Cocohana(ココハナ)2020年1月号感想
表紙&巻頭カラーは「アシガール」。
森本先生の存在感、いまだ健在。


Cocohana(ココハナ) 2020年 1 月号 [雑誌]


ココハナ、今月号から紙と電子が同時発売。
今まではだいたい毎月1日、紙より2,3日遅れていたわけです。

これを機会に、電子版を買うようにしました。
紙はどうしても処分の手間がかかります。
デメリットはふろくがない事ですが、
私はふろくは全く使いませんし。
アンケートに答えられないのは、チト痛いが。

クッキーも同じく紙・電子同日発売になったので、
次号から電子にします。

これで、電子のタイムラグがあるのは
ザマーガレットだけかな。

「G線上のあなたと私」、
いくえみ綾先生の撮影見学イラストあります。

これまでの感想は
漫画・本 ココハナ

◎作品感想
◆スペシャルふろく
2020年ココハナスイーツカレンダー

豪華作家陣によるオール描きおろしイラスト。
……だ、そうです。
電子なんで現物確認してません(^-^;

◆森本梢子[アシガール]
村上城の室屋勢攻め、自ら軍の先頭に立つ若君。
危険ではあるが、これには計算もある。と思う。

・軍の士気が高まる
・若君は「羽木忠清」ではなく「御月清永」という別人になり、実績ゼロの状態
・ここで戦に強いというアピールを、
 信長や周辺の領主にしておく必要がある
・一目置かれれば、その分攻め込まれる危険性が減る

小勢力が戦国を生き抜くのは大変なのです。

もちろん、だいたいの敵は
未来のひみつ道具で撃退できるという計算もあるでしょう。

とはいえ、でんでん丸でも
弓矢や鉄砲は防げない。
刀で矢を叩き落としたのはかなりすごい。

◆田島みみ[嫁にしたい男]
海外赴任なくなりました。
だと思った!

◆香魚子[昔の友達]
読みきり。
別マの香魚子先生、ココハナ初登場。

中学時代の同級生と職場で再会。
どこか華があり大人びた同級生とは、
疎遠になったわけがあり……という話。

香魚子先生の絵には素人目にも美しい。
小説の挿絵も手掛けるほど。

ただ、なぜか別マでの連載はなかなか長続きしない
(直近の「霜月先生の甘くない恋愛講座」が全2巻計8話)。

ちょっとお話が物足りないと思う事はあります。
今回だと、優しそうな眼鏡の本性がわかってから、
なんかヒネリがあると良かったな、と。

◆稚野鳥子[クローバー trefle]
最終回。

30代の女性を3年放置。
細谷さんってノンビリしてらあ……。

終わりよければすべてよし、なのか?

◆いくえみ綾[1日2回]
回想シーンでれみ達3人が遊んでるゲーム機は、
セガサターンか初代プレステでしょうか。
20数年前と考えると。

「ええ私
元鍵谷の松宮改めの鍵谷…
鍵谷改2号機であります!」

職場でヤケクソの季(とき)さん。

古畑任三郎の向島くんみたい
(婿入りで改姓→離婚で元の姓に戻る)。

苗字を変えると、こういうやるせない瞬間もあるのか……。

◆吉住 渉[キャラメル シナモン ポップコーン]
ボディガードと恋に落ちるヒロイン。

神代くんがこれから玉砕すると思うと、
気の毒で仕方ない( ノД`)

そして、もう一人のイケメン枠は……中学生?

◆高梨みつば[乙女椿は笑わない 番外編]
メイドの加代さんの番外編。
読者サービス……なのか?
私(♂)には全然サービスじゃないけど。

湊さん、シップを貼るなら先にそう言ってください。
いきなり脱ぐな(^-^;

高梨先生、基本はイケメンと美女の華やかな漫画ですが、
ときどき全力でボケてくるのがいいと思う。

◆谷川史子[はじめてのひと]
花房さんにフられた恵麻さんと、
おバカな大学からの腐れ縁の男、の話。

愛より生活の安定を求めて合コンするエマさん、
生存戦略だそうで、ここまで言われると清々しい。

さて、タナベくんの頑張りに期待。

◆蜜野まこと[お迎え渋谷くん]
渋谷弟の太陽くん、お兄さんの仕事場を取材。
そしてやりたい放題。
フリーダムな典型的次男(^-^;

今回、はじめて渋谷くんのすごさが明らかに。
収録&取材が一日に何度もある。
その激務をこなして、3時に帰宅。
さらに寝込んだ青田さんのおじやを作る。

超人です。
売れっ子俳優ってすごいんだな。

で、太陽くん→マネージャーの品川さんのフラグも立ちました。
これはこれで楽しそうですが、
メインキャラの恋愛がおろそかにならないといいのですが。

◆こう森[きみのすきなひと]
だんだん面白くなってきました。
仕事や職場のディテールを描いてくれる漫画は好きです。

そりゃココハナなんて恋愛は軸なんですけど、
大人なら、仕事もそれなりに日々のウェートを占めるはずなので。

桐くんの目的が徐々にわかってきました。
とりあえず、バイトが悪目立ちするのはまずい。まずいね。

◆槇村さとる[モーメント -永遠の一瞬-]
五輪候補選手って、すごいプレッシャーかかるんだな、と思いました
(小並感)。
若いうちから決断の連続だ。

◆中原アヤ[おとななじみ]
なかなか本心を認めたがらないハル。
比べてはダメなのだが、
「ダメ恋」の主任と比べると、あまりにも煮え切らない。

楓のお母さんの約束を律儀に守っているのはいいんだけど。
もう付き合って守ってあげなよ。

付き合う・付き合わないがさっさと片付いたら少女漫画はおしまい。
それもわかるのだが。

◆萩尾望都[王妃マルゴ]
ウッソンの山城に閉じ込められて十数年経つマルゴ。
その間、夫のアンリ4世ナヴァルは日の出の勢い。

このアンリ4世、劇中でも奥さん愛人とっかえひっかえで
大層エネルギッシュですが、
Wikiだと一説には愛人が56人だそうで。
やる方もやる方だが、数える方もよく数えたな(;゚Д゚)

「英雄色を好む」を地で行くお方です。
素行はともかく、カトリックとプロテスタントの戦争を終わらせたんだから、
いい王様なのでしょう。

マルゴと離婚して迎えたマリー・ド・メディチとは、
政略結婚ではあったが6人の子をもうける。
昔の人ってすごいね。

王宮では陰謀が絶えませんが、
それでもパリに戻りたいマルゴ。
望郷ということでしょうか。

◆榛野なな恵[Papa told me]
背の高い、気遣いのできるお兄さんの話。

女性は若くても「おばさん」と自虐するので、
実は30代前半というオチだったりして。

◆田村由美[イロメン ―十人十色―]
white lie=罪のないウソ。

◆西村しのぶ[砂とアイリス]
あの「奥さん」の頭からかぶってるのは、
アラブ風の何か?
レインコートでは絶対になさそう。

◆シタラマサコ[婚活大陸]
眼鏡さんの方が婚活卒業宣言。

次回、もしかして最終回?
予告ページでは書いてませんが。

◆朝倉世界一[俺輪 おれりん]
スケートボードの話。

◆くらもちふさこ[とことこクエスト]
G線上のあなたと私、現場レポ。
中川さんの酔っ払い顔が良かったらしい。

◆武田愛子[ほなみ店長は働かない]
カバーはつけないので、いつも断ります。
カバーのいるような破廉恥な本は、電子で買ってます(;^ω^)

面陳台=透明なブックスタンド
プッシュしたい本を立てかけたりするもの、らしい。


◎次号
表紙
[抱きしめて ついでにキスも]

巻頭カラー
[おとななじみ]

カラー&連載再開
[美食探偵 明智五郎]

オムニバス新連載
アン・ミツコ
[コリドー街の女たち]

山口いづみ
[あとは2人でごゆっくり 後編]
前編はかなり前だった記憶が。
| 漫画・本::Cocohana(ココハナ) | 17:13 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2217
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん