河原和音「素敵な彼氏」第48話感想(別冊マーガレット2020年3月号)
表紙&巻頭カラーは「ひなたのブルー」。


別冊マーガレット 2020年3月号 [雑誌]


3/25には12巻発売!
そして来月号は表紙&巻頭カラー!
どんどんパフパフ~。

本編は……相変わらず奏音が出張ってますけど(;^ω^)

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

◎前回のあらすじ
・カラー表紙ウラ「桐山くんの元カノ遍歴大暴露」
・塾で奏音を避ける桐山くん
・が、美容室で奏音とバッタリ再会
・ますます運命を信じる奏音
・エリハ「直也も向き合わなきゃいけないことがある」
・クリスマス、塾帰りに約束する桐のの
・そこに悲劇が……
・壊れたスマホ、微笑む奏音
・どうなるカウントダウン

※素敵な彼氏技その42、
 素敵な彼女技その29は次号に持ち越しです


◎今回の表紙
「人をダメにするクッション」で、
読書にいそしむ桐山くん


◎今回のあらすじ
桐山くんが、車にひかれかけたシーンから

スマホは完全につぶれてしまい、
靴も買い替える羽目に

その間、ずっと付きまとう奏音
公衆電話もなく、桐山くんはののかに連絡できない

駅に向かう桐山くん
行かないで欲しい、と抱き着く奏音

「彼女がいてもいい」という奏音、
「無理だろ」
「お前が決める事じゃない」
と、突っぱねる桐山くん

ようやく合流できた桐のの

帰り際、桐山くんは
「31日までのカウントダウンまでは会わないで
お互い自分のことがんばらない?」
と提案

「自分を見つめなおしたい」という桐山くん
受け入れるののか

ののか、「困ったときになにもしてあげられない」と
泣きながらも勉強する

31日までの間、
桐山くんは友だちやクラスメイトに会って、
自分のダメなところを聞いていた

・エリハ様&細谷
・木名瀬&神田
・奨平&深空

そしてカウントダウン当日
身支度して、会場に向かうののか

そこへ、奏音がやってきて
「話があるんだけど」

「いいよ 話しようよ!!」
受けてたつ、ののか

以下次号。


◎感想
真央以外のメインキャラが全員出てくる
カウントダウン
そして来月号は表紙&巻頭カラー

総決算って感じです。
これ、もうすぐ終わ……ゲフンゲフン。

早とちりはいけませんね。

今回は、ヒーローが自分を振り返る回。
ここまでじっくり男子が己を見つめなおすというのは、
少女・少年漫画に限らず珍しい。

さて、欠点を自覚して、
奏音にいかに対処するのでしょうか。
今までとどうアプローチを変えるのでしょうか。

正直、桐山くんが何を言っても通じないのでは?
という気もいたします。

どうするんだろう。
中学のことを振り返って、
昔と今の自分は違うと語り、
丁寧にせつせつと諭して納得させるのだろうか。

それとも、ののかと奏音の話し合いで解決?
それはちょっと……「素敵な彼氏」なので、
ここはカレシが頑張って欲しい。

スッキリ解決させて、
0時ちょうどに
京都銀行のCMよりながーーーーーーーーーーーいキッスをして、
締めくくって欲しいものです。

※関西限定ネタ

で、心おきなくセンター試験、二次試験に挑んで欲しい。

その後は……先生、もうちょっと続きお願いします<(_ _)>


◎その他
◆走れない桐山くん
冒頭、つきまとう奏音を走って振り切れよと思いましたが、
そういえば体力ない設定でした。

靴も買い換えたばっかりだし、
足をひねるか、ケガしてるかもしれないし。

◆細谷くんのタートルネック
なんであんなフワッフワなの(;^ω^)
気になって会話が頭に入らなかった。

なんか、首輪を何重にもはめて首を長くする人みたいでした……

今の流行りなんだ、そうに違いない。

◆エリハ様の胸元
あれは模様なのか、空いているのか。

◆25日から31日のカウントダウンまで会わない
大人は何てことないが、高校生で彼氏と6日間会わないってめちゃめちゃ長い。
スマホが壊れてるから、LINE通話もFaceTimeも使えない。
ののかはよくOKしたもんだと思う。

◆エリハ「ののかには言わないとわかんないよ?」
細谷「直也の気持ち察するとか無理だからね」

遠慮のない幼なじみ達。

「察してとか無理」って、女性がぼやかれる事はあるが、
男性は珍しい……
というのは、失礼か。

◆神田くんと木名瀬さん
年末にも会って勉強する仲。

神田くん、なかなかのタラシです。
あんなクサイ台詞がよくぞ言えたものだ。
そして、桐山くんも意外と見ていることに驚き。

たった3ページの出番でいいとこ見せる。
河原先生の男子はニクいね。

木名瀬さんは相変わらずパワポ教信者です。

◆奨平は1年前(劇中)のうっぷんを晴らす
「知ってるけど?」とかスカした事言ってましたからね、
当時の桐山くんは。
さぞかし色々言いたかったものと思われ。

深空は、高校2年生とは思えないほどしっかりしてます。
「短所も適切に対処すれば長所」って、
大人でもなかなか言わないことを。

ちょっと子どもっぽい奨平とは、
いいカップルです。

◆なぜかカウントダウン会場にいる奏音
たまたま、ではなさそう。

ののかは、子どもの頃からの夢を友だちに話しているので、
人づてにそれをキャッチした、と考えるのが自然か。

◆奏音の救済
多少いじわるな人でも救済があるのが河原先生です。
実践ネーム塾でも「幸せにしてあげたくなって」とおっしゃってるし。

じゃあ、奏音はどう救済するのだろうか。
ののかと友達になる? 無理そう。
他に運命の男が出てくるのは、唐突感が漂う。

(14話の深空も、かなりご都合主義ではありましたが)

◆ののか「ほんと私ダメすぎだよ」
いや、全然そんなことないから。
なんて健気な彼女なんでしょうか。

◆壊れたスマホ
「これからも 壊れたら直してよ
変になってもいいから 小桜さんのやり方で」
これは5巻18話の、ボンドでリボンを直す時の桐山くんのセリフ。

今回はスマホが壊れる。
もろもろのトラブルを、
桐山くんが彼なりのやり方で「直す」のだろうか。


◎今月の河原先生
Netflix楽しいけど仕事しなくちゃ…楽しいけど…仕事…


◎単行本12巻
3/25発売予定。

素敵な彼氏 12巻


◎別マの他の作品感想
◆[ひなたのブルー]目黒あむ
生徒会長、少なくとも3人の子と付き合った事がある。
淡白そうな顔しても、別マのヒーローだからな。

「元カノ達は、ヒーローの方から好きになったのではない」
これはすてかれの桐山くんも同じ。

本気なのは、ヒロインに対してだけ、という事で。

◆[夢シチュイラスト交換会 前編]
2号連続企画。
まんが家さん同士がペアになって、気になるシチュエーションをリクエスト。

なんとカラー!
こいつは永久保存版ですよ。

以下、内容を敬称略で。

・水野美波→河原和音「桐山くんがののかを押し倒してるところ」
・木内ラムネ→アルコ「橋下さんと井田に挟まれる青木」
・柳井わかな→中河友里「眠りの森の美女風」
・目黒あむ→幸田もも子「新選組の皇太たち」
・城綾音→湯木のじん「アイドルの一颯&柴崎とおっかけの椿」
・凹沢みなみ→保奈実「デコレーションケーキ」
・八田鮎子→綾瀬羽美「異世界転生した紘果たち」
・南塔子→かねこゆかり「あっこ&ゆっこのパジャマパーティー」

別マの鬼才、保奈実先生のケーキは必見である。

◆[恋を知らない僕たちは]水野美波
冒頭、池澤さんの「さばのみそ煮おいしかったでしょ?」が妙に印象的。
小料理屋のおかみ風池澤さんを想像してしまいました。

太一は、今でも池澤さんが心配みたいです。
のじの言う通り、もう気にしなきゃいいのに。
でも、気になってしまうんだな。

「のじはおっぱい星人」……とφ(..)メモメモ

◆[シンデレラ クロゼット]柳井わかな
人気動画クリエイター・新希咲乃さんとのコラボ動画あり。

モデルするのは黒滝先輩で、光はその手伝いでした。

しかしモデルするとなると、多少は容姿に自信アリという事。
先輩、人脈だけでなくポジティブさも半端ないね。
これが陽キャのメンタルか。

この人と春香はうまくやれるんでしょうか。

光が専門学校終えて就職活動、
春香が大学生。
別マでこういう設定は新鮮です。

◆[月のお気に召すまま]木内ラムネ
2本立て、そして3巻は2/25発売。
みんな買おう。

恋人つなぎだけでキャパオーバーになる月。
めちゃめちゃピュアだよね。

2本目は、進藤・日花と4人でお化け屋敷。
進藤がめちゃくちゃできる男だった。

◆[茜君はいつも恋を見てる]香坂みり
3度目の登場は本誌センターカラー。

「茜くん(♂)が柊哉先輩(♂)を好きになったらどうしよう…」
凛さん、心配するところはそこなの!?

策を練るタイプは、
だいたい茜くんみたいなピュアなキャラに浄化されますね。

◆[うちの弟どもがすみません]オザキアキラ
源くん、口は悪いけど、かなり世話好き。
お姉さんの制服受け取りにつきそうなんて、いいところある。
これは恋するでしょう。

柊の「カタカタ……」は、PCかな。
デイトレーダーか、SOHOのプログラマーか、作家と見た。

◆[テリトリーMの住人]南塔子
22ページ目の続きが、どの辺まで行ったか気になる。
ただれた大人です。

南先生はReReハロ最終回であからさまに描いてますので(いまだに覚えてる奴)、
そういうシーンがあっても驚きません。

櫛谷とこまちゃん、久々にフォーカスと思ったらケンカ。
ラブラブなのでいいじゃん……。

ちょっと、今回はとっちらかってますね。
エマの両親、坂巻と穂積、櫛谷とこまちゃん、
3つの話を1話に詰めている。

カップルが固まって、次の展開が難しいのかな。

◆[今、恋をしています。]八田鮎子
さとみ宅でお勉強会。
野田天満、って名前が大阪だなと思いました
(野田駅・天満駅or天満橋駅)。

柳生くんの過去に、さとみがどう対処するか。

ニイモってあだ名の由来が気になってたので、わかってすっきりした。
新元さんね。

さとみのお兄さんは大学生でしょうか。
妹さんがオトナの階段登ってるとはツユ知らず……。

◆[君がトクベツ]幸田もも子
今回は名探偵コナンとエヴァの碇ゲンドウをパクってますね(^-^;

おふざけだけでなく、
濃いラブラブもキッチリ描くあたりが抜け目ない。

1話と比べてさほ子がとても可愛い。
恋って、すごいな。

◆[ふつうな僕らの]湯木のじん
いなくなった日高先輩の話ではなく、
主に一颯先輩のお兄さんの話でした。

ついに本格的に登場したお兄さんですが、印象最悪。
兄弟間の亀裂は相当根深いね。

14ページの椿が好きです。
花を背負う古典的少女漫画手法。

先輩の部屋に置いてるパソコン、ロゴが「ASAS」ですが、これはASUSのもじりでしょうか。
台湾のPCメーカーですね。

◆[星子画報]凹沢みなみ
秘密の道場やら奥義やら、
厨二病どまんなかの話。

星子が一切出てこず、
別マでこういう作品が読めるのは、不思議です。

奥義なら、いぬお君も知ってそうだが。

◆[消えた初恋]原作:ひねくれ渡 作画:アルコ
合コン狂想曲。
青木も井田もいいヤツ。
友だちでいたら、毎日高校生活楽しいと思う。

井田は、恋愛に関してかなりのスロースターターなんですね。
その分、火がついたらすごそう。

◆[春と恋と君のこと]綾瀬羽美
メガネの小島くん、「やっぱ女子はみんなイケメンが好きなんだ…」
そういう事言うからダメなんですよ。
気持ちはわかるけど。

恋愛経験なしの泰臣。
高1だから何も不思議はないが、
イケメン2人が揃って未経験とは、少女漫画にしては珍しい。

◆[そのキス間違ってます]中河友里
素手でドアのカギぶっ壊した鳴神くん。
後から反省文? ですかね。

中河先生といえば、
「それでも君が」に出ていたメガネのツッコミ役の子が好きでした。
今作はヒロイン小路がツッコミなんだけど、
少々物足りない。

コミックスは電子のみ、だそうです。



若手だけでなく、中堅の先生も紙で出せない! 厳しい!

◆[ダサ彼!! ] 城綾音
露骨にチョコを求める男たち。
桐津委員長、王道をゆくツンデレ。

4ページ目のコール、昔の一気飲みみたい。
「xxの、ちょっといいとこ見てみたい、あそーれ、一気、一気」ってやつ。

※一気飲みはダメ、絶対

◆[あいまいもこもこ団] 保奈実
あんな露骨に歯ぎしりする女子の顔、初めて見た。

今回はふつう。
今までの変態ぶりと比べると、
エレベーターの床ぶちぬくだけでは驚けない(;^_^A

◆[モテないメモリー] かねこゆかり
風のイタズラ、パンチラの話。

「退かぬ媚びぬ省みぬ」は
北斗の拳の聖帝サウザーのセリフです。

犬のウ○コが落ちてても前進するしかない時、
などにお使いください。

◆[アモーレ動物園](読者投稿コーナー)
爬虫類カフェ「はちゅカフェ」。

別マ恋バナ懺悔室、愛知県のるみこさんの
上級者なキュンは必見です。


◎別冊ふろく[キライ→スキ!]
表紙は明生チナミ先生。
ウラ表紙もお見逃しなく。

明生先生の連載もよろしく。

◆[まなざし冬恋]清水奏良
睨んでいると誤解されがちな子の話。
もうちょい、出だしは眼力きつめでも良かったかも。
ただの優しげな子にしか見えなかった。

メガネは伊達なのか、
コンタクトが使えない時用か。

◆[バイスタンダー]保澄さと
視点が非常に凝っている。
ヒロインは自分を傍観者と言ってて、
言葉通りヒーローを後ろから見た図が多いです。

あとは、靴だけ、手元だけ切り取るなどしてて飽きません。
だから終盤の発作のバストアップがより活きてくる。

ふろくでベストの作品。

保澄先生の今後が楽しみです。

◆[トランス・ボーイ・フレンド]やまもと桃
かわいい女装男子の話。
「うそつきリリィ」を思い出します(読んだのは序盤だけですが)。

格好が女子なだけで、あくまでもヒロインに一途。
そこがポイントかな。

ラブコメ度はふろくで一番。

◆[カラフルフライト]中村柊
原色の、派手な格好が好きな子の話。

毛先が緑は目立ちそう。
自分の高校時代は、せいぜい茶髪です。
今はゆるいのだろうか? 学校次第か。

勝手にマニキュア塗られてるのに許す、
片桐くんの器がでかい。


◎河原和音先生に聞く! 実践ネーム塾
石田アズ・にしひろあき・松尾夏生先生によるインタビュー形式。
漫画は1~4回が石田先生、5~8回以降は松尾先生、9回以降がにしひろ先生。

今回が最終回。
先生がた、お疲れ様でした。

第12回 まとめ
第11回 演出
第10回 ネーム その(2)
第9回 ネーム その(1)
第8回 ストーリー その(4)
第7回 ストーリー その(3)
第6回 ストーリー その(2)
第5回 ストーリー その(1)
第4回 キャラクター その(3)
第3回 キャラクター その(2)
第2回 キャラクター その(1)
第1回 インプットの秘訣

石田先生「私、担当さんが別の部署に異動になることが多くて、何度も担当さんが代わっているんです。」


集英社は担当の変更が多い。
というのは、マーガで描かれていた上田倫子先生も言われています。



外部の人間が、1企業の文化にどうこう言う筋合いはない。

けれども、単純に漫画家さんも担当さんも
何度も引継ぎすることになって大変だなと思う。
その労力がなくなれば、もっと色々できるのではないかとも思う。


◎次号
表紙+巻頭カラー
[素敵な彼氏]

新連載+カラー
[マネージャーの推しごと]
春江ひかる

センターカラー
[春と恋と君のこと]
[消えた初恋]
[君がトクベツ]

[夢シチュイラスト交換会 後編]
水野美波/木内ラムネ/目黒あむ/八田鮎子/南塔子/柳井わかな/城綾音/凹沢みなみ

別冊ふろく
[恋愛初心者]
四元シマコ、藤好明、峯田ちあき、ともすえ葵

読みきり
[あさあけの楓]
星木奈々

別マ2019年3月号、当時13歳デビューで話題となった星木さんの2作目。
これは期待です。


◎裏表紙
映画「サヨナラまでの30分」の広告。
チェブラーシカでも声優百年食堂でもない。


◎リンク
前作やその他の作品について
漫画・本 河原和音「青空エール」
漫画・本 その他の河原和音作品
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 00:07 | comments (2) | trackback (0) |
コメント
のんさん、ご無沙汰です!
コメントありがとうございます(^O^)

ネックウォーマー、確かに。
画像検索したら、似た感じのが沢山出てきました。
着たことないので、発想がなかったです(^◇^;)

ついに3度目のカウントダウン来ましたね。
この後、漫画がどうなるか。先生はどうするのか。
私も、例えばココハナで大学編・社会人編が見てみたい派です。

LINEブロックもダメ、
塾の曜日を変えてもダメ、
で、自分を見つめ直した桐山くん。
どうするのか。
ののかと奏音の話し合いを、コッソリ見てるというのはやめてほしい~_~;

でも奏音手強いですしね。
先生も色々なキャラを考えるものです。

では、また来月m(_ _)m
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 20/02/18 21:16 | qhcX5bsM |
こんにちは。お久し振りです。
いよいよきましたね…カウントダウン!
奏音がどうでるかとても気になります。普通ラブラブそうなカップルのとこに、私のほうが運命の相手だからなんて突っ込んでいけないよね。
メンタル強すぎだなー。ある意味羨ましい。
高校デビューの城宝姉とかは、別れさせようと画策してたからまだ理解できるけど…。河原先生がどう収めるのかとても楽しみです。
あとは、カウントダウン後どこまで続くのか問題ですよね…。
シンデレラクロゼットは大学生の話だし、素敵な彼氏も大学生になっていいと思うんだけどな。なんならココハナに引越でもいいから続いてほしい&#8252;&#65039;
(ココハナはYOUからの引越渋滞でごちゃごちゃしてるけどw)

桐山くんが自分についての意見を求めに、奨平のとこまで行ったとこに本気度を感じましたね。
みんなの遠慮ない物言いに、友情を感じつつも、彼に言いたいこと溜まってたんだなって。

今後の展開を色々考えつつ、来月を楽しみに待ちたいと思います。

あ、細谷くんのフワフワの首もとは、ネックウォーマーかなと思ったけど違うかな?

また来月も感想楽しみにしてます(о´∀`о)



| のん | EMAIL | URL | 20/02/16 08:55 | nFkHYkKI |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2233
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   04 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん