Kiss(キス)2020年11月号感想
表紙&巻頭カラーは「東京タラレバ娘 シーズン2」。


Kiss(キス)2020年11月号


タラレバ娘、スペシャルドラマ10/7放送。
メインキャストからのコメントあります
(坂口健太郎/鈴木亮平/田中圭/平岡佑太/松下洸平/渡辺大知)。

これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆東京タラレバ娘 シーズン2/東村アキコ
スリジャヤワルダナプラコッテは、どこかの国の首都ですね。
小中学生男子が知ってて自慢するやつ。

キスとは!
遺伝子情報をスキャニングする行為!
よしお11号、アナタは本当に小学生なのか。

◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
英雄さんの奥さんのガッツがすごい。
逃げたダンナなんか、見限ってもおかしくないのに。

でもなあ、マンガだしな……と思う、夢のない私。

◆世界で一番早い春/川端志季
明らかになりつつある、タイムスリップの仕組み。

雪嶋先輩の、未完に終わった作品の完結をのぞむ声が、
タイムスリップを起こさせる。

ただ、何週もして経験が蓄積するのはいいんだけど、
みんな精神的に疲れてそう。
特に紗香さん。

そして、カヤの外感がある雪嶋先輩、
ちょっとお気の毒。

今回のMVPは、アドリブ力がすごい嵐。

◆御手洗家、炎上する/藤沢もやし
杏子からの予想外すぎる提案!
いきなり結婚て。突っ走りっぷりがすごい。

ホラーサスペンス漫画だと思ってたけど、
ここにきて一気に恋愛が進みましたね。

ただ、希一がどうやって生計立てるのかは気になるけど。
Webのアフィリエイト収入くらいでしか、
稼いだことないですよね。

でも、もう一山ありそうです。
すんなりハッピーエンドじゃないな。

◆無能の鷹/はんざき朝未
鷹野さん vs AI能力診断システムの営業マン。
まあ、何事にも例外は存在するってことで。

ショートカットのAlt+Tabは、アクティブな画面の切り替えですね。
PCは、本体の電源押して終了しちゃダメです(´;ω;`)

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
福岡支店の古賀さん、登場。
つかみどころのない博多弁の男。
初対面であんなアドバイスするって、大胆ね。

セオリーだとこの後東京本社に転勤でしょうが、さて?

少女漫画の伝家の宝刀、「下の名前呼び」。

◆モトカレマニア/瀧波ユカリ
表面的には恋愛感情のなさをよそおいつつ、
実は重度のユリカマニアの水野。

まあ、この漫画のキャラだからマトモじゃないよね。

焼肉屋の会話は色々考えさせられます。
同姓の先輩だからって、恋愛についてズケズケ訊いてはいけませんよね。

◆ホタルノヒカリ BABY/ひうらさとる
イヤイヤ期。
読んでるだけでゲンナリする(*_*;
世の親御さんは大変な思いをしているんだな。

お疲れ!

◆カカフカカ/石田拓実
とりあえず同棲はナシ!
じゃあ、どうなるんでしょうか。

ラストのページのモヤモヤしてるハセさんを見ると、
まだこの人もあきらめてなさそうです。

気になるのは本行。
大変失礼なのですが、彼に一人暮らしできる生活能力はあるんでしょうか。

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
先生は、教室でプライベートの話はダメ、絶対。

◆美しいこと/木原音瀬・犬井ナオ
焼けぼっくいに火がついた展開。
一方は吹っ切ったけどもう一方は吹っ切ってない。

◆おとなになっても/志村貴子
離婚は、互いの同意がない限り3年から5年かかるものらしい。
はー、しんど((+_+))

◆パーフェクトワールド/有賀リエ
江の島展望台での真実告知。
車いすだと、1人では行けない場所がある。

バリアフリーというのは、ほんの一部なんだなと。

◆アレンとドラン~その信徒と隣人/麻生みこと
三島くんの演技力というか、アドリブ力が高すぎる件。
さすが自ら映画を作るだけある。

でも、せっかくリンダさんに合わせたのに、
鼻をブン殴られて出血する羽目に。
可哀想。

最終的には、結果オーライなのかな。
あんな気の強そうな女性、前途多難な気もするが。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
フカフカボンボン=猫のキンタマ?

◆女のはしょり道/伊藤理佐
最新刊出版記念の出張版。

マツ毛といえば、私は無駄に長くて
たまに女性からうらやましがられます。
あげられるものなら差し上げたい。

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
たすき掛け用の布。
そこまでするか。

◆非モテ女子、今日も安定。/ケイケイ
偉人の名言は、その時の気分で言ってるだけかもしれないから
真に受けるな、という話。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
就活向けポイントメイク。

◆兄弟犬/ともえ
弟犬、凶暴化する。

今回、柴犬のコジローが出てこないので物足りません。

◆幸子、生きてます/柘植文
今回の幸子の友だち、高校か大学の同級生と
つつがなくゴールインしたって感じの女性である。

平凡そうですけど、人生平々凡々が一番いいんです。

居酒屋の会話、なんとも言えず味があります。


◎次号
表紙&巻頭カラー
「七つ屋 志のぶの宝石匣」
| 漫画・本::Kiss(キス) | 23:13 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2288
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   12 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん