FEEL YOUNG(フィール・ヤング)2018年4月号感想
表紙は「鼻下長紳士」です。
今回で最終回。


FEEL YOUNG(フィールヤング) 2018年 04 月号


これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆鼻下長紳士回顧録/安野モヨコ
「才能とは
何か特別なことではなく
ただ ひたすら継続して書いていくことだと
自分を掘り下げ続けても絶望しない能力だと気づいたのだ」

ベテランの先生はいいセリフを描くなー、と思う。

これまでの話はほとんどわからないけど、
上のセリフだけで、読んで良かったと思うからね。
最終回、お疲れ様でした。

◆ボンクラボンボンハウス/ねむようこ
聖大が前回に引き続き甘い! 甘すぎる。

ベッドで迫りはするけど、彼女(一樹)の意思は尊重して最後までしない。
起きたらトーストと目玉焼きの朝ごはん……
完璧すぎる。

完璧すぎるゆえに、やっぱり最終的な相手ではない気がします。

◆違国日記/ヤマシタトモコ
笠町(槇生の元カレ)、槇生宅訪問。
興味津々の朝。このへんはお年頃。

笠町がいい男なんです。
いい男というか、できた人というか。
槇生さんと同世代とすれば35,6なんでしょうが、
朝のような中学生にも対等に接する。名刺も渡しちゃう。
上から目線の説教や教訓なんかも言わない。

「大人はきみらが思うより繊細なんだよ」
「おれは大人っていうか 彼女たちより聞き分けよくてつまんない奴なんだな」

できた人ですが、それゆえに槙生さんと別れたのか、
そんなことも思いました。

米と肉とブロッコリーの弁当、
私にもできそう。

槇生さんは、姉(朝の母)についてアンタッチャブル。
兄弟姉妹って、一番コンプレックスを抱きやすいからなぁ。

◆ネオナオンユニバース/大川ぶくぶ
400万はまあ厳しいな。

◆アヤメくんののんびり肉食日誌/町麻衣
私ねえ、初めて町先生をすごいと思いました。
桐生と仁英がエロス。そうとしか言えない。

挑発からの誘い受け
押し倒しキス
タバコの間接キス
最後は「私のこと好きなくせに」からの馬乗り

これが大人の駆け引きなんでしょうか。すごすぎ。

ただ、クリスマスで燃え上がった後はどうなるんだろう、
という気もする。
冷めたら元通りかも。

◆そろえてちょうだい?/いくえみ綾
スコティッシュは遺伝性疾患があるんだ。
難儀な品種なんだな……。

◆世界は寒い/高野雀
単行本1巻発売。
内容もいいですが、川谷康久さんの装丁もすごくいいです。

古賀のヒゲの元カレ、いいとこあるじゃないか。

毎回、左右の端っこにある「登場人物紹介」が、
メインキャラの苗字だけなんですね。
不親切なんだけど、作品の「寒さ」を産むのに一役買っている。

◆女王リターンズ!~ボンデージをもう一度!~/六反りょう
お子様が宇宙人なのがシュールでたまりません。

私、毎日デスクワークで腰痛持ちなので、
今回のぎっくり腰のくだりは身に沁みました。

◆いいね! 光源氏くん/えすとえむ
続編です。
タイムスリップしてきたのは、光源氏ではなく、頭中将。
泣きぼくろがセクシー。

◆TOKYO異邦人/じゃんぽ~る西
1996年、カレンさん初来日。

・ヤマンバギャル
・シノラー
めちゃ懐かしい。

ルーズソックスもこの頃だっけ……。

◆からっぽダンスR/阿弥陀しずく
久我は目つき怖いけどイケメンです。
「嫁に早く会いたいから(帰る)」、こんなセリフが素面で出るなんて。

◆はぐちさん/くらっぺ
ショートと4コマの2本立て。
はぐちさん達は警察の取り調べ受けたりしないのか……ヤボかな。

◆君はゴースト/染谷みのる
佐倉が刺されたのは演技で、
ナイフはオモチャでした。

筋書きを考えたのは佐倉。
小説家、という設定がちゃんと活かされてて良かったです。

事件が落着して、次回は最終回。
メインの2人がくっついて終わりなのか、
ヒネリがあるのか、楽しみにしてます。

◆リクエストをよろしく/河内遥
チーコとソータ、
ブレイクできないアイドルと芸人の初タッグ新番組の開始。
作品の山場に来た感じありますね。

この漫画、ラジオの現場と視聴者の、
見えないつながりを描いてるのが好きです。

以前河内先生が
「神田莉緒香のKANDAFUL RADIO」というラジオ番組にゲスト出演されてました。

漫画を作るコツは、
「1つきっちりと描いてから次へ進むこと」とのことです。

蛍の光と別れのワルツの関係って、初耳です。

◆にれこスケッチ/鴨居まさね
ブラシ作りの工程が描かれてます。
「ボンクラ~」もそうですが、
私は、こういうモノづくりのディテールが好き。

◆EVER GREEN UTOPIA 前編/松崎夏未
共学化する女子校が舞台。
ちょっと読みづらい。メイン2人がどっちも黒髪だったから。

◆きみが心に棲みついたS/天堂きりん
星名の黒い影法師が、時々コナンの犯人役みたいに見えます。

殺人を犯したのはやっぱり星名で、
星名母は彼をかばって懲役を食らった、ようです。

今回は、母親と飯田さん相手に本性むき出しにします。
「俺の人生絶好調だよ」、モンスター星名全開。

ただ、今回の行動で、
飯田さんというもう一人の怪物が目覚めてしまった気がする。
星名は制御しきれると思ってるかもしれませんが、
飯田さんは何するかわかりませんね。
それこそブッ刺されてもおかしくない。

それとも、星名は自分の命や社会的身分すら、どうでもいいのかもしれない。

◆婚姻届に判を捺しただけですが/有生青春
偽装結婚もの。
百瀬柊は義理の姉にずっと恋してる=童貞疑惑。

個人的に童貞というのはオイシイ素材ですが
(都陽子先生の「カレは女とシたことない」面白かった)、
お遊びか、プロの女性で経験あるでしょう……さすがに。
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 18:52 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2040
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート