグッド。
レイジのテーマはいかにも危険、孤高といった感じです。
そして通常戦闘もテンポが良く飽きません。
神取などのボス戦闘はちょっともっさりしてるかな。

余談。
リメイクされたPSP版では、大半の曲が目黒将司氏による新曲に差し替えられたのですが、PS版からのファンにはたいそう不評だったとのこと。
目黒氏はペルソナ3から入るプレーヤーを想定していたのですが、購入者には過去からのファンが多かったということですね。
当時プレイしていない私にとってはピンとこないのですが、音楽への思い入れを感じるエピソードであります。
| ゲーム音楽::ペルソナシリーズ | 15:54 | comments (0) | trackback (0) |
バーン・マイ・ドレッド -「ペルソナ3」輪廻転生
ペルソナ3の楽曲のうち12曲を大胆にアレンジしたアルバム。
1曲目の「Burn My Dread」(OPのほう)は変化なし?



アレンジするだけでこうも違うのか、と思う曲もありますね。
もちろん良い意味で変わっています。
ナンパシーンとモノレール戦で流れる「Deep Breath Deep Breath」は焦燥感のあった原曲の面影もなくなり、お昼のショッピングモールみたいな雰囲気(?)になっています。

ゲーム終盤にかかる「Living With Determination」も、ピアノと弦楽器によるお洒落な1曲に。
ジャズバーにかかってても違和感ないですね(行ったことないけど)。

ペルソナ3の曲は単独でも魅力充分と再認識する1枚であります。
| ゲーム音楽::ペルソナシリーズ | 16:15 | comments (0) | trackback (0) |
ペルソナ4 オリジナル・サウンドトラック
2008年アトラスが制作した「ペルソナ4」のサントラです。
2枚組で全52曲を収録。
ほとんどのシステムは3を継承発展している4、音楽も同じ目黒将司さん。
ボーカルは平田志穂子さん。



今作も飽きさせない名曲が多数あります。

探偵団ノリで高校生が友情を深めつつ悪い奴を追いつめる4。
ストーリー同様明るいイメージが多いのですが、筆頭が「Your Affection」や「Signs Of Love」。
お昼休みはウキウキ気分(なんだそれは)、という感じ。

「推理 -another version-」もいいですね。
放課後の活動というイメージにマッチしています。

それと「I'll Face Myself」。
影とのバトルが終わって、一段落した……という気分になります。

バトル曲では「Reach Out To The Truth」は確かにいいのですが、3の「Mass destruction」ほどじゃないかなと。
ボス戦はどれももっさりしていて自分の中ではハズレです。

ベストはエンディングテーマの「Never More」。
歌詞を聴けばわかりますが、懐かしの高校時代を思い出せる効果抜群なんですよ。
もう取り戻せない、だから美しいあの頃。
ゲームの枠を越えた名曲だと思います。

曲目、主に流れている場面は下記に(現在チェック中)。

続き▽
| ゲーム音楽::ペルソナシリーズ | 14:36 | comments (0) | trackback (0) |
ペルソナ3 オリジナル・サウンドトラック
雰囲気を一新し、ペルソナシリーズを再びブレイクさせた「ペルソナ3」のサントラです。
2枚組で合計58曲。
作曲は目黒将司、ボーカルは川村ゆみ、Lotus Juice。
2枚目の最後にベルベットルームのジャズアレンジ「Blues in Velvet Room」あり。



「オシャレすぎる」とか「主人公が5股できるって道義的にどうなの?」とか
肉彦真田の怪我の治療になんでディア使わないのか」とか細かいツッコミどころはありますが、
ここでは音楽の話をしましょう。

歌詞つき戦闘BGMがまず耳に残りますが、それ以外にも雰囲気にマッチした名曲ばかり。

1月から寮で流れる「Living With Determination -巌戸台分寮アレンジ-」。
残りわずかな時間、貴重な平和な日々への思いがよみがえります。

タルタロス最上階層BGM「tartarus_0d06」も、まるで天上の世界のようで「ここまで昇って来たぜ」と感慨深い。

順平が突っ走るシーンで流れる「Deep Breath Deep Breath」では、タイムアタックに焦ったのを思い出します。

7月の満月戦で使われる「深層心理」も印象的なんですが、これはどっちかというと舞台が印象的ですかね。
しかし小中学生もやるゲームでラブホって、今考えてもすごいな。

一押しは満月ボス戦の「Master of Shadow」ですね。
「Mass Destruction」のインパクトが強くあまり語られることも無い気がしますが、こちらも名曲。
引き込まれるイントロ、ゆったりしたメロディから徐々に高まる気分。
シャドウという人外の敵との戦いにマッチしています。
コマンドを決めてる間に聴いたりしましたね。

不満があるとすれば曲順で「Mass Destruction」の前に「避けられぬ戦い」(ストレガ戦)が来ていること。
ここは順番逆でしょう。
……と思ったけど、ゲーム中ではオルフェウスのタナトス出産(違)で流れているんですね。

曲目と、主に流れる場面は下記に。

続き▽
| ゲーム音楽::ペルソナシリーズ | 23:10 | comments (0) | trackback (0) |
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   08 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート