東京学生映画祭 アニメーション部門/トークショー
会社帰りに、下北沢タウンホールの東京学生映画祭に行ってきました。
本当は土日に上映される「ガメラ4真実」の整理券目的だったんですが、折角だからそれ以外のものも観ておこうと。

来場が遅かったので、観れたのはアニメーション部門の4作品だけでした。

以下、雑感。
「おにぎり」 多摩美術大学・鈴木藍

おばあさんがおじいさんと孫におにぎりを作る話。
海苔の代わりに意外なものを使います。

「再生と再認」 法政大学フィルムメイキングクラブ・吉田友樹

布や小物で映像を作っている。
「話」はなさそうなので、あまり印象なし。

「Fried Egg」 東京工芸大学・川上大輔

ある人が卵を割って、目玉焼きにして食べる。するとその人は……。

「Vanishing」 東京工芸大学・川上大輔

雪の降るある日、道行く女性はマフラーを風に飛ばされてしまう。
家に戻ってから、女性はタバコをくゆらせながらマフラーのことを思い出す。


入場時に作品の投票用紙をもらったので、「Vanishing」に1票入れました。
理由は約1分という短い時間できちんとストーリーを作っているから。
この川上大輔という方、2作品作ってるのも凄いですね。

放映終了後は学生監督さんと新海誠さん、ヤマサキオサムさんのトークショー。
といってもかなり短かった(正味十分くらい?)ですが。

「映像技術よりも何を作りたいか、何を見せたいかが重要」というヤマサキオサムさんの言葉が印象的でした。
確かに、絵は雑でも引きつける映像や漫画はあるわけで、こぎれいなだけではダメなんでしょうね。
私は監督志望でも何でもありませんが、強いメッセージを打ち出すというのは大事にしたいです。
| 映画 | 22:11 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする
※半角が3割を超える文章、ブランド名・httpを含む文章はスパムとみなされ投稿できません。




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/17
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート