先生!(河原和音)
河原さんの作品を青空エール→高校デビューと読んできたわけですが、それ以前に連載されていた「先生!」も読んでみました。
通常版20巻と文庫版11巻の2種類あり、私が読んだのは文庫版です。
別ページでレビューしている「砂の栄冠」を除くと、最近少女漫画しか読んでないな。まあいいや。

<あらすじ>
高校2年生の島田響は、年頃だがまだ恋を知らない。
親友の千草に頼まれて、関矢先生の下駄箱にラブレターを届けるはずが、
間違って社会科教師・伊藤の下駄箱に入れてしまう。
それをきっかけに、伊藤を男性として意識することに。

主人公の島田、伊藤先生を中心に、彼らの友人の恋模様を描いた漫画です。
連載期間7年の長編、まとめて読むと非常に長い。
だいたい島田と伊藤先生がくっついたり離れたりの繰り返し。
伊藤先生が「お前は同世代と恋愛した方がいい」→島田が「やっぱり先生が好き」というのが数回ある。

じゃあつまらないか? と言われると違います。むしろ面白い。

それは現実もそうだから。
恋人や友人関係も、時にはいがみ合うこともあるし、「もう続かない」と思うことがある。
でも修復することでより結びつきが強くなります。

河原さんはそのリアルさを描くのが上手いですね。
なさそうでありそうな、絶妙な部分を突いてきます。

もう一つ上手いのが、大人たちの描写。
中島先生と伊藤先生は、高校生から見れば初めから「大人」ですが、決して無欠の人間でもない。
藤岡と島田を争う事を恐れ、身を引こうとした伊藤。
中学時代の経験から、ストレートな感情を告げる事ができなくなった中島。
どちらも脆い部分があります。

一方で、生徒を導く強さも持っています。
受験に行き詰まり、家出した島田ら3人をかくまった際の伊藤は立派でした。

大人と子供の、あるような、ないような境目を描いた名作だと思います。

でも、個人的に親しい生徒と旅行に出かけるってのはないな。
かなり問題になりそうな気がする。

以下、キャラ別雑感。

<島田響>
伊藤先生を好きになったタイミングが、何度読んでも今ひとつわからない。
が、好きになってからは押しの一手。
最終回のモノローグは、長期連載のラストを飾る名文だと思う。

「明日になれば ここは私たちの場所ではなくなって
誰かが また 新しい物語をつくってく
だけど ここで考えて ここで迷って ここで思ったことは私の中にずっと残って
この先につづく道を歩く力になります」

<川合浩介>
中島とは今後、非常に難しい。
大学でも女友達が何人もできそうだし。

<千草恵>
親友ポジション。
高校デビューも青空エールもそうですが、主人公の親友は本当に友達思いですね。
胸が大きいって自分で言ってるけど、あまりそう見えない。
私が少年漫画や青年漫画ばかり読んでたせいだな。

<伊藤貢作>
連載初期は眼鏡が完全に目の下にあったのが、ぴったり合うようになってくる。
彼に言いたい事はただ一つ、「ネクタイ背中に回すぐらいならタイピンつけよう」

先生らしく含蓄のある名言が色々ありますが、
「目標はパリ、目的はフランス軍てのも難しいんだよ」
「お前は直球だけ待って無心で振り抜け」
「人はどうして大人になるかわかるか 誰にでも過去があるんだ」
「人の心を頭で何とかしようなんて 本気で思ってるからだ」
あたりが印象深い。

<中島幸子>
意外にも、割と古風な名前。
正直言って、ちょっと先生やるには情緒不安定すぎやしないか? と思うが24歳(教師2、3年目)ならこんなものか。

<藤岡勇輔>
この作品のラスボス、最後の障害とも言える存在。
すごくいい奴、でも主張がはっきりできて頭が良く、島田の苦悩も理解していた完璧人間。
今後は幸せになっていただきたい。

<携帯>
キャラじゃないけど、「成績が良かったら携帯買ってもらえる」って、時代だなあと思います。
今じゃ高校で携帯の連絡網作る時代(ソースは8歳下の私の妹)。
島田が最初、着信履歴を見ることすら知らないっていうのも、あの頃(2000年前後)ならありそう。
| 漫画・本::その他の河原和音作品 | 12:14 | comments (3) | trackback (0) |
コメント
あゆみさん、コメントありがとうございます。

7巻の内容なんですが……実はもうはっきり覚えてないんです。
すみません。
一気読みしたもんだから、細かい部分はさだかでなく……。

うろおぼえでストーリーを書いてしまうのも無責任なので、
リクエストにはお答えできません。

あゆみさん自身で読んでみてください。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 13/02/15 12:56 | Y945Kht2 |
ちなみに通常盤では

千草が渚以外の子から告白されたとこから、伊藤先生を好きな後輩がでてくるとこまでです。

ざっくりでいいので教えてください!お願いします!
| あゆみ | EMAIL | URL | 13/02/14 20:16 | C32dAhRw |
こんにちわ
いきなりすいません(T_T)

河原和音さんの先生!を今読んでいます♪
20巻あるほうのやつを読んでいます(^_^)

突然なんですが、7巻の内容もネタバレありで教えていただけませんか?
図々しいお願いですいません。

先生と響の内容があまりなかったらなかったでそれでいいんですが(^_^)
千草と渚の話が主だったですか?

よければお願いします、、、
ほんと図々しいお願いをしてしまってすいません(~_~;)

お返事待ってます!!
| あゆみ | EMAIL | URL | 13/02/14 20:13 | C32dAhRw |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/502
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん