KISS(キス)2020年5月号感想
表紙は「おとなになっても」
巻頭カラーは「七つ屋 志のぶの宝石匣」。


Kiss(キス)2020年5月号


これまでの感想は
漫画・本 KISS(キス)

◎作品感想
◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
「他の男に恋バナ相談しているうちに
愛は移り変わってゆくのよ!」

なるほど。

柱コメントの「学校が休校で子供がずっと家にます……」
お疲れ様です( ノД`)

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
で、ペットボトルのフタは結局どうなったんでしょう。

◆彼と彼女のヒストリごはん/真船きょうこ
最終回。

そば屋でバイトしてて
親子丼のことを「かしわ」と言う客がいたのですが、
これ読んで理由がわかりました。
鶏肉=かしわ、と。

次回作もお待ちしてます。

◆カカフカカ/石田拓実
ぐだぐだと飲み屋で別れ話する回。
ハセさん、往生際が悪いよ。

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
彼の両親兼担任する生徒の保護者とご挨拶。
弟くんは、何か企んでいるのかいないのか……。

◆美しいこと/犬井ナオ・木原音瀬
新連載。

ふとしたことから女装が趣味になったサラリーマン。
夜の街を歩いていると災難にあい、
男性に助けてもらいますが。

「ニコイチ」とか、女装の作品はいくつかありますが、
これはシリアス寄りですね。

◆東京アリスgirly/稚野鳥子
本人の許可なくマンションの部屋に入るのは、
結構大変である。

◆無能の鷹/はんざき朝未
東武ワールドスクウェアにて、
ウェブ会議デビュー。

鷹野さんのおかげでうまくいったけど、
鷹野さんのせいでこうなったとも言える。

コロナウィルスの影響で、
ウェブ会議も当たり前になりそうです。

◆兄弟犬/ともえ
子ども(幼犬)の頃の思い出。
ダックス兄弟はけっこう年齢差あったんですね。

でも、犬だから1,2歳差か?

◆モトカレマニア/瀧波ユカリ
マコチ、桃絵さんにだまされる。
桃絵さんも悪趣味だけど、
そもそもマコチがバカですね。

モトカレを完全に振り切って、
ユリカよどこへ行く……。

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
衣服との奇跡の出会いの話。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
セルフネイルテク。

◆ホタルノヒカリ BABY/ひうらさとる
幼児と海外旅行チャレンジ。

稚内へ飛行機で行ったとき、
帰省とおぼしき赤ちゃん連れのお母さんがおりました。
赤ちゃん泣いちゃって大変そうでした。

◆幸子、生きてます/柘植文
幸子、愛を語る。

お年寄りは人の話を聞いてないようで聞いてる、という話。
マダムマリーのモデルは、デヴィ夫人かな?

◆おとなになっても/志村貴子
引きこもりの描写が自然で、
志村先生はその辺は家族の描き方が実にうまいと思う。

◆涙雨とセレナーデ/河内遥
武虎、ヒナのリュックからスマホを見つけ、
データを取り出そうと考えますが……どうやって?

PCを現代から持ち込んでいるとしても、
電源がなければ動かない。
明治にコンセントないだろ。

データはさておき、
今回のメインは見つめ合う孝章様とヒナ。
なにも~ナチュラルに孝章様のお顔に触っちゃって。
キスせんばかりですよ全く。

携帯やスマホがない時代の「偶然の再会」は、
ドラマチックで良いですね

いいところなのに座長が邪魔をする。

さて今回、菊之進→ヒナのフラグ立ちましたね。

カメラを触る武虎を見て「あの箱になりたい」と雛子。
乙女です。
でも限りなく怪しい奴。
ヒナも同じではありますが。

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
絵ハガキのヒントあったとはいえ、
敦賀を1日探しただけでふた葉夫妻を見つけた周さん、かなり有能。

憔悴した慎ちゃんに対し、食欲がしっかりあるふた葉さん。
一度自信を失うと、男というのはもろいものだなと思う。

◆パルノグラフィティ/板垣巴留
大学時代のバイトと、就職活動の話。
面接でめちゃめちゃ手応えあったのに不採用、
就活あるある。
思い出すと泣けてくらあ。

著名な漫画家の娘さんなわけですが、
だからって有利なわけではないんだな(当たり前)。

◆世界で一番早い春/川端志季
タイムスリップ初体験の嵐。

タイムスリップするたびに、
関係者(真幌・嵐・紗香)と再会して、
記憶を引き継いでいるかどうか確かめないといけない。
結構難しいな、これ。

紗香さん、なんか怪しいですね。

◆ピーナッツバターサンドウィッチ/ミツコ
with onlineから第1話が出張掲載。

OL29歳女子4人組の婚活……を調査する人たち。
なんか……女性ってシビアだなあ。


◎次号
表紙
「おひとり様物語」

巻頭カラー
「東京タラレバ娘シーズン2」

巻中カラー
「やんごとなき一族」
| 漫画・本::Kiss(キス) | 20:31 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2242
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   05 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん