ドラマCD 九龍妖魔學園紀 Vol.1,2
2004年、アトラスより発売された「九龍妖魔學園紀」のドラマCD。
公式サイト
私、ゲーム自体はやってないのですが(プレイを見たことはある)、
新田高史さんのジャズ風味のBGMが好きだったので聴いてみました。
1が前編、2が後編です。


<あらすじ>
2004年10月25日。
学園祭にて、主人公や八千穂の所属するクラスは「探偵喫茶」をやることに。
くせ者だらけの学園だけあって、当然のように事件が起こってしまう。

興味があったのはただ1点。「主人公どうするの?」
この作品の主人公は容姿も声優も設定されておらず、
そのパーソナリティはプレイヤーが自由に想像できるようになっています。
一体どうやってドラマCDに絡めるんだ? まさか出さないのか?

答えは「買い物係&死体役」。なるほどねえ。

vol.1の終盤、探偵喫茶で殺人事件が起きるのですが、実はこれが八千穂と甲太郎の仕組んだ狂言。
ただの探偵喫茶では物足りないので、事件で推理ごっこをやったのです。
そこで主人公が犠牲者役。確かにこれならセリフはいらない。
話のオチ自体は読みやすいのですが、まあその読みやすさも高校生らしいかな、と。

ところで甲太郎、「今からこの事件を転校生殺人事件と呼ぶ」って、名前で呼んでやれよ。
デフォルトネームがないから仕方ないか……。

各キャラクターについては、ゲームやってないので割愛。
| ドラマCD | 01:00 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/45
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん