ザ・マーガレット2019年4月号感想
表紙は「初めて恋をした日に読む話」。
TVドラマ絶賛放送中。
ぜってぇ見てくれよな!(悟空風)。


ザ・マーガレット 2019年 04 月号 [雑誌]


これまでの感想は
漫画・本 ザ・マーガレット

◎作品感想
◆すきなのは君のほう/結木悠
ヒロインが恋したのはのは、
校内のアイドル的先輩……ではなく、
隣にいるちょっと目立たない人。

人気者タイプのイケメンをよく描かれている方ですが、
今回はヒネリをきかせてきました。

恋すると髪セットする。けなげ。

◆カレカフェ/小村あゆみ
岩城、筋肉増量したら体調崩す。
マッスル=健康ではないらしい。

黒髪の内気そうな女性の登場。
これは再婚フラグ?

◆初めて恋をした日に読む話 番外編/持田あき
-23時、今夜僕を泣かせて-

高校時代、山下が主役。
順子に勉強教わってた頃ですね。

お盛んでやりまくりな山下くん。
仲良しの娘のセーターの中に頭突っ込んで、
オッパイに頭スリスリするわ、
順子を夜のオカズにするわ
(朝勃ちだけじゃなくて夢精もしていると見た)。

でも、実はとっても寂しがりやさん。
高校は勉強ついてけないし、
家ではオヤジと再婚した奥さんがイチャイチャしてる。

タダのヤリチンには全然感情移入できないけど、
こうやって弱い面も出すと、同情したくなる。
持田先生のうまいところ。

山下くん、高校卒業しても、
結婚しても、バツイチになっても、
ずっと順子を思っていたのです。

こなれた男子がヒロインにだけは純情になる、
王道であります。

◆おそ松さん
漫画:シタラマサコ 原作:赤塚不二夫 監修:おそ松さん製作委員会

冒頭の売れないアイドルの場面で、
Trickの売れないマジシャン山田を思い出した。

◆ギャルジャポン/シタラマサコ
今回のテーマはクラウドファンディング。
シタラ先生、流行りを漫画に取り入れるのがうまい。

ヒデ君のやってるのはある種クラウドファンディング
……いや、ただのタカリ。

◆歌うたいの黒兎/石井まゆみ
アルミホイルと電池で発火装置。

◆幼な妻でごめんっ!/えばんふみ
嫁に迫るイケメン料理教室講師!
ソッチ系のオチですかッ!

◆ハイヒールをはいた猫 ルブたん/鳥海りさこ
いつも気持ち悪いネタが多い作品ですが、
今回のナプキンは……輪をかけて気持ち悪い。
……申し訳ない。

◆恋する僕ら太陽系/川又宙子
この後、火星くんとか出てくるのかな。

◆残念男子図鑑/しまあかね
こんなアプリ、よくリリースできたな……。

◆水瀬のカワイイ法則/森倉チロル
目が大きめなので、りぼんっぽいです。

◆週末オオカミくん/みやの真琴
狼男(比喩ではなくホンモノの)の話です。
TLだったら途中の場面で最後までしてたのかな、
と下世話な想像をする私。

◆こうたと父さん/日野原あき
刻んだニンジンこうたがすごすぎる。
そのTVチャンピオン級の器用さを別なことに使えばいいのに。

◆僕は小さな書店員。/青山はるの
小さな書店に就職した、悩める新社会人の青年の話。
別マの「あかね書店の梶店長」の元になったお話だそうです。

劇中の、人手不足による重労働が身にしみる。

地味な男性主人公なら「町田くんの世界」が好評だったんだし、
このまま掲載しても良かったのでは、と思う。

書店離れが深刻な今、
小さな書店は人手不足で大変なことと思います。
漫画のような光景がいつまで見られるか……。

◆もいちどあなたに/ひうらさとる
タイムリープがすっかりクセになったゆり子さん。
このまま若い頃と今のオイシイとこどり……には、
ならないみたいです。

◆まんまるポタジェ/あいざわ遥
ハナちゃんが一人で色々できるようになり、
ヒロさんは愛情を持て余す。

いいパパですよね。
早朝に起きて弁当をつくることだけでも大変なのに、
色どりや栄養バランスまで。
ここまでできる人は中々いない。

◆放課後、2人、金の箱庭。/花都ゆう
ヒロインがデッサンの練習のために、
「いい体」の男子に声をかける話。

引き締まった上半身に、
「女性が男性のどの辺に萌えるのか」がわかる。
もちろん人次第でしょうが。

◆ねぇ、遊ぼ?/山本カエル
ド底辺の普通科のヒロインと、
特進科のエリート男子さんの話です。

普通科と特進科は鉄格子で隔離されている。
もう別の高校にすりゃいいのに。

出てくる大人がちょっとステロタイプですね。
ヒネリが欲しい。

◆花と嵐/高丘実知
美容室の息子さんに、髪を整えてもらう話。

男っぽいヒロインだけど、
ちゃんと女性として見てくれる。
王道であります。

ラストの赤面顔、気合い入ってました。

◆透過性少女関係/明生チナミ
別れた彼氏はクラスメイト。
ひきずる少女の話。

「インスタント彼氏」のためにギャグ寄りの印象がある
明生先生ですが、シリアスもいけます。
ヒロインが憂い顔の美人って感じで、いいと思います。

◆君のまにまに/緒川あお
ミョーに距離を詰める男子の話。

イケメンはいいよなぁ。
近づいてもドキドキされるだけだし。
気持ち悪いなんて言われんでしょう。

◆ピカケの魔法/松井晶映
ブラは姿勢にも関わって、大事だよって話。
男性にはわかりにくい話なので、
こうやって説明してくれる漫画は面白い。

◆ベア☆ドル/森名リリー
なんだかんだ3人分メシつくる綺羅沢って、
いいやつなのでは。

◆出張版 まいっちゃうわマチコさん!/真城ひな
デジタルマーガレットで連載中。
デジタルだけじゃもったいないので、
雑誌でも新ネタやってください!

なんでもしますから!

◆これはきっと幻じゃない/大空あいか
ヒーローは秀才くん。
教室のラップ音や、公式をわかりやすく解説してくれます。

理屈っぽいタイプは、ヒーローになりにくい。
現実でもとっつきがたいものですから。

そこをあえて魅力的に描くのは、
大空先生のうまいところだと思います。
別マの付録漫画でも「生物の得意な男子」描いてましたが、
こだわりなんでしょうか。

ヒロインの赤面顔も、恋してる感が出ててグッド。
別マ本誌の掲載もお待ちしてます!

◆不倫女子に次ぐ/アン・ミツコ
ダンナさんの不倫をうたがうヒロイン。
なぜなら、昔自分も不倫してたから……。

ドロドロになりがちなテーマを、
うまくギャグタッチにしてます。

「不倫相手の車の助手席に座るときは
倒して窓から見えないようにする」
そこまでやるか。

◆ユーキの問題/志咲ほのか
親友の子に彼氏ができたのをきっかけに、
モヤモヤするヒロイン。

女性同士の友情は、
メインテーマにはなりにくいですが、とても面白いです。

◆彼女の問題がある愛/蜂野なえ
高校教師と生徒ものです。

よくあるテーマですが、
「どっちも学校やめる」というのは、ナナメ上すぎる。
いいのかそれ。

◆夏の空が青いから、君に恋をしてしまったんだ。/陽山ヨウコ
夏の悲しい恋の話。

安易にハッピーエンドにしなかったのは、
いいと思います。

◆嘘色今日/雨花深衣
映画で同級生とバッタリ。
偶然をうまいことドラマにしてます。


◎次号
表紙&巻頭カラー
「マリーミー・ハニー」森倉チロル

カラー
「エマルジョン」本田楓
「幼な妻でごめんっ」えばんふみ
| 漫画・本::ザ・マーガレット | 08:25 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2149
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   04 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート