ぢべたぐらし あひるの生活[春夏編](マツダユカ)
「ぢべたぐらし あひるの生活[春夏編]」という漫画を紹介してもらったので読みました。
著者のマツダユカさん、初めて聞く名前でしたが、面白かった!



一言でいうと、人間のいない小島に住む「あひる」と、色々な鳥たちのお話です。
鳥が人間のようにしゃべります。
私は「ぼのぼの」を思い出しました。

WEBコミックのサイト「クロフネZERO」にて連載中の作品を単行本化したもの。
現在も連載中、読めるページはこちら
ストーリー仕立ての4コマ漫画構成で、サクサク読めます。

「鳥が好き」と作者様が後書きで語っているように、とにかく沢山の鳥が出てきます。
それぞれ違う性格がつけられていて、楽しい。
私は断然犬派なのですが、鳥もいいかも、と思える漫画です。

登場人(鳥)物

あひる
 ゆるキャラ系主人公。あひるたった一羽で孤独と思いきや、マイペースに暮らす。
 彼だけ表記がひらがな。

マガモ
 渡り鳥。

カラフトフクロウ
 ことりは話し相手兼食料。

ことり
 19ページ後の彼はどうなったのか。

ワニ、キツネ
 あひるを狙う。

ササゴイ
 あひるの唯一の友達かもしれない。

ハト
 「上司や同僚の鼻毛が出てるけど言うに言えない」と思う時がありますが、彼のネタはそこからきているのかもしれない。

ダイサギ
 キメ顔。

コサギ
 話し好き主婦。

ツバメ
 兄弟は最初の友であり敵です。

モモイロペリカン
 鳥の踊り食い。

シロハラインコ
 因果応報。

ウロコインコ
 この漫画で野生のインコがいると知りました。

サイチョウ
 くちばし重たそう。

キジ
 派手派手な羽根を広げるシーンがない。

キンクロハジロ
 アッー!

コマドリ
 91ページ後の彼はどうなったのか。

マレーワシミミズク
 あひるに親切にすると見せかけて子供のエサに。
 作品と関係ないけど、名前が「ネズミキツネザル」みたいで紛らわしい。

カモメ
 ダン○ンこのやろう。

アホウドリ
 海流わかんねえよ。

ケープペンギン
 彼が、泳ぐのを決意するまでの短編が結構好き。

他、チョイ役で多数。


ダイサギさんの無意味なキメ顔とキメ台詞がいいです。
| 漫画・本 | 21:45 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/494
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん