基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応(WINGSプロジェクト矢吹太朗・山田祥寛/日経BP社)
WINGSプロジェクトの書籍レビュアーに応募し、
「基礎からしっかり学ぶC++の教科書」を献本していただきました。
簡単ですが、レビューいたします。

◆書籍の詳細

⇒基礎からしっかり学ぶC++の教科書 - WINGS


「基礎から~」のタイトル通り、C++の入門書としておすすめの一冊です。


◎目次
1.この本をおすすめできる方
2.前提となる知識
3.学習の流れ

◎1.この本をおすすめできる方
(1)プログラム自体は経験があり、新たにC++も勉強したい方
例えばCは勉強したことがあり、C++の知識も増やしたい方。
私はこれに該当します。

(2)過去にC++を勉強したが、忘れてしまった方
基礎から改めて学習できます。


◎2.前提となる知識
(1)プログラムの基礎知識
経験が0ですと、コードや解説の理解が難しいです。
どの言語でも共通の概念(変数・繰り返し・分岐)などは知っていた方が良いです。

(2)開発環境の利用経験
本文中では「Visual Studio Community 2015」を利用しています。
学習用のPCにスムーズにインストール・操作できる方が望ましいです。
※サンプルコードはGNU C++とClangでも動作可能


◎3.学習の流れ
(1)サンプルコード
日経BP書店|商品詳細 - 基礎からしっかり学ぶC++の教科書
から、サンプルコードをダウンロード。

(2)序盤
すでに多言語で開発経験のある方は、
第1章 プログラミングの基礎
第3章 変数と型
第4章 文
は飛ばし、必要な時に読み返せばよ良いと思います。

第2章 C++の基礎
の、開発環境から「Hello, World!」だけは最低限試しておきましょう。

(3)重要な章
第6章 コンテナと配列 以降は、重要な概念の解説が続きます。

・標準ライブラリ
・テンプレート
・クラス/オブジェクト
・資源/メモリ管理
・エラー処理/アサーション
・並列処理/マルチスレッド

といった実践的な知識の解説が続くので、
コードを書いて重点的に理解するのがおすすめです。

特に、メモリの管理(獲得・解放)は他の言語より厳密なので、
読み込まれると良いかと思います。
| 漫画・本::プログラミング | 13:12 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1897
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん