キャラクター紹介(ドゥムノニア)
ユーサー

妻:イグレイン他
子:モードレッド、アーサー、モーガン、モルゴース、アンナ他

ドゥムノニアの王にしてブリタニア諸王国をまとめる大王。
ペンドラゴンの異名を持つ。

数多くの子を生ませたが、特別気にかけていた嫡子モードレッドをサクソン人との戦いで失ってしまう。
王はアーサーを嫌っていたが、もはや老いたユーサーは子を作る力がなかった。
モードレッドが残した一児モードレッドを後継者に指名し、彼が成人するまでの後見役にアーサーを据える。
その後程なくして逝去。

この誓約がアーサーやブリタニアの命運を狂わせるわけで、そう考えると罪作りな人物。


モードレッド

父:ユーサー
妻:ノルウェンナ
子:モードレッド

ユーサーの嫡子。ホワイトホースの丘にてサクソン人に討たれる。
ユーサーのお気に入りであったが、リゲサックの評からすると凡庸な人物だったようだ。


モードレッド

父:モードレッド
母:ノルウェンナ
妻:アルガンテ、キウイログ
子:マルドック他

ユーサーの孫。嫡子モードレッドの忘れ形見だったため、生まれながらにして後継者に指名される。
生まれながらに足がねじれている。

成長すると性格の悪い子供になり、後見役のアーサーから正式に王権を譲られても大した政治はしなかった。
キリスト教徒の暴動後は、アーサーに実権を奪われお飾りの王となる。
その際の恨みを忘れることなく、結局両者はカムランで激突することになるのだった。

物語は彼の誕生に始まり彼の死に終わる。
そういう意味では主役の一人。


ノルウェンナ

夫:モードレッド(父)、ギンドライス
子:モードレッド(子)

モードレッド(ユーサーの嫡子)の妻。
夫の死後に出産した息子が王国の後継者となったため、後ろ盾を得るためにギンドライスと再婚することになる。

が、物語の序盤で謀略により無惨な死を遂げることに。
さらには死んでからも陰謀に利用される気の毒な人。

もし彼女が生きていたらモードレッドは多少まともになったのだろうか?

ゲライント

ユーサーの甥、アーサーのいとこ。
初代"列石"卿として、東のサクソン人の侵攻を食い止めていた。

血筋の割に野心がない男で、アーサーがドゥムノニアの実質支配者となることをあっさり受け入れる。
その後サクソンの捕虜となり、拷問された末に死亡。

いい人だったが、それゆえに長生きできなかったというところか。


オウェイン

序盤のドゥムノニアのチャンピオン。
筋骨たくましい戦士であり、ドゥムノニアの貴族の一人。

アーサーがモードレッドの後見役として国を治めるのをよく思っていない。
アーサーもまた、実権を握るのにオウェインが邪魔だと考えていた。

荒野の襲撃をきっかけに二人は決闘することになる。


ベドウィン

ドゥムノニアの司教。
数少ないまっとうなキリスト教徒の一人で、異教を否定していない。
昔はミトラ教徒だった。

非常に理性的な人物ではあるが、サクソン人などの難題を解決する力はなく、
権力をアーサーに譲ったのは妥当な判断と言える。


| 漫画・本::バーナード・コーンウェル「アーサー王シリーズ」 | 21:34 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/163
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   10 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート