Cookie(クッキー)2020年1月号感想
表紙&巻頭カラーは「初めて恋をした日に読む話」。


Cookie(クッキー) 2020年 1 月号 [雑誌]


持田先生フル回転の号。
表紙、巻頭カラー、本編+番外編100ページ。
お疲れ様です。

中村倫也さんのインタビュー記事あります。

今月号から、クッキーが紙・電子版同時発売。
今までは電子が数日遅かったのです。

これまでの感想は
漫画・本 Cookie(クッキー)

◎作品感想
◆初めて恋をした日に読む話/持田あき
今回は、ユリユリにマウスツーマウスしたところからです。

「はじこい」のいいところは、
マジメさとバカバカしさの緩急だと思う。
順子先生がオトナの顔を見せたと思えば、
派手にずっこけるずん子先生にもなる。

チュン斗(修斗)くんの寂しさを見抜き、
山下を諭す順子先生。
デタラメなハイスペックぶりが発覚した修斗くんですが、
構って欲しいお年頃。そりゃそうか。
小5で彼女とっかえひっかえて、おまえ……。

で、山下さんの元奥さんも登場。
意外にも(失礼)かなり落ち着いた人。
別れても山下のことは大事に思ってるらしい。

上品ないいところの娘さんと、
ちょっとワルな雰囲気の男、
ああ、少女漫画でよくあるヤツだ(偏見)。

息子の年齢からして、
大学卒業するかしないかでできちゃった結婚だと思う。
お互い若いから、色々あったのだろうか。

次。
雅志、牧瀬さんを抱いたことを順子先生にカミングアウト。
抱いたっつーか、抱かれたっつーか。
そこでごちゃごちゃ言わない順子先生、かっこいい。
相変わらずプロポーズをうやむやにしてるわけだが。

順子先生とユリ父の場面もいいんだよなあ。

後半は、ユリユリと順子先生、ユリ母の墓参り。
お墓の前で、東大合格の誓いを新たにする2人。
ほんとマジメだねー。
だからいいんだけどね。

で、帰りに悪天候で交通機関マヒ、
2人でラブホに泊まるしかなくなるハメに。
これもラブコメだとありきたりな展開ですが、
ユリユリと順子先生の真剣さをしっかり描いてるので、
許せてしまうんですね。

さて、2人は一線を越えるでしょうか。
私は越えないと思います。
オイシイ場面は、ギリギリまでとっておくはず。

ずん子先生、朝までトイレかバスルームに立てこもると見た。
それがこの漫画のいいところなんで。

おまけ。
今月の木佐くん(ユリユリの取り巻きの黒髪無口イケメン)、
ユリユリの激励に黒ひげ危機一髪を持参。
小学生か(^-^;

◆初めて恋をした日に読む話 番外編/持田あき
ユリユリの高校で文化祭編。

ユリユリ、雅志のプロポーズに対抗し、
偽ブランドものの指輪をプレゼント。
経済力では叶わないけど一途さで勝負。
ひたむきさがまぶしい。

高校生を見つめる、
順子先生の寂しそうなまなざしもいいです。
どんどん成長する子どもたちを、見つめるしかない30代。

シリアスに描いておいて、
最後は乳揉みでシメるバカバカしさ。好き。

ユリユリ、今は腰痛用ブラごしだけど
そのうち生で揉めるようになるから……
ちょっと垂れちゃってるかもしれないけどゲフンゲフン。

いざその時が来たら、腰痛に苦しむずん子先生に
ユリユリの10代の腰使いはそうとうキツそう。
翌日立ち上がれなさそう。

※下品ですいません

◆ボードレールの猫/生藤由美
新連載。

ちょっとメルヘンチックです。

書店員さんが事故死したら猫に生まれ変わっていた。
今風に言うと「転生もの」です。
転生したら猫だった件。

で、ぶらり本屋さんに立ち寄ってみると、
そこの店主には、「頭が猫で胴体が人間」に見えるという。

シリーズ連載、次回は5月号掲載予定。

◆ハコイリのムスメ/池谷理香子
紀之さんが、卒業後園田不動産に就職する決意をする。
つまり、珠子と結婚し、
ゆくゆくは入り婿として、園田家を継ぐ覚悟をしたわけで。
一生一緒にいるわけで。

将来安泰だというのに、珠子さんは不安らしい。
自分の大学卒業も問題なしだというのに。
こういうのなんて言うんでしょう。
マリッジブルーは違うか。

悩みは尽きないものです。

◆僕の家においでWedding/優木なち
ハワイにハッピーウェディング。

めくるめく甘い一夜を過ごすはずが、
日中海ではりきりすぎたのか、
美玲さん夜はスヤスヤ寝てしまう。

まあ、まだ18歳だし。
張り切っていた(股間的な意味で)であろう、真野さんの立場は(;^ω^)

ガマンする展開が多くて、さすがに気の毒。

◆好いも甘いも/小藤まつ
4話目にして、黒髪イケメンの名前判明。

グルメサイトって、ぐるなびと食べログで充分かと思いきや、
ここ数年で伸びてるのがRettyです。
逆にホットペッパーが検索で引っかかること、
少なくなった気がします。

◆ひみつのイノセントワールド/浜心汐里
最終回。
お疲れ様でした。

ヒロインのご両親、主に母親を説得してゴールイン。
いつも思うことだけど、
20もとうに過ぎた娘のことなんか、もう放っておけばいいのに。
それが親の情という事なのか。

◆会社やめてくのいちに転職しました/柴なつみ
第2回。
江戸時代の女子もオシャレが好きだった……の?
好きなんだろうな。お歯黒とかあるんだもの。

ところで、ヒロインが飛んだのは本当に江戸時代なんでしょうか。
「派遣」なんてワードが出てくるのが引っかかる。
なんかオチがありそう。

ヒーローの髪が急激にのびる設定、
短くしたのがよほど不評だったと思われ。

◆恋患いスペクタクル/北野とも
読みきり・後編。
隔月なので、前回の話を忘れてしまいまして。

ウィルスぬきでも谷口さんがヒロインを好きな理由って、
なんだったんだろう。
そこはよくわからなかった。

◆まんまるポタジェ 番外編/あいざわ遥
会社員時代の塔子さんの話。
給湯室で寝てたとは。激務がうかがえる。

◆これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~/青木祐子・森こさち
評判の悪い、「逃げる男」の馬垣。
しかしこの話にはウラがあり……。

日本の会社というのは、
社員に問題行動があっても、そう簡単にクビにはできない。
大企業となると尚更。

読んで思ったのは、
イケメンクール眼鏡って、やっぱり黒幕なんだな、って。

次回は、ドキドキ太陽くんのお部屋訪問。

◆もしもしカメさん/山本カエル
漫画あるある。

お兄さんキャラは、一見弟に冷血そうにみえて、
実はブラコンである。

例)
「ハルxキヨ」の清志郎の兄(名前忘れた)
「鬼滅の刃」の不死川実弥

◆日に流れて橋に行く/日高ショーコ
明治末期の女性の洋装の話。

かなり調べた上で描かれてるのだと思います。
当時の横浜-新橋間が1時間、とか。

ただ、今一つピンと来ない。
同じ明治モノの「涙雨とセレナーデ」は楽しいんですけど。
なんででしょうね。

◆おそ松さん/シタラマサコ・赤塚不二夫・おそ松さん製作委員会
こたつ解禁の儀。

ヒザから白い粉を吹いたことありません。
こたつ入りすぎるとそうなるのか?

◆三日月と流れ星/椎名あゆみ
嫉妬するイケメンはご褒美、らしい。
私は全然ピンと来ないんだけど。

◆『未』成熟/Maria
部屋でプロポーズ。
次回、最終回。

3か月ぶりのHにワクワクしてたって、
そりゃ、男なら溜まってますわな。

◆林檎と蜂蜜walk/宮川匡代
妊娠、しかも双子とわかった。
教育費1億円コースだそうで、NYってそんなにかかるのか(;^ω^)

「子どもが生まれるまでは俺の女神様でいてくれ」
うわー、歯がグラグラする。
よう言わんわこんなの。

◆孤食ロボット/岩岡ヒサエ
モロに毒親と、
アボガドとブロッコリーの天ぷらの話。

◆グッドモーニング・キス/高須賀由枝
知人に愚痴らない、わかる。
だからSNSで愚痴アカウントがあるわけか。

◆まんだん!/櫻井リヤ
漫画家が婚活すると、
職業のせいで色々質問され、
結果本来の相手を知る時間が取れないそうです。
相手の仕事を掘り下げるのもホドホドに。

レポ漫画「大島薫とゲイストリップを見ようの会」もあります。

◆ハイヒールをはいた猫 ルブたん/鳥海りさこ
ぼったくりババアのバーバー。
志村けんに演じてもらいたい。手が常時プルプル。

◆陽あたり前線/杉原涼子
今回は、四コマじゃなくて
1ページ漫画があった。

◆まゆみ!! 2020~再婚~/田辺真由美
伊藤くんが、いいトシしたただのクズだった件。
ロディックさん、そいつぶっ飛ばしてください。
何なら股間蹴り上げてもいいですよ。


◎次号
表紙&巻頭カラー
「これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~」

カラー
「初めて恋をした日に読む話」
「孤食ロボット」

新連載
「サロン・ド・ディスコ」碧

最終回
「『未』成熟」

読みきり
「夜の君を教えて」麦島ミホ
| 漫画・本::Cookie(クッキー) | 22:41 | comments (2) | trackback (0) |
コメント
さやっくさん、いつもありがとうございます(^o^)

まさしのプロポーズ、ウヤムヤじゃないでしょうか。
というより、2人ともどうするべきかわからないのでは……
このまま、受験の時期まで決定打がなく進む気がしました。

まさしは、牧瀬さんの態度次第な気もしますが、あの人結婚にこだわらないですよね。
たしか、バツ2だし。

山下の復縁はありそうです。
これも、ぎりぎりまで焦らす気がします。

触らせるのは、お胸か、お尻か……楽しみです(^_^;
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 19/12/16 09:07 | Y945Kht2 |
惣一郎さん、遅くなってごめんなさーい!
感想すごい面白いです笑
今回のはじこいは番外編も面白かったですね!!( ˃ ⌑ ˂ഃ )ベタな展開と、そうじゃないところが絶妙ですよね。気持ちがゆっくり表現されているところも好きです。
まさしのプロポーズは、断ったということなんでしょうかねぇ??ゆりゆりとキスして嬉しかったとカミングアウトしてますしね。どーなのかなぁ??
山下くんの元嫁は、上品で真面目な感じでしたね。昔の順子みたいな感じなのかな?ここはモトサヤにおさまりそうな気もしますが。
次号はラブホでどーなるのかなぁ??一線は超えないにしても、ちょっと触らせてあげるくらいの展開になったらいいですね笑
| さやです | EMAIL | URL | 19/12/11 12:05 | gJTtY75k |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2216
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   04 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん