神の敵アーサー(上)



<あらすじ>
ラグ谷にてシルリア、ポウイスの連合軍を打ち破ったアーサーは、名実ともにブリタニアの盟主となった。
宿敵サクソン人を討つ準備として、アーサーはポウイス王女カイヌインとランスロットの婚礼を進める。
二人の結婚は諸王国をまとめるために必要なのだ。

一方、マーリンはブリタニアの宝の一つ「クラズノ・アイジンの大釜」を探すための兵士を求めていた。
しかし、おとぎ話でしかない大釜のために、兵士を貸す国はどこにもない。
そこでマーリンが目をつけたのが、カイヌインに恋情を抱くダーヴェルだった。

<ファンの語り>
国の結束など屁でもない、とばかりに結婚式をかき回すマーリンとニムエが痛快。
恋愛をテーマにしているだけあって、6巻の中で一番明るい雰囲気を持っている。

が、そこは冒険作家のコーンウェル。
大釜探求は短いながらも手に汗握る描写が続く。

そして、後半はいよいよサクソン王エレと決戦の時。
と思ったら肩すかしをくらうのだ。
この、いいように転がされている感覚がたまらなく気持ちいい。

ところで、表見返しのあらすじに「トリスタンとイゾルデの悲劇が......」とあるけど、
彼らが出てくるのは下巻。
編集者は一体何をやっていたのか。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 23:28 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/171
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   04 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート