KISS(キス)2020年6月号感想
表紙は「おひとり様物語」
巻頭カラーは「東京タラレバ娘 シーズン2」。


Kiss(キス)2020年6月号


スペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」
放送決定、との事。

「美食探偵 明智五郎」もただいま放送中、
メディアミックスに定評のある東村先生。

これまでの感想は
漫画・本 KISS(キス)

◎作品感想
◆東京タラレバ娘 シーズン2/東村アキコ
夢を見ない・持たない・ぶっ壊す男、よしお2号。

「ケンカしたことにならないボディアタック」
とってもわかる。

センセーに見つかった時、
ケンカじゃないって言い訳できるんですよ。
東村先生は小ネタが毎回面白い。

よしお11号くんは本当に小学生なんですかね。
立原白秋なんて読んでるのか……。
末恐ろしい。

38ページの「※」は誤植かな?

◆おひとり様物語/谷川史子
40歳、結婚9年目の離婚。
「奥様」呼びはないわ。

◆美しいこと/木原音瀬・犬井ナオ
大勢の前に女装して現れる主人公。
危ない橋渡ってるよなあ。

それ以前に、骨格や筋ばってる腕で、
男性とわかりそうなもんだけど。

◆やんごとなき一族/こやまゆかり
「まちがえる夏祭り」
そういうコンセプトの飲食店があったような。

◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
プロ野球のピッチャーと結婚した女子アナウンサーは
1人や2人じゃない。
思い浮かぶのは、巨人・沢村拓一と元日テレアナウンサー・森麻季さん。
このお2人は離婚してます。

◆ホタルノヒカリ BABY/ひうらさとる
台湾旅行後編。

誠品書店と「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所は、
一度行ってみたい。
むろん、コロナウィルスが終息してから。

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
千葉弟、こりずにマチにアプローチする。
アプローチというか、翻弄してるというか。
本人も、自分が何したいかわかってなさそう。

◆カカフカカ/石田拓実
往生際の悪いハセさんでしたが、
今回でようやく諦めたようです。
それでもブツブツ言ってたけど。

デキる人に見えたハセさんが、
女性関係でここまで株を下げるとはねえ。

一発風俗で練習しといて、
SEXに関するこだわりをさっさと捨てときゃ良かったのに。

次号は、久々に本行が外出するのかな。

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
ふた葉と慎太郎がお店に残るかどうか、の回。
ちょっとうまくいかないと、男は逃げる事しか頭になくなる。
ダメですねー。

冷静に立ち回る周さんは本当に頼りになる。
二十歳そこそこでしっかりしてる。
といっても、今の二十歳と戦争直後の二十歳は全然違うか。

◆モトカレマニア/瀧波ユカリ
マコチが盛大に自爆してどう展開するかと思ったら、
動画でブレイクするというナナメ上の展開に。

次は、メガネの水野くんと進展する……のか?

◆アレンとドラン~その信徒と隣人/麻生みこと
リンダさんと三島くん、
なんだかんだ良い趣味友になりそう。
しかし、呼び出しといてあの顔はひどい(;^_^A

ヒロインにヒーロー候補2人で、
恋愛漫画のフォーマットに沿った作品ではありますね。

◆パーフェクトワールド/有賀リエ
ラストシーンが気になる。
もしかして、赤ちゃんにも何かあるのかな。
過酷な展開が続きそう。

◆おとなになっても/志村貴子
早とちりかもしれませんが、
恵利→朱里フラグ?
志村先生の作品は人物関係が複雑。
設定の管理ってどうやってるんだろ。

◆春がきえないんだ/和田こま
ふっくらしてた同級生との再会。

こじらせた青春と、
思春期の「疼き」をいい感じに描いてると思う。

プールの授業が男女いっしょって、
考えてみるとすごい話。

◆兄弟犬/ともえ
猫には勝てないコジロー。
誇り高き和犬(笑)

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
前だけのトップスって、
それ「おぼっちゃまくん」のびんぼっちゃまじゃないか。

オンライン会議でもない限り家の中ではずっとパジャマ、わかる。

◆非モテ女子、今日も安定。/ケイケイ
ハツキスより出張。

美容グッズの買い散らかし。

この方の罫線は適度に荒れてて、
アナログの味? を感じます。

◆パルノグラフィティ/板垣巴留
コンビニの店員さんの描き方がユーモラスです。
個性のつけ方がすごい。
ラスボスのおばちゃんってどんなんよ。

一人暮らしですが、毎日三食とり、
夜12時に寝て朝9時に起きる巴留先生。
週刊連載を長年する方は、
規則正しい生活してるんだなと思いました。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
裸族の女性の結婚。

冬場お腹壊さない?

◆幸子、生きてます/柘植文
介護施設にいる、幸子のおばあちゃんの老いらくの恋。
そして生臭いキッス。
空豆(おじいちゃん)は独占欲が強い人だったらしい。

親世代の恋愛話って「うわあ」って感じで
全然興味わかないんだけど、
それは脳にそうプログラムされてるのだろうか?

関係ないですが、
私の母方の祖母はヨン様にゾッコンでした。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
カラーポイントメイクの話。


◎次号
表紙&巻頭カラー
「涙雨とセレナーデ」
次号から4号連続登場


表紙&巻頭カラー

「涙雨とセレナーデ」

次号から4号連続登場


(大事なことなので2度)

隔月作品は基本的に表紙や巻頭カラーになりません。
が、それをくつがえす扱い。
じわじわ人気が出てきたようで、
涙雨も楽しく読んでる身としては嬉しい限り。

コミックス6巻は5/13発売です。

巻中カラー
「世界で一番早い春」
「私の町の千葉くんは。」

新作シリーズ読切
「恋する病原菌シリーズ フエルキノコ」
あんじちこ
| 漫画・本::Kiss(キス) | 19:37 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2249
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   09 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん