KISS(キス)2019年4月号感想
表紙は「やんごとなき一族」。


Kiss(キス) 2019年 04 月号 [雑誌]


「彼と彼女のヒストリごはん」
「東京アリス girly」
は、休載です。

「七つ屋 志のぶの宝石匣」
は6月号から再開。

これまでの感想は
漫画・本 KISS(キス)

◎作品感想
◆御手洗家、炎上する/藤沢もやし
真希子さんが怖すぎる回。
こんな怖い奥さんには、パパも言うなりですね。
というか、経緯からしてこの人を信用してはダメですね。

そして婦長さんも怖すぎます。

◆逃げるは恥だが役に立つ/海野つなみ
みくりさん、おめでた。
でも、会社のことを考えると、色々悩ましいようで。

そして、平匡さんは予想通り塩対応。
ここは海野先生がうまいと思いました。

どうしても男性には直接的な変化がなく、ピンとこない
(原因となる行為はせっせとやっといて、勝手な話だが)。

そして、平匡さんは感情よりロジカルで動く人なので、
そんな大はしゃぎしない。
「サポートしますので」も、ああいう言い方しちゃうのも
悪気はないんだな。

そんな平匡さんにも、遅咲きのモテ期。どうする。

◆ホタルノヒカリBABY/ひうらさとる
帰省。新幹線でお子さんと移動にチャレンジ編。
さすがの部長も、コワモテのおじさんには委縮するみたいです。

しかし、ママ宮家では復活。
おせちのアレンジなんて芸当ができる男性、
どれだけいるのだろうか。

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
読み切りが連載化! 待ってました。

オカン系後輩男子と、
会社ではできる女だけど家ではだらしない女子のお話。

面白いんですが、
クッキーで柴先生がやってた「てんちょう、ダメ、絶対」と比べると、
ギャグが薄めで物足りない。

この辺は、掲載誌に合わせた感じですね。
でも「業者」とか笑えるシーンはちゃんとあるので。

キュンと笑いを両立させた連載、
お待ちしております。

◆やんごとなき一族/こやまゆかり
オヤジが引き続きいやーな人。
今回は、末娘? の結婚を強引にまとめちゃいます。

こんな昭和の嫌なオヤジに見切りをつけない健太さんがわからん。

◆笑顔のたえない職場です。/くずしろ
新連載。
エロ妄想が止まらない漫画家さんと、
美人編集者さんのお話。

ついでにアシスタントも美人。
ていうか無駄にセクシー。

KISSでどれだけOKなのかわかりませんが、
エロ妄想は大歓迎です。

◆アリスとアマリリス/小沢真理
キャッシング勤務の粘着オールバック頭が
つけねらっているとも知らず、
おばあちゃん家に行く計画をたてるアリス一家。

3年も狙ってるって。ヒマか?
本業ちゃんとやってんのかこの人。

そして榎本さんは、妄想の通りに
海にオモリつけて沈められるのか?

◆おひとり様物語/谷川史子
スポーツジムのイケメンにときめく瞬間。

ありきたりですが、共感できるセリフ回しで読ませますね。

忙しいとコンビニ通い、
ついつい不摂生しちゃう。
「自分を罰するような」生活をしてしまう。

ところで、ココハナで連載されてる「はじめてのひと」と
セットで単行本の宣伝してますが……

この2作品、掲載誌入れ替わってても違和感ないよね。

◆アレンとドラン/麻生みこと
教授にはでっかい娘さんがいた。
早くに結婚したのかな。

途中の会話がホントわかんない。
マニアすげえ。

◆コミンカビヨリ/高須賀由枝
泊まりに来るのに手を出さないイケメン。
理由は、古民家に萌えているから。

そんなんアリか。

萌えはわかるけど、
性欲とは別腹でしょう。

◆ながたんと青と いちかの料理帖/磯谷友紀
料亭といちかさんの将来をかけたお披露目会。

創作料理というのでしょうか、
それぞれ量が少なめなのは、いいですね。

英語もできて、頭も切れる周(あまね)さん、
マネージャーとしてはできる人。

◆カカフカカ/石田拓実
ハセくん、浮気疑惑。
出版社の若い子をお持ち帰り? したかも。

それをすぐに問い詰めたりできないのが、
寺田さん、って感じです。
煮え切らない展開が続いてるので、
そろそろはっきりしようよ、という気もしますが。

風呂場に閉じ込められる本行と寺田さん。
この流れでする……のか!?

◆モトカレマニア/瀧波ユカリ
「CHINANAGODESHITA」
ナナメ上すぎる怪獣映画のタイトル。

丸の内さくらさんの作戦、
それは物量でマコチを落とすこと。

対するユリカは、妄想力は豊かでも、
実践力がない。なさすぎる。

が、友達のアシストで連れ込み成功。
次回、おいしくいただいちゃう……のか!?

勝手な想像ですが、
マコチは結局2人のうちどっちともくっつかず、
バッタリ再会した同級生と
流れでいい感じになって結婚……そんな感じがいたします。

さくらさんにしてもユリカにしても、
どうにかなるなら、とっくにそういう仲になっている。
ならないのは、女として見てない、ってことで。

◆長閑の庭/アキヤマ香
表紙は、キリストとマリアでしょうか。

考えて自分なりの結論を出したシュバルツさん、
こうなるとお母さんも何も言えません。

◆くちうつす/天沢アキ
最終回。

安藤さんがかわいそう……当て馬の常とはいえ。

◆幸子、生きてます/柘植文
幸子、デート飲み中に、
カンガルーの陰のうについて語って大爆死。

首をかしげたところ、
私はカワイイと思います。
陰のうだけどな。

◆兄弟犬/ともえ
紀州犬のドヤ顔が面白かったです。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
私の部屋にも太君がいる……。
人生初、体重70kgの大台突破。嗚呼。

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
平成のファッション。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
旅行用コスメの話。


◎次号
志村貴子先生の新連載
※タイトル書いてません

巻頭カラー
「パーフェクトワールド」

最終回
「長閑の庭」
| 漫画・本::KISS(キス) | 18:06 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2150
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   04 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート