河原和音「素敵な彼氏」第45話感想(別冊マーガレット2019年12月号)
表紙&巻頭カラーは「消えた初恋」。


別冊マーガレット 2019年 12 月号 [雑誌]


奏音(かのん)さんとののかの対決!
今回は、ののかがカッコいい。
それに尽きます。

カッコいいのは男子だけじゃないよ。

単行本11巻の書影も要チェック。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

◎前回のあらすじ
・ののか、受験失敗の悪夢
・LINEブロックにもくじけない、元カノV3こと奏音さん ~運命を信じる女~
・桐山くんのあからさまな不調
・細谷くん、名推理
・奏音さん、カフェに出現
・素敵な彼女技その27「彼氏の名前呼び」

※桐山くん不調のため、素敵な彼氏技その42は次号に持ち越しです


◎今回の表紙
コートを羽織った、冬服スタイルの桐山くんです。
たぶん、制服の上着の上にコートだと思う。
社会人っぽくもあるけど。

そして、右下隅に11巻の書影が。
ラブラブです。恥ずかしくて書店で買えない(^-^;
買うけど。


◎今回のあらすじ
かのんと見えない火花を散らすののか
目をそらしたのはかのん

その後、ドリンクだけ買って帰るかのん

「言えなくて なんとなく」と、
弁解する桐山くん
「ののかに嫌な思いさせたくなくて ひとつも」

カフェで勉強はしたものの、
すっきりしないままの、ののか

翌日、カゼを引いてしまう

桐山くんに心配され、
元カノのせいと思われないよう、元気にふるまう
困ってないアピールするが、桐山くんは元気なさそう

一方、かのんさんは友達に
もう桐山と絡まないよう止められる
絡むつもりはないが、勝手に会っちゃったら運命だよね、と
聞く耳なさそうなかのんさん
親が塾を決めてきたらしい……

翌日、学校でカウントダウンのチケットを渡される、ののか
その微妙な表情に意を決し、
人気のなさそうな踊り場? に桐山くんを連れていく

「もうやめたい
私がすぐ混乱して 桐山くんにフォローしてもらうみたいな
いっつもそうじゃん」

そして!

続きはお読みください!


◎感想
ののかが成長を見せました。
大事なのは、ののかからキスした事じゃない。
いやキスも大事だけど。

彼女だから、悩ませたり困らせたりしてもいい。

桐山くんの
「ののかに嫌な思いさせたくなくて ひとつも」
と、対になるセリフですね。

彼氏としては、彼女に嫌なものを見せたくない、
当然の発想。
でも、生きていく上で避け続けることはできない。
時には立ち向かうこともある。

ののか、たくましくなりました。

中盤レベル1で加入して勇者たちの足を引っ張ってた遊び人が
賢者に転職したぐらいの頼もしさあるね。
(ドラクエ3ネタ)


次号も大丈夫じゃない?
と私は思います。

かのんさんが桐山くんと同じ予備校に通うことになったとして、
それで揺らぐとも思えません。
昔、かのんさんと桐山くんの間に何かがあったとして、
それをののかが知っても、乗り切るんじゃないかと思う。

でも、河原先生は時々黒いからなー。
なんかえげつない展開があるかも。
もうちょっと不調桐を続けるかも。

でもまあ、最終的にはラブラブでしょ。

初期と比べると桐山くんもぱっとしない場面が増えましたが、
それも味が出ていいと思う。
別マは性質上パーフェクト男子が多いので、
これぐらいスキがあった方が楽しいです。私は。


◎その他
◆ののか、かのんさんの第一印象「ムーディーで~」
なんじゃそれ。

ムーディ勝山!?
ムーディブルース(ジョジョの奇妙な冒険第5部のスタンド)!?

ムードがある=色気? 存在感がある? ということかな。

◆「勉強しまう~~~!」
勉強しよう、の打ち間違い。
ののか、かわいい。

◆ぴょん ガッ べしっ
ジャンプして着地失敗。
ののか、かわいい。

あざとくない可愛さの表現がうまい。

◆勉強くれくれ妖怪
恐怖を感じている丸亀先生(;^ω^)

こんな状況でも、風邪をひいても受験を忘れない、ののか。
立派だと思う。
恋愛で揺れたとしても、すべきことはちゃんとする。

◆ののか弟「うつさないでね! 俺受験生だから」
えー、ひどい(´;ω;`)
お姉ちゃんも受験生なんですけど。

我が道を行く、3人兄弟の真ん中タイプ……
(ののか妹と弟、どっちが年上かはっきりしないけど)

こんな事言われて怒りもしない(たぶん)ののか、
できたお姉ちゃんだなと思う。

◆おふろの水入れてる途中に寝る? ののか
ののか弟がウッカリ抜いたと見た。

◆細谷くんといる時の、エリハ様のポーズ
ある人に教わりました。
バストアップ体操らしいです。



私は、そんなのわかんないので、
「ウルトラマンが怪獣ケロニアの怪光線を受け止めた時の構え」だと思ってました。
そんなもん、今をときめくJKが観るワケねーだろ。


の1:00あたり。スペシウム光線のポーズじゃないよ。

※初代ウルトラマン第31話「来たのは誰だ」

◆あせって塾を決めたかのんさんの親
高校3年秋の段階で塾入れて効果あるか?

かのんさんの態度からして、
模試では余裕の判定だけど、念のために、ということかな。

友だちの「ずこー」がおかしい。
処置なし、って感じで。

◆彼女中級
あれだけできて「中級」。
ののか、謙虚です。

桐山くんのアクの強すぎる歴代彼女を見て、
自己評価が低くなっていると思われ。

◆「桐山くんにフォローしてもらうみたいな
いっつもそうじゃん」

……フォローしてたっけ?

むしろ、肝心の場面で何も言わず
ラブラブちゅっちゅか「ははは」でごまかしてた印象が。
例外は、17話くらいじゃなかろうか。

ののかが煮え切らなかったのは、
奨平が出てきてから、2度目のカウントダウン直前までだと思う。


◎今月の河原先生
スピッツの新アルバムよかったです。
YM71D(やめないで)が好き♡



◎単行本11巻
書店だと特典あります。

(1)アニメイト特典:イラストカード
今回のカラー表紙と同じ。
【コミック】素敵な彼氏(11)

(2)一部書店にて描きおろしPOPを公開


(1)(2)とも欲しい方は、
公式さんの情報をチェック。


◎『素敵な彼氏』LOVEクリアファイルプレゼント
今月の別マ本誌カラーページ
「素敵なイルミネーションMAP」についてる応募券か、
単行本11巻(紙版)の応募券をはがきに貼る。

詳しくは、別マ本誌参照。


◎別マの他の作品感想
◆[消えた初恋]原作:ひねくれ渡 作画:アルコ
どたばた勘違いラブコメ、と見せかけて、
恋する気持ちを丁寧に描いている。

井田、青木から「好き」と言われて嫌な顔するでもなく、
どう答えるべきか、真剣に考えている。
橋下さんも、決して茶化さない。

こういう作品に抵抗感はあるけど、
騒がずそっと見守ろうと思います
(親みたいだな)。

作品ができるまでのレポまんがと、
企画「別マのプライベートをネホハホ」もチェック!

◆[そこの恋するバイト諸君!]水野美波
不定期連載。
「恋僕」はお休みです。

バイト先の面々全員に何かしら出番がある。
これは結構すごいと思う。

ゆうやが破壊したドアノブやスプーンの代金は、
バイト代から天引きされるのかな。

◆[春と恋と君のこと]綾瀬羽美
泰臣くんのセリフ破壊力あるな。
王子様タイプのイケメンは言うことが違う。

かほ先輩が無理に迫る感じでもなく、
さほど嫌な感じがしなくてよかったです。

◆[君がトクベツ]幸田もも子
アイドルが本気を出して振り向かせるとどうなるか、という話。
仕込みからして違う。さすが。

ジャンプした後のさほ子の反応がイマイチで泣いちゃう皇太。
面白い兄ちゃん。

さほ子のセルフツッコミも面白いです。
直前のコマを破くか(^-^;

◆[ひなたのブルー]目黒あむ
連載再開。

夏休みに幼稚園をOB訪問する生徒会長・副会長。
なんか立派だね。
メガネの副会長は、よくあるオカン系ですね。

◆[テリトリーMの住人]南塔子
穂積にアタックする新キャラ・西巻さん登場。
したたかですが健気なようでもあり、何にしても穂積は恵まれたヤツ。
ラストのページ、彼の成長を感じました。

ただ、余ったキャラにも救済、というのは
予定調和を感じて諸刃の剣ではありますね。

高校デビューでも、まみちゃんと朝丘さんはくっつきそうで
結局くっついてない。
私はそういうさじ加減が好き。

じゃあ、どんな展開がいいんだよと言われると、
思いつきませんが。
エマに再アタックも描きづらいよね。

◆[シンデレラ クロゼット]柳井わかな
黒滝先輩、背伸びせず、自分の気持ちを話すのは好印象。
光もアリだが先輩もアリか……異性の友達多そうなのが気になるけど。

メモ:摩擦は肌の大敵。

◆[そのキス間違ってます]中河友里
今回、東京⇔山梨間を一晩で自転車で往復した鳴神くんですが、
そんなことが可能なんでしょうか。
検証してみました。

東京⇔山梨間
東京~甲府市だと片道約130km、往復260km
東京都~甲府市

所要時間
放課後から朝まで
仮に17時~翌7時とすると、14時間

260km÷14=18.57...
つまり、1時間に18.6km移動すればいける。

自転車種類別!自転車の速度(時速)まとめ
によると、

1 【ママチャリ】平均時速 12-19km
2 【マウンテンバイク】平均時速 18-25km
3 【クロスバイク】平均時速18-25km
4 【ロードバイク】平均時速20-30km

ママチャリ以外ならイケる!
……疲労しなければ。

鳴神くんの本気はわかったよ。うん。

◆[たまのごほうび]星谷かおり
最終回。お疲れ様でした。

別荘の一夜、やっぱり玉緒くんは一線を越えず。
女性に迷いがあるうちはしない。それでこそ男!!
あと、ゴムがないからしない。それでこそ男!!!!

ラストシーン、もう3人目。
仕込むのが早い(;^ω^)

◆[月のお気に召すまま]木内ラムネ
あんなに真剣なのに、今日も先輩に思いが伝わってない月。
身長差って大事だなと思いました。

◆[ふつうな僕らの]湯木のじん
写真部の金沢旅行。
茶屋街、金箔アイス、兼六園。

ラストシーン、柴崎くんのある秘密が。
「ふつうな」ってタイトルには、彼も含まれていたんですね。
8話だから、たぶん単行本2巻のラスト。
のじん先生すごい爆弾投下しましたね。

表紙と、柴崎くんを問い詰める日高さん、
なんとも言えず色気がある。

◆[見上げれば、恋。]結木悠
最終回。お疲れ様でした。

主役の2人はあまり印象に残らず。
最初の連載ですからね。

お兄ちゃん、「残飯」なんて言っちゃだめ!
感謝して食べなさい!

◆[星子画報]凹沢みなみ
マイクロコンテンツ、11/25より配信決定。
結構人気あると思いましたが、
紙版のハードルは高いですね。

いぬおくんのバイト編。
劇中でみんな「犬」って言ってるけど、
犬でも人間でもないバケモノだと思う。

「愛されたいって願うのは自殺と同じ」
そうなの?

◆[目の付けどころがディープでしょ]明生チナミ
ふろくのショートが本誌登場。

角田先輩は、学生起業してそうな感じですね。
というか、もろジョブズですね。
レバレッジというのは「てこの原理」の「てこ」で、
成果を何倍にもする、という考えです。

昔はそういうビジネス本を読んでましたが、やめました。
疲れるだけだから。
そういうのは読みたい人だけ読めばいい。

◆[茜君はいつも恋を見てる]香坂みり
クリスマスも働いてる人がいる。
ありがたい話です。

◆[ダサ彼!! ] 城綾音
俺人形が気持ち悪すぎる(;゚Д゚)
海外のホラー映画にこんな奴いたような。
腹巻きもイカれてるわぁ……。

◆[あいまいもこもこ団] 保奈実
ピクルスホルダー。
Bluetooth連動! ハイテク!
でもさあ、なんか汁垂れてない?

◆[モテないメモリー] かねこゆかり
クリスマス、健気なゆっこに神様からの贈り物。

予約済みのケーキをなんで店頭に並べるんだって疑問は、
この際置いておこう。

欄外の「モテメモ川柳」もチェック!
みんな投稿しようぜ。


◎別冊ふろく[とっておきのLove&Happy♡]
表紙は香魚子先生。
クリスマスらしく、ラブがいっぱいのイラストです。
香魚子先生はココハナ(11/28ごろ発売)に読み切り[昔の友達]が載るので、
気になる人は読もう!
ココハナ2020年1月号

◆[ひねくれたがり]柚野マミ
背が高くて浮いちゃう女子の話。

比べると申し訳ないんだけど、
「ハルxキヨ」と比べると、突き抜けっぷりが物足りない。
アレが描けるのはオザキ先生ぐらいだけど。

◆[たなか千愛]親友想いなキミのこと。
親友の女子大好きっ子なヒロイン。
しかし、その親友に彼氏ができてしまい。

明るいノリで楽しく読めました。
一見冷たいけどいい奴、って王道だなと思う。

◆[あまくてぱちぱち]井上アコ
ケンカップルのお話。
カリカリしてる顔から、恋している顔への変化はいいと思う。

ラストシーン、あんな転倒したら鼻血出そう。

◆[ポップコーン]保奈実
記念写真にいつも変顔するヒロイン、その理由とは。

ギャグと見せかけて、よくあるコンプレックスを題材にする。
保奈実先生でないとできない芸当ですね。



◎河原和音先生に聞く! 実践ネーム塾
石田アズ・にしひろあき・松尾夏生先生によるインタビュー形式。
漫画は1~4回が石田先生、5~8回以降は松尾先生、9回以降がにしひろ先生。
ロングバージョンは別マ公式サイトで読めます。

第9回 ネーム その(1)
第8回 ストーリー その(4)
第7回 ストーリー その(3)
第6回 ストーリー その(2)
第5回 ストーリー その(1)
第4回 キャラクター その(3)
第3回 キャラクター その(2)
第2回 キャラクター その(1)
第1回 インプットの秘訣


にしひろ)ちっちゃいネームの段階で気をつけていることはありますか?
河原)何か「これ」というセリフやエピソードみたいなものが入っているかどうかは気にしていますね。そういうものが場面ごとにないと、おもしろくならないので。


河原先生に限らず、うまい先生は要所でパンチのある場面を入れてきます。

決める場面(告白とかキスとか)はいいんだけど、
そこまでが薄味……というのは、
若い先生の読み切りでたまにありますね。


◎次号
◆巻頭カラー
[今、恋をしています。]
八田鮎子

◆表紙
人気連載大集合

◆特別ふろく
[別マスケジュールBOOK 2020]
連載陣のイラスト入り

◆センターカラー
[ひなたのブルー]
[恋を知らない僕たちは]
[テリトリーMの住人]
[ふつうな僕らの]

◆読み切り
[たまのごほうび 番外編]
星谷かおり

◆本誌初登場読み切り
[ぶきっちょの恋煩い]
清水奏良

◆連載2周年 2本立て
[ダサ彼!! ]


◎余談
「星子画報」のマイクロコンテンツ(電子版)の宣伝のページ、
最下段に、ともすえ葵先生の「きみの世界にいていたい」の告知が。

 _, ,_
( ゚д゚)パァン!!
  ⊂彡☆))Д´)

なんですか、この扱いの差は!

これじゃ、オマケみたいじゃないですか。
反響は星子画報の方があるかもしれないけど、
だからって、新刊の告知が1行だけというのは、
あまりにも冷たいのでは。

ただでさえ、コミックスが電子のみというのは、
ファン心理的に複雑なのです。
書店にないんだから。
貸したり配ったりしておススメもやりづらいんだから。

だから、電子のみの作品の宣伝というのは
紙以上にしっかりやるもんだと思います。

ともすえ先生がこのページ見てヤル気なくす、
あるいは編集部に不信感を抱いたら、どうするんでしょうか。

僕は今怒りを感じています。
(今月の丸亀先生風)


◎裏表紙
「チェブラーシカショップ」。
11月号から2か月連続。
去年もチェブラーシカが数か月連続したことありました。


◎リンク
前作やその他の作品について
漫画・本 河原和音「青空エール」
漫画・本 その他の河原和音作品
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 23:05 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2213
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん