河原和音「素敵な彼氏」第41話感想(別冊マーガレット2019年8月号)
表紙は「君がトクベツ」。
巻頭カラーは「君に届け番外編 運命の人」。


別冊マーガレット 2019年 08 月号 [雑誌]


すてかれは、7/25に単行本10巻発売!
特別企画もあるよ。
本編は、先月に引き続きエリハ様と細谷くんの話です。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

続き▽
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 23:58 | comments (0) | trackback (0) |
マーガレット2019年No15感想
表紙&巻頭カラーは「メイちゃんの執事DX」。


マーガレット 2019年 7/20 号 [雑誌]


「愛が死ぬのは君のせい」は休載。

「ふたりで恋をする理由」
「矢神くんは、今日もイジワル。」
「天使は二度、嘘をつく」
はお休み。

これまでの感想は
漫画・本 マーガレット

続き▽
| 漫画・本::マーガレット | 23:25 | comments (0) | trackback (0) |
Cocohana(ココハナ)2019年8月号感想
表紙&巻頭カラーは「ハイパーミディ 中島ハルコ」。


Cocohana(ココハナ) 2019年 08 月号 [雑誌]


どなたかもTwitterで書かれてましたが、
表紙がもろTIMEですね。

東村先生はやっぱりヒットメーカーです。
先生のネックは、しいていえば「畳み方」になるのかな。
私ごときが、どうこう言うことでもございませんが。

これまでの感想は
漫画・本 ココハナ

続き▽
| 漫画・本::Cocohana(ココハナ) | 22:48 | comments (2) | trackback (0) |
KISS(キス)2019年8月号感想
表紙は「逃げ恥」。
巻頭カラーは「モトカレマニア」。


Kiss(キス) 2019年 08 月号 [雑誌]


「長閑の庭」がNHKでドラマ化されてました。
次は「アレンとドラン」だったりして。
NHKって、サブカル強いからね。
アニメだけど「プラテネス」とか。

これまでの感想は
漫画・本 KISS(キス)

続き▽
| 漫画・本::KISS(キス) | 19:36 | comments (0) | trackback (0) |
マーガレット2019年No14感想
表紙&巻頭カラーは「アナグラアメリ」。


マーガレット 2019年 7/5 号 [雑誌]


「愛が死ぬのは君のせい」は休載。
2号連続なので少し心配。

「さいはてのポラリス」
「メイちゃんの執事DX」
はお休み。

これまでの感想は
漫画・本 マーガレット

続き▽
| 漫画・本::マーガレット | 13:06 | comments (0) | trackback (0) |
マーガレット2019年No13感想
表紙&巻頭カラーは「みにあまる彼氏」。

アオリに「邪悪×天然カップル」って。
ひどいけど間違ってない。
ここまで言われるヒーローもなかなかいない。


マーガレット 2019年 6/20 号 [雑誌]


「愛が死ぬのは君のせい」は、作者体調不良で休載です。
この場合、鉄骨先生と桃森先生、どっちのことなのか。
どっちでもいいや。

これまでの感想は
漫画・本 マーガレット

続き▽
| 漫画・本::マーガレット | 07:23 | comments (0) | trackback (0) |
河原和音「素敵な彼氏」第40話感想(別冊マーガレット2019年7月号)
表紙が南先生、巻頭カラーが新連載のアルコ先生、
という変則的構成。
別マは、ほぼ表紙と巻頭カラーが同じ先生なのです。


別冊マーガレット 2019年 07 月号 [雑誌]


それはさておき、すてかれは2か月ぶり。
ストーリーは、夏休み明けの9月からスタート。
「あの人」が珍しくピンチです。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

続き▽
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 01:00 | comments (0) | trackback (0) |
映画「町田くんの世界」ネタバレ感想
原作全7巻を読んだ者の感想です。

監督 石井裕也×主演 超新人×豪華キャストがブッ飛ばす、衝撃の人間賛歌!


公式サイトのこのアオリ文句を読んで、嫌な予感がしました。
映画『町田くんの世界』オフィシャルサイト - ワーナー・ブラザース

原作漫画は、「ブッ飛ばす」ような作風ではないのです。


町田くんの世界 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)


メガネの男子高校生・町田くんは、
運動もできない、勉強も苦手な、地味な少年。
でも、人を愛する事はできる。
ささいな日常の喜び・悲しみを共有することができる。

そんな、良くも悪くも地味だけれど、
だからこそ心に染みる作品なんです。

そんな作品が実写化。
戦々恐々として観に行くと……

文字通り「ブッ飛ばす」ラストだった。

原作を再現する・しないを通り越した、これは問題作です。


続き▽
| 映画 | 23:08 | comments (0) | trackback (0) |
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート