NHK土曜時代ドラマ アシガール(2)「若君めざして一直線!」感想
原作漫画を9巻まで読んだ者の感想でござります。
8巻までと9巻でえらく間が空いたので、
ストーリーはだいぶ抜け落ちておりまする。

ドラマ2話と9巻を比べると、唯がよくあそこまでこぎつけたなあ、と思う。

公式サイト
アシガール | NHK 土曜時代ドラマ

◎感想
悪丸とウサイン・ボルトのマネ。これに尽きる。

悪丸役の方の名前はわかりませんが(クレジットにはいなかった……はず)、
実に雰囲気がよく出ている。
見てるだけで笑いがこみ上げてくるんです。
「エッサ、ホイサ」って走るところはもちろんおかしい。
ナイスとしか言いようがない。

他には……

若君・九八郎忠清(健太郎)と側室の子の兄・成之(松下優也)の微妙な関係
成之のお付きの坊主が「企んでる感」満載

じい・天野信茂(イッセー尾形)のコミカルぶり

おふくろさん・吉乃(ともさかりえ)の布団はぎ
(おふくろさんと言えばコレ)

原作漫画の外せないところをきっちり拾ってます。
いいんじゃないでしょうか。

でも一番大事なのは、ヒロイン・唯(黒島結菜)が泥くさい演技をきっちりやってることですね。
今回は泥田に足突っ込んだ挙句、草まで食ってます。

そして、とにかく走る。
これなくして「アシガール」ではありません。

前回の感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(1)「見参!戦国女子高生」感想
| 検索キーワード | 21:47 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする
※半角が3割を超える文章、ブランド名・httpを含む文章はスパムとみなされ投稿できません。




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1971
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート