河原和音「素敵な彼氏」第44話感想(別冊マーガレット2019年11月号)
表紙&巻頭カラーは「君に届け 番外編 ~運命の人~」。


別冊マーガレット 2019年 11 月号 [雑誌]


発売日10/12が台風19号上陸とぶち当たりました。
漫画を読めるというのは、ありがたいことです。

さておき……。

元カノ3号、ついに今カノ・ののかとご対面。
過去に囚われた直也姫を救えるのは、ののか王子だけです。
あれ?

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

◎前回のあらすじ
・3度目のカウントダウン近し
・細谷にのろけまくる桐山くん
・細谷「なんかこの予備校寒くない?」
・元カノ3号との再会
・桐山くん、謎の発熱
・素敵な彼氏技その41「徹底した塩対応」
・素敵な彼女技その26「お見舞いラブラブ右手重ねキッス」

※最後のは、適当に書いてるだけなので深く考えないでください


◎今回の表紙
カラーです。
このファッションはアメカジってやつでしょうか。
渋谷のセンター街にいそうな2人。

自撮りしてるから抱き寄せてるわけですね。
このままインスタに上げると。
私はいいねボタンは押さない……爆発しろボタンなら1000憶万回押す。

ののかの持ってる黄色い筒は、
ボトルかタンブラーでしょう。
大穴で海苔の缶(ねーよ)。


◎今回のあらすじ
受験の夢を見るののか
夢の中、自分だけが落ちていた

悪夢について木名瀬さん、エリハ様、
そして桐山くんに相談する、ののか
特に解消せず

桐山くんはいつも通り甘くて優しいが、
時折曇った表情

一方、元カノ3号(名前は奏音/かのん)から桐山くんにLINEが
即ブロックする桐山くん

翌日、桐山くんは遅刻
「ねぼう」とごまかす桐山くんだったが、
実際は成績が落ち、遅刻欠席も目立っていた

こっそり聞いてたののか、
細谷くんとエリハ様に相談タイム

細谷「あいつ……
ののかちゃんを……
好きすぎるかも!」


(ここの3人の顔が傑作なので、是非読んでみてください)

もちろん結論は出ず、
大学前のカフェで勉強がてら桐山くんに直接ぶつけることに

ののか「桐山くん…
悩んでることとか …あるんじゃない?」


やむなく切り出す桐山くん、
そこに奏音さん、登場!

このカフェと彼女の高校が近かった
前回の桐山くんとの再会に「運命」を感じた奏音さん、
LINEブロックにもめげず、
ののかを彼女と紹介されても、おかまいなしにアタックしてくる

ののかも黙っていない
ののか「ふたりでやるので!!
…桐… 直也と!!」


伝家の宝刀・名前呼び!

火花を散らす元カノと今カノ、そして彼氏。
以下次号。


◎感想
非モテの私としては、桐山くんに対して
「こんな面倒な子につきまとわれて可哀想」というのと、
「オイシイ思いもしたんだし、たまにはいいんじゃないの」と、
半々の気持ちでございます。

エリハ、真央、ときて奏音さん。
正直、また元カノか、となりましたが、
今回はののかが頑張る、ということで
これまでとの違いを出してきました。

恋は楽しいことばかりじゃなく、
時として頑張らないといけないもの、みたいです。

それにしても。
モテる人を恋人にすると、こんな大変なのだろうか
(桐山くんはわかりやすい学校の人気者ではないけど、
交際経験が豊富なのは確か)。

世の恋愛上級者ってタフなんだな、と思う次第。

もうひとつ、ののかが桐山くんに
「悩んでる」って直接訊いたのは、大きい。
今までだと考えこむだけで、何もしないか、
そもそも気づかない。

成長してますね。
しょくぎょう:かのじょの熟練度が上がってます
(ドラクエ6ネタ)。

桐山くんは果報者だと思います。

何度も書いたけど、
ののかも充分「素敵な彼女」です。

カウントダウン前の障害、
奏音さんとの対決をどうまとめるのか。
次号も楽しみです。


◎その他
◆ののか「夢の中でも桐山くん優しかったし」
「布団の中でも」と読み間違えて
まぁ小桜さんはしたない、と思ってしまいました。

直前に布団がどうのこうの言うから。
そして桐山くんがエロいからいけないんだよ(責任転嫁)。

◆『運命』を信じる奏音さん
LINEブロックされても、なおアタックする奏音さん。
今回はダメでしょうが、
人生これぐらい鈍い方が幸せかもしれない、と思う。
アンテナが敏感で、気にしすぎて疲れるよりは。

行動するってことは良いこと。
モテないメモリーの特集で、
たんぽぽ川村さんも「いろんな人と話して恋をして」と
言われてますし。

読者視点だと痛々しい子に見えるけど、
現実にいそうな、ちょっと困った子にも思えます。

河原先生のことですから、
奏音さんにも何かしら救いがあるんだろうな、と思う。
奨平や木名瀬さんと同じく。

◆MMR
「ののかちゃんを……好きすぎるかも!」と言った細谷くんと、
ののかとエリハ様のリアクションのこと。
むろん勝手な命名。

わかんない人は「MMR(マガジンミステリー調査班)」か
「な なんだってー」でググってください。

『つまり、第3の彼女の登場は、
ノストラダムスが予言していたんだよ!』
『な なんだってー!!』

◆カップルシートの記事を読んでる丸亀先生
無の表情である。

・リア充だらけなのを想像してゲンナリしてる
・自分も誰かを誘おうと思ってる
さあ、どっち?

◆メンタルコントロールできてなさそうなエリハ様
「東京」というワードに動揺する模様。

「東京都(ひがしきょうと)」だと、どうでしょうね。
※実際はそんな地名はない、はず

◆木名瀬さんと神田くん
相変わらずゲーム仲間で仲がいい。
たぶん、銃を撃ったりする対戦ゲーム。

最近は受験のためにお互いゲーム断ちしてるのですが、
神田くんは期間限定アイテム欲しさにログインしちゃったらしい。
ありそうな話。

こういう普通の描写がいいですね。
めちゃめちゃカッコいい男子は、この漫画だと桐山くんだけでいい。
他は適度に普通でいい。

◆「とりあえず厚着できてみたけど」
正直に申し上げますと、
薄着でも厚着でもあんまり関係ないんじゃないかと。

だって小桜さんないじゃん……む(自粛)


◎今月の河原先生
TVでラグビーとバレーボールのWCをみたりしていました
スポーツたのしいです



◎別マの他の作品感想
◆[君に届け 番外編 ~運命の人~]椎名軽穂
単行本1巻の続きです。

赤星と自分の部屋で話したい、
でも「男を部屋に入れる事」について心配なくるみさん。
それに対する赤星のセリフが秀逸。

これが少女漫画の良さだと思います。
大学生の男子の皆さんに読んで欲しい。

今回は「初めて男子を一人暮らしの部屋に招いてドキドキ」
言葉にするとただそれだけですが、
ドキドキの空気感が、さすがベテランの技。

とじこみふろくに特製クリアファイルつき。

◆[月のお気に召すまま]木内ラムネ
2本立て。

検索履歴でこんなに笑わせるのは、
別マじゃ木内先生だけだと思う。
攻守逆転するところも、いつもながらお見事。

「キャシーのドスケベ学園」
いかにも低予算AVなタイトルである。

「かぐや様は告らせたい」の赤坂アカ先生と木内ラムネ先生の対談つき。

◆[シンデレラ クロゼット]柳井わかな
冒頭で春香の夢を見る光。
夢精してないかが気になる(下品ですいません)。

光、過去に女2、男0.5と付き合ったそうな。
0.5とは?
女性の格好してた時に、
女性と間違われて付き合いそうになったとか?

人気STモデル*マシュー彩さんと柳井先生のgirl’s talkつき。

◆[モテないメモリー]かねこゆかり
連載50回記念2本立て。

文化祭のエピソードは涙なしには読めない( ;∀;)
しかも実話。

お笑い芸人“たんぽぽ”のコラボまんが・インタビュー記事掲載。
川村さんの初キスと初彼氏がしょっぱい。

◆[そのキス間違ってます]中河友里
新連載。

内気なヒロインと、コワモテなので誤解されてるヒーローの組み合わせ。
ヒーローがちょっと突っ走り気味で残念なのはすごくいい。
弱点があった方が読みやすいから。

ただ、もうひとつ何か欲しい。

ボイスドラマも別マのYouTube公式チャンネルで公開中。
かなり力を入れてます。


◆[テリトリーMの住人]南塔子
病弱だった宏紀のお兄さんの話、はあまり興味ないのでおいといて。

宏紀の元カノ登場。
てっきりエマさんが初カノだと思ったけど、
こんな爽やかバスケ少年がフリーなはずもない。
顔は今回は不明ですが、次回明らかになりそう。

◆[恋を知らない僕たちは]水野美波
英二、直彦、泉、海ではしゃぐ。
積年の思いにケリをつけた英二。
横恋慕が美しい形に落ち着いて、良かったね。
現実はこうはいかない。

ラスト、藤村さんにアタックしてる新顔の男子登場。
ソバカスの見るからにザコ顔の男で、
次回フラれると思うと少し気の毒。

◆[消えた初恋]原作:ひねくれ渡 作画:アルコ
青木くん、ついに井田への恋心を認めてしまいました。
いいのか、別マでそこまで描いて。
でもピュアな感情ではあるし、井田はナイスガイなのは間違いない。
なんでそんな男がフリーなんだ?

そして橋本さんから衝撃の事実。

この漫画、「あ行」の苗字が多いね
(青木、相田、井田)。

◆[ふつうな僕らの]湯木のじん
一颯先輩のそばにいることにした椿ですが、
まだ付き合ってはいない。
手話をしない先輩のお兄さんの事といい、まだまだ色々ありそう。

今回は「両手ニギニギ」につきる。
学校ですごいことをやっちゃってます。
むやみにドキドキさせようというのじゃなく、
先輩にそうする理由がある、というのがまた良い。

◆[君がトクベツ]幸田もも子
展開が早い。
この出し惜しみしない感じはいいですね。

叶翔、口は悪いが推進剤としてはうってつけ。

少女漫画の男子の絡みは必要以上にベタベタしていると思うことが
しばしばありますが、皇太と叶翔は程よい感じです。

◆[たまのごほうび]星谷かおり
しーちゃんのパパの別荘に、
カップル2人でお泊まり。

次回、最終回。
となれば一線を越えるかどうかですが、
私は越えないと思います。あからさますぎるから。
玉緒くんは慎重であって欲しい。

「玉緒の前で股開けんのかって聞いてんの」
ド直球なセリフ。
でもそういう事です。

◆[春と恋と君のこと]綾瀬羽美
夏祭り、浴衣、花火、リア充。

牛串と焼き鳥の会話がシュール。
食ったら一緒でしょう。

かごでポコポコされる藍里。
「女子のごきげん難しすぎる……」
そこをサラッとこなすのが少女漫画のイケメンのはずが、彼は普通ですね。

◆[星子画報]凹沢みなみ
目指せ、遊園地デートでインスタ映え。
なお実際は、浄雪くんと金山デート。
結論。背伸びしてもいい事はない。

浄雪くん、髪伸ばしたら作品で一番のイケメンじゃなかろうか。

次号BIGニュース。
たぶんコミックス。大穴でショートアニメ化。

◆[見上げれば、恋。]結木悠
柊さんとお買い物。

30ページ、差し出した手の筋張った感じ。
これは相当気合いを入れて描かれているはず。
男の私にはピンときませんが、萌えポイントの1つらしいです。

◆[ダサ彼!! ] 城綾音
ハロウィンの季節。
フツーの人も仮装する季節、では圭くんの仮装は!?
うーん、そう来たか。

リコは一見ツッコミ役だが、実は圭くん以上の大ボケ役です。

◆[あいまいもこもこ団] 保奈実
ワセリン内田くん、その後。

ワセリン入りパンぐらいじゃ今更驚きません。
気になるのは、
「2年間高校来てない内田くんが卒業証書もらえるのか」ってことです。

◆[世界がやさしくなる日まで]保澄さと
デビュー作。

ヒーローはあまり行動せず、
ヒロインが勇ましくカッコいい作品。
ギャグタッチを混ぜて緩急つけてるのも◎。


◎別冊ふろく[君にしか見せない、ナイショの素顔]
表紙は紗織先生。

◆[マスクちゃんの秘密]紗織
歯の矯正を気にして、マスクしてる子の話。

「ケバいしピアス多いしその上マスクしてるから近寄りがたいんだよ?」
いやまったく。
バンドやってる人みたいです。

◆[ラブリーサワー]松尾夏生
学校No.1イケメンと、クールな弓道少女の話。

部活のディテールは好き
(ゴムまりで握力を鍛える、俵をかつぐ)。

恋の部分は……松尾先生の今までの作品と比べると、今一つ。

◆[私の少女まんが的展開]夜野天
少女まんがが好きだけど、現実とは違うと切り分けている子の話。

「学園を支配する男子に『おもしれー女』と(以下略)」
よく考えるとナゾな設定。
花男の道明寺がそうですが、学生一人が支配する学園って一体。

夜野先生のコメント「陰キャなのに海外添乗できる資格もってます」
フライトアテンダントの事だとするとすごい。

◆[いい子じゃないから]志咲ほのか
優しくないし恋したくもなさそう。
そんな子が読みきりに出てくるのは珍しい。

「私ひねくれてるから『泣かせようと思って作られた映画でしょ?」
って思って泣けなくて」
わかります。
泣かせようって意図を感じると、逆らいたくなる。


◎河原和音先生に聞く! 実践ネーム塾
石田アズ・にしひろあき・松尾夏生先生によるインタビュー形式。
漫画は1~4回が石田先生、5回以降は松尾先生。
ロングバージョンは別マ公式サイトで読めます。

第8回 ストーリー その④
第7回 ストーリー その③
第6回 ストーリー その②
第5回 ストーリー その①
第4回 キャラクター その③
第3回 キャラクター その②
第2回 キャラクター その①
第1回 インプットの秘訣


読み切りではなくて連載の時のコツなんだけど、先のことを考えないで、今描いている話の中に全部入れるの。
(中略)
こわいよね、何も持たない状態でいるのは。
だけど、なんとびっくり、次の月になったらちゃんと何かが浮かんでくるのさ(笑)


軽くおっしゃってますが、それを毎月、しかも20年以上やってるのは
ごくわずかな先生だけだと思います。


◎次号
◆表紙&巻頭カラー
[消えた初恋]
原作:ひねくれ渡 作画:アルコ

◆センターカラー
[そこの恋するバイト諸君!]
水野美波
[素敵な彼氏]
[君がトクベツ]
[春と恋と君のこと]

◆別冊ふろくの人気作が本誌掲載
[茜君はいつも恋を見てる]
香坂みり
[目の付けけどころがディープでしょ]
明生チナミ

◆別冊ふろく
[とっておきのLove & Happy]
柚野マミ/たなか千愛/井上アコ/保奈実

◆連載再開
[ひなたのブルー]

◆最終回
[たまのごほうび]
[見上げれば、恋。]


◎裏表紙
「チェブラーシカショップ」。
あの愛くるしいロシア人形が帰ってきた!
6月号から5か月連続の「声優百年食堂」がついに陥落!
次号は声優が玉座に返り咲くか、
はたまたちびまる子ちゃんが戻ってくるか……
どうでもいい? そうですか。


◎リンク
前作やその他の作品について
漫画・本 河原和音「青空エール」
漫画・本 その他の河原和音作品
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 07:55 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2204
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   11 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん