河原和音「青空エール」16巻 雑感
8月25日に「青空エール」16巻が発売されました。
連載時の違いなどを取り上げてみたいと思います。

この巻の主役は脇田さんのワキ野球部の山田・城戸のバッテリー。
山田が格好いいのは今まで通りですが、これまで三枚目だった城戸がオイシイ。


青空エール(16)/Amazon


感想は連載時のものをご覧ください。
2014年5月号
2014年6月号
2014年7月号
2014年8月号

◎五角山神社
城戸が、お参りしてくれるよう脇田に頼んだ神社。
ちょっとネットで検索してみましたが、実在する神社ではないようです。
似たような名前の神社はいくつかありますが。
それとも、ネットにも載らない小さなところなのかも。


◎函館南高校
白翔高校野球部が、南北海道準々決勝で対戦。
名前の元ネタは函館北か函館東と思われる。
現在は2校が統合し、市立函館。


◎携帯のアドレス帳
つばさは山田を「大介くん」という名前で登録している。
山田はつばさを「小野つばさ」で登録。
ついでに脇田は城戸を「城戸保志」で登録。

三人の性格がなんとなくわかります。


◎野村 瑠衣
準決勝後、山田がメールしてたうちの一人。
文面は「大介さん 話あるんですけどいいですか?」
なんか気になる。マネージャーか?


◎TVニュース
決勝のカードを放送するニュース。
「勝てば青雲第一が4年連続出場
白翔高校は10年ぶり8度目の甲子園出場が決まります」

やっぱり雑誌掲載時の「17年ぶり」は間違いだったと。
良かった。主人公が吹奏楽部にあこがれたきっかけが、あやうくただの勘違いになるところでした。

そして青雲第一、雑誌掲載時は「2年連続」から盛られている。
4年連続って、全盛期の駒大苫小牧なみじゃねえか(2003年~2007年に5年連続出場)。


◎決勝
雑誌掲載時は白翔が先攻だったが、後攻に変更。
でも、大介の1年次の敗戦とだぶらせるんなら、先攻のままでも良かったような。


◎全体的な感想
1・2年をじっくり描いてきた主要キャラクターに、それぞれいい場面があります。

「そばにいられない」という葛藤を抱えながら応援するつばさ。
チアに参加し、つばさたちを見届けようとする脇田。
エースとして一本立ちするも、肩の疲れを隠せない城戸。
その城戸を準々決勝で使わない決断をする山田(しかし、よく監督が聞き入れたな)。

通して読んでいると、みんな成長しているのがわかります。
ダイナミックさには欠けるかもしれませんが、安定して面白いですね。

ちなみに決勝の結果は今月の9月号でわかります。
| 漫画・本::河原和音「青空エール」 | 11:59 | comments (2) | trackback (0) |
コメント
ときぞうさん、こんにちは。
お休みの月もコメントありがとうございます。
お返事遅れました。

先月はサイトの引っ越し作業をちまちまやってまして、
表示がすごくスムーズになったんではないかと思います。
前とはアドレスが違うだけなので、これまで通り、ごひいきにm(_ _)m

とりあえず「10年ぶり」が訂正されてたのは、良かったです。
数字が適当だと興ざめしちゃうので……だからって、今さら読むのを止めたりもしないですけど……。

「瑠衣」が男の名前説、アリかもしれませんね。
野球のベース(塁)からひねったとか。どこで活かされるんだその設定。

甲子園、私は全く観られませんでした。
台風での順延さえなかったらなあ。


それでは、また。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 14/10/05 00:58 | DEkpfg4I |
惣一郎さん、こんにちは。ときぞうです。

今月は「13日のお約束」がないんですよねー。つまらん(故 大滝秀治風)と思っていたら最新刊のレビューがあるじゃないですか!

と思いつつ既に一週間ほど。

ワタシの集英社へのささやかな希望通り、白翔の甲子園出場は、10年ぶりに訂正されていましたね。これで子供のころのつばさが見たのは、N●Kが作った特番(てゆーか、そんな番組見たことないし)ではなく、甲子園本大会だったと。よかったよかった。

野村瑠衣に関しては、100パースルーだったなー。今更突っ込んできても、何もかもどうにもならないし。てか、女子マネだったとして、さらに告白だったとしてもタイミングが最悪。翌日に決勝戦が控えているっつーのに。多能さんに知られたらもっそい怒られるよ。

多「何考えてんの!?決勝明日だってのに!」
私「そうだよ!マネージャーとしての自覚とk」
多「だから何でおばさんがここにいるのよ!(怒り飛び火)」

妄想劇場特別編  終

案外「瑠衣」でも坊主頭の後輩かも。最近の子の名前はわからん(昭和生まれ)

今年の甲子園はいろいろと話題が出ましたが、私は「うん、みんな頑張ってるね」と毎日熱闘甲子園見ながら目を潤ませておりました。

では、また来月やってきます。はー先は長いなー
| ときぞう@道央 | EMAIL | URL | 14/09/05 16:58 | gk4OYgDA |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/585
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   09 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん