マーガレット1998年No.3・4合併号(最大発行部数記録時)ラインナップ
きっかけは小手指史朗さんのツイート。




マーガレットが最大発行部数を記録したのは、98年No.3・4合併号。
38万部。
(週刊ではなく月2回に移行してからの最大)

マーガの最盛期のラインナップってどんなだったのだろう、と調べてみました。
確実に知ってるのは花男のみですが、さて他は?

ちなみに自分自身は、このころ漫画雑誌自体を読むのをやめてました。
97年ごろまでは少年ジャンプ購読してたけど、
当時は「封神演義」を単行本で買ってただけ、ですね。

最近のマーガレットの感想は
漫画・本 マーガレット

続き▽
| 漫画・本::マーガレット | 16:59 | comments (0) | trackback (0) |
YOU(ユー)2018年3月号感想
川端先生の新連載が始まるということで、
今月からYOUの感想も書いてみます。


YOU(ユー) 2018年 03 月号


定期的に読んでるのはダメ恋、群青。
特に、YOUはダメ恋のために買ってたといっても過言ではない。
群青は、女性漫画には珍しい高校野球モノということで読んでます。

一部の作品は読み飛ばしてます。
ごめんちゃい。

これまでの感想は
漫画・本 YOU(ユー)

続き▽
| 漫画・本::YOU(ユー) | 16:29 | comments (0) | trackback (0) |
河原和音「素敵な彼氏」第25話感想(別冊マーガレット2018年3月号)
素敵な彼氏、別マで表紙&巻頭カラーになるのは
第1回の2016年2月号以来。
その前に河原先生が別マの表紙担当したのは、
「青空エール」時代の2011年8月号。

何が言いたいかというと、非常に貴重

※全作品集合イラストの号は除外


別冊マーガレット 2018年 03 月号


てっきり、メインキャラ集合か主役がイチャイチャしてる絵かと思ってましたが、
意表をついたコメディタッチでした。

「どの桐山くんが好き?」
「全部好き」

うん、知ってる。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

続き▽
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 17:50 | comments (6) | trackback (0) |
FEEL YOUNG(フィール・ヤング)2018年3月号感想
表紙は「きみ棲み」です。
この絵を見てると、「いい人」よりも「悪い男」の方が絵になるな、と思う。
星名は悪いどころですむ男じゃないけど。


FEEL YOUNG(フィールヤング) 2018年 03 月号


これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

続き▽
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 20:53 | comments (0) | trackback (0) |
マーガレットNo5(2018年2月20日号)感想
表紙は「ふつうの恋子ちゃん」です。
もちろんテーマはバレンタイン。


マーガレット 2018年 2/20 号


キスした表情はあえて見せない、
隠すことでより想像力を高める手法。憎いね。

今回の感想、末尾にぐちぐち書いてます。
作品に対してじゃなく、出版社に対して。
ぼやきが多くて申し訳ない。

これまでの感想は
漫画・本 マーガレット

続き▽
| 漫画・本::マーガレット | 21:00 | comments (0) | trackback (0) |
いくえみ綾「潔く柔く(きよくやわく)」名言集
2017年4月、「潔く柔く」が文庫化されました。
いくえみ先生の作品は沢山あって、
代表作を挙げるのは難しい。
でも、一番好きなのは「潔く柔く」です。


潔く柔く 1 (集英社文庫 い 40-26)


改めて読み直すと、
男女関係にとどまらない、人生のあれこれが詰まった作品だと思う。

せっかくなので個人的名言をまとめてみます。

単行本での感想、人物リストはこちら。
いくえみ綾「潔く柔く(きよくやわく)」感想

いくえみ先生の他の作品の感想は、こちら。
漫画・本 いくえみ綾

続き▽
| 漫画・本::いくえみ綾 | 20:08 | comments (0) | trackback (0) |
別マデビュー前の河原和音先生について調べてみた
河原和音先生の別冊マーガレットデビューは、
1991年4月号の「彼の一番好きなひと。」

雑誌のインタビューによると、

(初めて)投稿してみたら期待賞というデビューには至らない賞で、
「ここを直した方がいい」と添削がびっしり。
ガーンと落ち込んだんですけど、
「ここを直したらデビューできるんだ」って都合よく捉えて、
ガムシャラにがんばってました。

(中略)

一生懸命描いたら、次の投稿作でデビューできた。


とのこと。

河原和音キュン泣きメモリアル(エンタミクス2016年10月号)

その1作目はいつ頃で、どんな作品だったの?
というのを調べました。

続き▽
| 漫画・本::その他の河原和音作品 | 22:34 | comments (0) | trackback (0) |
河原和音「素敵な彼氏」第24話感想(別冊マーガレット2018年2月号)

別冊マーガレット 2018年 02 月号


新キャラ木名瀬さん、ちょっとキツめで男嫌いの女子。
そんな彼女が「恋活」を始めると言い出した。

主役カップルが落ち着いたところで、
仲をかき回すライバル女子が出てくるのはラブコメの常道です。

過去の河原作品ですと、
「先生!」の白川、「高校デビュー」の栗原さん・城宝姉。

当然、河原先生がこれまでと同じ展開にするはずがありません。
さて?

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

続き▽
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 16:59 | comments (8) | trackback (0) |
ヤマシタトモコ「人の輪郭が溶けるとき」(ダ・ヴィンチ2018年2月号)感想
ダ・ヴィンチの最新号に、ヤマシタ先生のインタビュー載ってました。
計6ページ。文章:吉田大助、松井美緒。

主に最新作「違国日記」にフォーカスした内容。
KADOKAWAに怒られない程度の抜粋と、感想を。


ダ・ヴィンチ 2018年2月号


目次は
【ダ・ヴィンチ2018年2月号】目次をチェック! | ダ・ヴィンチニュース
ほかにも、おかざき真里先生など女性漫画家の特集がいくつかあります。

ブログには全然書いてませんが、
ヤマシタ先生の作品は
「ドントクライ、ガール」に始まり、ほとんど読んでます。
BLも「さんかく窓の外側は夜」など、一部は読んでます。

馬鹿馬鹿しいものから、暗いもの、真面目なものまで、
ふり幅が広いのが先生の魅力だと思いますね。
同世代という点でも注目しています。

続き▽
| 漫画・本 | 19:29 | comments (0) | trackback (0) |
FEEL YOUNG(フィール・ヤング)2018年2月号感想
1/16よりTVドラマ化ということで、
「きみが心に棲みついたS」の実写キャストさんが表紙です。


FEEL YOUNG(フィールヤング) 2018年 02 月号 [雑誌]


吉岡里帆さんが秀逸ですね。
冴えない女の感じがよく出てます。
あとは向井理さんの演技がカギですね。
星名は悪い男というかサイコなので、そのへん再現できるかどうか。

(……なんて言ってるけど、観るかどうかは微妙)

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

続き▽
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 18:38 | comments (0) | trackback (0) |
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<   02 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート