KISS(キス)2020年2月号感想
表紙は「アレンとドラン」。
巻頭カラーは「モトカレマニア」。


Kiss(キス) 2020年 2 月号 [雑誌]


今回はなぜか、「ながたんと青と」の登場人物をまとめてみました。
全員ではないですが。

これまでの感想は
漫画・本 KISS(キス)

◎作品感想
◆モトカレマニア/瀧波ユカリ
桃絵さん、マコチをいともアッサリ落とす。
「男は、他の女につけられた傷をヨシヨシしてくれる女にすぐ惚れる」

それはその通り。
手のひらで遊ばせるほどたやすいことでしょう。
ただ、疑問が一つある。

マコチは落とすほどいい男なのか?
むしろダメな男であり、
そんなのを落として桃絵さんに何のメリットがあるのか?

◆御手洗家、炎上する/藤沢もやし
杏子、ついに正体をバラして
真希子をノックアウトさせる。
一気にパズルのピース埋まった感があって、爽快ですね。

そして、ネットの炎上を自作自演して
真希子を罠をかけたのもお見事。
フェイクニュースってやつですね。

さすが希一さん、ただの引きこもりじゃない
(そこかよ)。

◆無能の鷹/はんざき朝未
鷹野さんの教育係、サジを投げる。

鷹野さんはリーダーなら使えるかもしれない。
実務のこなせる部下をつけて、
ハッタリが必要な交渉の時だけ居ればいいのである。

というか、リーダーしかできないんじゃないかな。

パワハラの警鐘を鳴らす笛係。
実際ありそうだから怖い(;^ω^)

◆おとなになっても/志村貴子
綾乃さんの学生時代の回想。

昔は中性的で、「彼氏」に見立てられたこともあったと。
実際、女子高でそんなことはよくあるのだろうか。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
ボックスのようなPCの入れられるリュック。
自立してる(ここ重要)。

そんなのがきっかけで結婚できるもんですかね……。

◆東京タラレバ娘 シーズン2/東村アキコ
令菜さん、よしお2号に完落ち。
波乱の予感!

今回面白かったのは、
飲み屋にいたのんべのおじさん2人組です。

ヤクルトはね……そう今年のドラフトで
奥川くんって有望な高校生とったんですよ。
活躍するのは数年後だと思うけど。

よしお2号、とんでもない地雷の気もするが……さて?
おでんの具のくだりは、
正直キュンよりも???でした。

◆パルノグラフィティ/板垣巴留
ほろにが同窓会の話、ほか2編。

板垣先生は結婚を「非常にボンヤリした何か」ととらえてますが、
逆に、これ以上確かな契約もないと思う。

指輪までして世間一般のみんなにアピールしてるもんね。
ふだんは外してる人もいるけど。

結婚してても自由気ままな人もいるので、
そういう意味ではあいまいなもの、ともいえる。

ラベルのシールは、
ライターのオイルでもはがせます。

◆幸子、生きてます/柘植文
ぬいぐるみ好き幼女に論破される三十路の女たち。

つまり……健康のために早く寝ろ、ってこと?

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
セーラー服を着る痛々しい高校教師。

それを見て千葉弟、あたまにかぶりものさせて、
「かわいいから他の奴に見せたくなかっただけ」

アーーーーーーー!
悪い男ーーーーー!

現役高校生が、どこでそんな口説き文句マスターするんだ!?

◆アレンとドラン その信徒と隣人/麻生みこと
リンダさん、色々受難の回。

・ゼミのグループLINEで恋愛騒動(誤解)をさらされる
・学生部? から教授のハラスメントがあったか聴き取り
(最近の大学はきちんとしてらあ……)
・教授の研究室に単独で来ることを禁止される
・エドガーの濃そうなヘソピアス彼女にメンチ切られる
・就活戦線突入
・グループディスカッションで男子学生に挑発される

リンダさん、最後のメガネ男をまともに相手しちゃダメです。
映画の知識面で負けてて、負け惜しみ言ってるだけですから。

でも、それだけ就活はみんな必死になるのである……。

それにしても、である。
リクルートスーツというのは、その時限りしか使わない。なぜか。
社会人になってからも使えるスーツでは、なぜいかんのか。
大人の事情?

◆東京アリスgirly/稚野鳥子
キャラが多すぎてよくわからないけど、
とりあえず、デュアルならぬトリプルディスプレイを駆使する凜くん、すごいね。

◆コミンカビヨリ/高須賀由枝
結婚式、準備にえんえん迷うよりは、
疲れる前にちゃっちゃと決めた方がいいような。

どんなにじっくり手間暇かけて準備したところで
3組に1組は別れるんだからさあ……。

しかし試食は奥さんと一緒の方がいいような。

次回、最終回。

◆やんごとなき一族/こやまゆかり
今回、とんとん拍子にいい方向へ運んでます。
こうなると、次回は揺り返しがありそう。

堅実な不動産業だけしてバクチの商売はしない。
お父さんのこの意見だけはうなずける。

◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
銀座、クリスマスから年末年始は「戦」。

プレゼントを受け取ってもらえなかった男性が、
クリスマス後に質屋にやってくる……せつねぇ……。
ただ、クリスマスに告白はリスクが高すぎやしないか。

謎解きがない回は、途中から読んでる私も楽しいです。

◆兄弟犬/ともえ
兄弟の「おしっこしたい顔」が最高です。

室内犬はうらやましいけど、
シモのことは大変だなと思う。

賃貸なんか、汚した日には敷金が返ってこなさそう。

◆パーフェクトワールド/有賀リエ
特別養子縁組でも育休が取れる。
知らんかった。
法律って整備されてるんだなと思いました。

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
夫婦の一夜が明けた後。

周さんの反応が思ったより初々しいです。
これは、元童貞だった可能性が高い(;^ω^)

伯母さんはわかってないけど、
お母さんはすでに察知しているようです。さすが。
それとも夜の声がデカかったのか(すいません)。

世話焼きのおばさん、みっくんをいい中学に入れたいらしい。
今でいうお受験ですね。

いちかの父方のイトコとその娘さんが出てきて、
ちょっと家系図でも欲しいところです。

【桑乃木家】
桑乃木いち日
桑乃木ふた葉……いち日の妹。料理人と駆け落ち
桑乃木愛子……いち日の母
桑乃木高行……いち日の夫。戦死
桑乃木周……いち日の再婚相手。旧姓・山口

【親戚】
丸川町子……いち日の伯母(父の姉)
おかべみちや……町子が、いち日と周の養子にと連れてきた子
三津絵……町子の妹。戦争で亡くなった。いち日の父の姉か妹かは不明
陽平……三津絵の息子。いち日の父方のいとこ
みさと……陽平の娘

【山口家】
山口縁……周の長兄
山口栄……周の次兄。養子縁組

【その他】
村山……料亭「桑乃木」の世話役。いち日は「おじさん」と呼んでるが、血縁関係があるかは不明
戸川……料亭「桑乃木」の料理長
田嶋……いち日の働くホテルのレストランの料理長
恭ちゃん……戸川が辞めた後に雇った料理人

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
冬場の上着の取り違え。
カサならともかく、上着は嫌ですね。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
目の下の青クマとコンシーラー。


◎次号
読み切り(たぶん)
「恋の境界」当麻ゆいこ
「踊ってんのも沸き立ってんのも垂れ流し」小宮みほ子

巻頭カラー
「ホタルノヒカリBABY」

巻中カラー
「世界で一番早い春」
| 漫画・本::Kiss(キス) | 20:30 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2223
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん