FEEL YOUNG(フィール・ヤング)2019年10月号感想
表紙&巻頭カラーは「後ハッピーマニア」。


FEEL YOUNG(フィールヤング) 2019年 10 月号 [雑誌]


安野先生の帰還ということで、
けっこう話題になってるようです。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆安野モヨコ『後ハッピーマニア』
安野先生は「働きマン」の序盤と
「鼻下長紳士録」しか知らないのですが、
面白かったです。

面白くなる予感、という方がいいか。
引き込むパワーがありますよね。

夫婦の3組に1組が離婚するといわれる現代、
離婚(危機?)をどう描くか、興味あります。

フクさん、
「三点責め」について、ご教授いただきたい。

◆志村貴子『ビューティフル・エブリデイ』
義理の兄妹(姉弟?)のムフフな一夜。
志村先生ならもっとドギツイの描けそうですが、
ソフトでした。胸キュンにとどめました。

今後も「あやまち」が起こりそうでワクワクします。

◆有生青春『婚姻届に判を捺しただけですが』
ラストの柊さん、静かな怒り。
あのネックレス(多分)、美晴さん以外に贈るというオチと見た。

◆いくえみ綾『そろえてちょうだい?』
ゲボの形状で、どの猫が吐いたかわかる。
すごい。

◆ねむようこ『君に会えたら何て言おう』
キリのお母さんの子宮切除。
内臓って、切り出すと思ったより小さく、薄いです。
胃がんで切除された胃の一部を見たことがあります。

実家でも、土日にホットケーキ焼いてました。
休日なんで、家族の時間があったんですね。

◆ためこう『ジェンダーレス男子に愛されています。』
石原さとみのCMがわからない。
テレビない(;^ω^)

◆秀良子『あさっての皮算用』
山林で山菜などをとってたら、
カバンに入った一億円を拾ったよ、って話。

昔、竹やぶに捨てられた一億円が話題になったらしいが……。

私なら届ける。
お礼だけでも十分な大金になる。

それに、一億円じゃあ、一生遊んで暮らすには多分足りないし。

◆えすとえむ『いいね! 光源氏くん』
カインくん、平安時代に何の疑問もなくなじむ。
トイレとかびっくりしなかったのか。
全部「セット」で乗り切ったのだとしたらすごい。

自分は好き放題女性をひっかけてるくせに、
自分の女が声かけられるのは嫌な光源氏。
これだからイケメンは。

◆大川ぶくぶ『大川ぶくぶのお日記させていただく。』
タピオカ=バカの飲み物。

◆加納梨衣『カノジョは今日もかたづかない』
部屋をキレイにするコツ。
一か所だけキレイにしたいポイントを決める事。
ふむふむ。

深川さん、なんだかんだいい人だね。

◆じゃんぽ~る西『TOKYO異邦人』
3.11の頃のカレンさん。
フランスの認識は津波も原発事故もひっくるめて
「FUKUSHIMA」という単語で表すらしく、
さもありなんという感じである。

どこかの海外映画では、
「NAGASAKIする」という単語を「ぶっ壊す」程度の意味で使ったとか……。

◆鴨居まさね『にれこスケッチ』
魂のバツ1=半年以上同棲して別れたこと

これは、元サヤ展開なんでしょうか。

◆かわかみじゅんこ『パリパリ伝説』
卒業証書は捨ててる派です。使わん。

◆長田亜弓『やわ男とカタ子』
もじょ丸改め、きよ香さんの恋が始まりそう。
ポイントはイケボ。
中村悠二というのは、中村悠一さんのもじりですね。
ブチャラティならば仕方ない(なにが?)

サブキャラの恋愛パートでも、
メインキャラのイチャイチャを忘れてないのは、さすがです。

◆劇団雌猫・シバタヒカリ『だから私はメイクする』
男が同僚女性のメイクをどーたらこーたら言わなくてよい、
という話。

タッチアップって野球用語しか知りませんでした。
美容部員さんにメイクしてもらうことでもあるんですね。

◆町麻衣『アヤメくんののんびり肉食日誌』
アヤメくん、電気も止まってがけっぷちの椿先輩を助ける。
テンマくんとのワンナイトラブ疑惑ごときで、
先輩を見捨てる男ではありませんでした。

でも、お金を出すってことは、先輩が負い目に感じるかもしれない。
同棲もアヤメくんの部屋ですよねぇ。
アヤメくんがいいとこ育ちだからできるわけで
(たぶん。パパが有名な博士だから)。

当座をしのぐには仕方ないとして、
今後はどうなるか、気になるところ。

ヴェロキラプトルは、おいしそうな感じしませんね。
ジュラシックパークでは肉も食ってたし。

◆くらっぺ『はぐちさん』
ソーメンズ・ハイ。

◆河内遙『リクエストをよろしく』
チーコ姫、延長18回は長すぎィ!
高校野球では延長15回に短縮され、
現在は延長13回からタイブレークであります。

雪室さんの気合いいれすぎスタイルにビックリ。
「いつものアンタの方がいい」って、
水無月さんも天然ジゴロですわ。


◎次号
表紙&巻頭カラー
「違国日記」

「きみが心に棲みついた」
最終回

「TOKYO異邦人」
最終回

岩岡ヒサエ
「きちじつごよみ」
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 21:31 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2197
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   10 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート