エクスカリバーの宝剣(下)


<あらすじ>
アーサーの帰還は、ブリタニアの新たな混乱の幕開けだった。
ポウイス王女カイヌインとの結婚を袖にしたことで、王女の父ゴルヴァジドは激怒、ブリタニアの諸王国と組んでアーサー包囲網を敷いたのである。

一方、海を隔てたベノイクからは救援の知らせが届いていた。多方面に敵のいるアーサーは、やむなく部将の一人ダーヴェルを代わりに差し向ける。
アーサーは自ら作った危機を切り抜けられるのか?

<ファンの語り>
いよいよ第1部が佳境に入り、どんどん面白くなってくる。

下巻冒頭ではダーヴェルの宿敵ランスロット、そして親友となるギャラハッドが登場。
そして長らく不在だったマーリンがいよいよ帰ってくる。
私はダーヴェルと同じく見事にだまされました。

この巻にニムエとの短いロマンスがある。
第3部まで読んでしまうと、この箇所が実に切ないのだ。
結末がわかっていても、ダーヴェルと平和に暮らす道を選んで欲しいと思わずにいられない。

クライマックスのラグ谷は濃密な戦闘描写が続く。
この後、緊迫の戦闘シーンはバゾン山までないので、じっくり味わいたいところ。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 23:15 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする
※半角が3割を超える文章、ブランド名・httpを含む文章はスパムとみなされ投稿できません。




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/170
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート