河原和音「青空エール」67話感想(別冊マーガレット2014年12月号)
河原和音「青空エール」67話感想(別冊マーガレット2014年12月号)



◎はじめに
やあ (´・ω・`)
ようこそ、感想ブログへ。

うん、「1か月遅れ」なんだ。済まない。
今週はもう次号の発売日だしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、この駄文を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「社会人の忙しさ」みたいなものを感じてくれたと思う。

じゃあ、感想を書こうか。


◎宣伝
単行本16巻発売中。17巻は1月末発売です。
表紙は……甲子園の水島とつばさしかないでしょ(予想)。




これまでのお話は、カテゴリをご覧ください。

◎今月のお話
今回はちょいと端折り気味でいきまーす。ご了承を。

甲子園の応援練習で盛り上がる吹奏楽部。
かと思うと、中には「暑い中で吹くと楽器がいたむ」と、必ずしも歓迎ムードではない部員も。

木管楽器の場合は、実際日差しのダメージが深刻です。
自前の楽器だったら大事にしたいのは当然ですね。

強豪であればあるほど、楽器は各自で購入するものらしいです。
学校の備品の楽器というのは、たいてい傷物で古い。
そういうのを長く吹いていると、実力も伸びないとか……。
もちろん、買えるかどうかは親の財力次第。つばさみたいにね。

と、言ってるそばから脱線してしまいました。

抽選の結果、野球部の初戦は8/11、相手は千葉・楡岡学園に決定。
吹奏楽コンクールでも金賞をとった学校らしい。
習志野か市立柏がモデルなのか? 名前似てないけど。

おじけるつばさでしたが、電話の山田は「どんだけ強いのか楽しみだわ」とポジティブ。
最後に「小野がこれて良かったわ オレの想像する甲子園にはさ 小野がいたから」だって。

……うん、まあ今までと比べるとジャブぐらいのクサさだ。
タイソンのジャブかもしれんがな。

城戸は城戸で脇田に「勝ったら1回だけデート」を持ちかけ、OKゲット。
お前、またそういう負けフラグを……。

8月11日当日。
甲子園のアルプススタンド入りした吹奏楽部。

ここの甲子園の全景を味わうつばさが実にいいので、
手に取って読んでみてください。

グラウンドでは野球部がベンチから出てくるところ。
多分試合前の守備練習でしょう。

吹奏楽部もあわただしくウォームアップ、チューニング。
水島は、相手校の音に対抗意識をむき出しにする。
どこへ行っても音楽が一番な男である。

ちなみに脇田もチア姿でちゃんといます。セリフないけど。

1回表、楡岡の攻撃。
先発の城戸はピンチを迎えるも無失点。

そして1回裏、白翔の攻撃。
いよいよ甲子園での応援演奏が開始、というところで以下次号。


◎感想
甲子園、思ったよりじっくり描いてくれそうで良かったです。
もしかすると、早くコンクールに進めるためにカットも予想してたので。

勝手に試合結果を予想するなら、1回戦惜敗か、1つ勝っても2回戦負けかな、と思う。
つばさ視点で甲子園のドラマを作るには、ちょっと限度があるしね。
基本、応援ってやることは単調ですからねえ。

ところでつばささんは、試合中継と熱闘甲子園の予約録画をちゃんとしたのでしょうか(知らんがな)。


◎今月の河原先生
サイン会来てくださった皆様ありがとうございました。
幸せなひとときでした。


◎俺物語1行感想
猛男と大学生の子(織田だったか?)、どっちが年上だかわからん。


◎雑談
俺物語、アニメ化ですって。
「青空エールも映像化を」って声を聞くけど、自分はあんまり望んでない。
なっても見ないかもしれない。

なぜかっていうと、吹奏楽の描写が正しいかどうかが気になってしまうから。
そういう重箱の隅的チェックをしてしまうんですよ。経験者としては。
そして、多分ディテールとか間違いを指摘するような、つまらない感想になると思うんですね。
我ながら、後ろ向きだ……。
| 漫画・本::河原和音「青空エール」 | 23:21 | comments (4) | trackback (0) |
コメント
無花果さん、コメントありがとうございます。
こんな駄文に、お礼までいただいて恐縮です。

甲子園は、思ったより長く描くみたいですね。
実のところ、山田はここまで野球で活躍場面がほとんどなかったんで、
ここで一気に魅せるつもりなのかもしれません。

山田みたいな、爽やかナイスガイは中々おりませんなー。
城戸で手を打ちましょう(^_^;

寒い日が続きますので、ご自愛のほど。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 14/12/26 09:49 | VWTOx/Ds |
ときぞうさん、いつもありがとうございます。
感想、帰ってまいりました。ハトは、今のところ戻ってきてません。

時間はあるにはありますが、
色々タスクが乱れ飛んで、スイッチ切り替えにひと苦労というところですね。
これから益々そうなるでしょうね……。

城戸が打たれたかどうかは最新号のお楽しみとして、
彼は東京六大学なり東都を狙うしかないかもしれませんな。
あ、野球は高校までって言ってましたっけね。

どっちにしろ、脇田さんと同じ大学はムリそうですけど。

それでは、また。(^_^)/
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 14/12/26 09:38 | mw2AIO3k |
惣一郎さん、こんばんは
1ヶ月更新がなかったのですごく心配していました。年末お忙しい中、ありがとうございますm(_ _)m
やっぱり甲子園は長く描くんでしょうか?高校野球が好きな私としては、細かく描いてあった方がいいんですが…。ここまで来ると、大介君のセリフに慣れてきました笑笑 純情乙女はいつか大介君みたいな人に会えるはずと思いながら、リア充を眺めています…。
もう少しでお正月ですが、惣一郎さんも体調に気をつけてください。
| 無花果 | EMAIL | URL | 14/12/13 22:29 | DdN0Pa9I |
 (惣一郎さんの部屋の前で体育座り)「おかえり。待ってたよ(鳩と)(フルッフー)」

妄想小劇場 終

惣一郎さんこんばんは。ときぞうです。お忙しそうで・・・ほんと社会人って大変。私も冬に忙しい部署なので、気づいたら14時半ぐらいになってます。40代になったら、時間の流れは30代の2倍速ですよー。

えーと・・・今月号・・内容どんなんだっけ(脳内HDD起動)。あぁ、千葉の強豪校と当たるんでしたよね?んで、大介やる気まんまん。やっぱりつばさがこられるようになって嬉しいのねー(ニヤニヤ笑い)。

あと、城戸くんはデートに浮かれて打たれるなよ。スタンドでミニスカわっきーが見てるぞ!

私「城戸くん!わっきーと何処でデートするの?受験生だしー。紀伊国屋とかに参考書見に行くとかー。2人でオープンキャンパス行くのもいいんじゃなーい?」
城「脇田と同じ大学には・・行けるかどうか・・」
私「・・あぁ・・(沈痛な面持)」

妄想劇場 終(頑張れ城戸くん)

年末を迎えて、惣一郎さんもさらにお忙しいことでしょう。私の会社でも複合機が入ったりしてメーカーさんが大変そうでした。社員オール文系(笑)。

ではまたやって来ます。
| ときぞう@道央 | EMAIL | URL | 14/12/11 20:09 | y3SoDOzI |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/592
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん