KISS(キス)2018年12月号感想
表紙は、タラレバ娘番外編。


Kiss(キス) 2018年 12 月号 [雑誌]


「七つ屋 志のぶの宝石匣」
「世界で一番早い春」
は、休載です。ご注意を。

これまでの感想は
漫画・本 KISS(キス)

◎作品感想
◆『東京タラレバ娘 リターンズ』東村アキコ
完結から1年半、あの作品が帰ってきました。
3号連続だそうです。

倫子さんは結局、KEYと付き合わず。
清々しいほど変わってなく、
相変わらずイケメンを見て大はしゃぎ。

一方、マミちゃんの人生設計の手堅いこと!
大人しそうで、いい人そうなADの男性と結婚。

3人娘は「めっちゃフツー」とバカにしてましたが、
普通というのは、一番大事で、一番難しいことです。

その点に20代で気づけているマミちゃんはすごい。
尊敬する。

「恋愛やデートに貴重な時間を吸い取られずにすむんで
せいせいしてますよ」
人生のリソースは限られている。
どこに集中するかを割り切って考えられるマミちゃん、大物。

でもまあ、3人娘がしっかりしたら漫画にならないんで、
コレでいいんです。

後半は香さんの結婚式。
ブライズメイドって、小さい子がやるもんだと思ってましたが、
そうでないケースもあるのか。

ラストに出てきた2人組は、
映画みたく結婚式をブチ壊すんでしょうか。
そして、本当にKEYと倫子さんは終わったんでしょうか。

毒はあるけど、東村先生の漫画はやっぱり面白い。

◆『モトカレマニア』瀧波ユカリ
ユリカが脳内で大臣会議をする中、
マコチもまた脳内で会議していた。

何を言うべきかわからず黙ってしまう男と
それにいら立つ女、
両方の心理が面白いです。

……多少言葉に詰まるぐらい、勘弁していただけませんか。

少女漫画のイケメンって、
こういう場面できっちりキメ台詞を言うんですが、
マコチはそうでもないんですね。

◆『コミンカビヨリ』高須賀由枝
いちご狩りとばあちゃんの企み編。

佐村くん、別の人探せばいいのに。

◆『御手洗家、炎上する』藤沢もやし
御手洗弟、杏子の正体に疑惑をもち、尾行する。
それを機転と友達の協力で回避
(ニートの希一さんも協力してました)。

オフ会、十数年前だと、
たしかに「一部の変わった人たちの集まり」と思われても、おかしくないね。

◆『アリスとアマリリス』小沢真理
茜坂くん視点の回。
お家がでかいお屋敷で、親御さんはキャッシングの会社などを経営している。
どうみてもそのスジの人です。

茜坂くんは、下っ端の榎本さんと協力して、
アリスを借金取りの追跡から助けようとする
(追われるとしたら蒸発したアリスのパパじゃないかと思うのだが、
そこは気にしない方向で)。

そうとも知らず、アリスは
隣の席のイケメンといい雰囲気に。

◆『ホタルノヒカリBABY』ひうらさとる
赤ちゃんの初語(はじめてしゃべる言葉)をめぐる、
父母のドタバタ。

休日に早起きして弁当を作れる誠一さん。すごい。

◆『東京アリスgirly』稚野鳥子
欄外に
「作中で演じている『不思議の国のアリス』内のセリフにおいて、
読者の方に不快感を与えかねない表現がありますが~」
と注意書きがあるのですが、どこかわかりませんでした。

「狂ってる」って表現がNG?

◆『安らぎとその指先に』iko
読み切り。
癒しの美容師と、仕事ができる女性の話です。
時折ギャグタッチが挟まれるので、読みやすかった。

実際のところ、客商売してる異性といい感じになっても、
踏み出すのは度胸がいる。
うまくいった人はすごい。

◆『ながたんと青と -いちかの料理帖-』磯谷友紀
本日の料理は、「鶏フリカッセの親子丼」。
材料が多すぎるな。私にはできない。

周(あまね)さんの思惑がわかる回。
名家の三男坊も、それはそれで大変みたいです。

年の割に冷めた性格なのも、
親からぞんざいに扱われているゆえか。

今のところ、いち日さんに愛情はなさそうですが、
勤め先のシェフといち日さんが歩いてるのを見かけてしまい、
何やら思うところがある様子。

普通の漫画なら、嫉妬するでしょうが。
さて周さん、どうする。

◆『大人の問題提起シリーズ さけび』ももち麗子
結局、主人公は派遣先の会社をやめることになりました。
ああ無情。

部長が全面的に味方になってくれるはずもなく。
組合事務局にしても、派遣社員の言い分を聞くはずもなく。

ドラマみたいにセクハラ上司をやり込めることなんて、
できませんね。

続きが気になります。

◆『こいいじ』志村貴子
最終回1つ前!

ソータ、まめに「ちゃんとつきあおう」宣言。
春子さんの日記を読んで、ようやくふんぎりがついたらしい。

これからも山あり谷ありだと思います。
でも、美しく終わって良かったと思う。

まめのおひとり様エンドも想像しましたが、
やはり、恋愛漫画は好きな人と一緒になるのが一番です。

◆『おひとり様物語』谷川史子
40歳には、10代の若者はまぶしい。

◆『くちうつす』天沢アキ
「体の関係がないからこそ
どう戦えばいいかわからない」
安藤さんの苦悩が伝わります。

◆『水玉のシュクル』和田こま
ケーキ屋さんと、泣き上戸のシェフの話です。

サバランというのは、お酒が入ったお菓子なんでしょうか。

◆『幸子、生きてます』柘植 文
フキダシが欄外にはみ出してるせいで、
柘植先生のコメントが縮小されている。

タンゴ教室でのまさかの出会い。
まあ、あのバツ1はやめて正解だと思います。遊んでそうだし。

◆『神は細部に宿るのよ』久世番子
ローライズか、ハイウェストか。
ファッションの流行はめぐる。

キャミソールも、一昔前に流行してたのが
またはやってますしね。

◆『兄弟犬』ともえ
プンスカする弟犬がかわいい。

◆『おいおいピータン!!』伊藤理佐
「他の女の乳を揉んでる手」なんてわかるの?

◆『メイクはただの魔法じゃないの』六多いくみ
赤リップの話。


◎次号
こいいじ 最終回

東京タラレバ娘 リターンズ 表紙
ながたんと青と 巻頭カラー
アリスとアマリリス カラー
ホタルノヒカリBABY カラー

おかもととかさ「私の町の千葉くんは」読み切り

やんごとなき一族
パーフェクトワールド
カカフカカ
涙雨とセレナーデ
彼と彼女のヒストリごはん
長閑の庭
は1月号掲載

アレンとドラン
は2月号掲載
| 漫画・本::KISS(キス) | 18:41 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2117
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   11 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート