ザ マーガレット2019年6月号感想
表紙は、森倉チロル先生の
「マリーミー・ハニー」。

色んな先生がいるけど、
この人はひと際目がでかい。


ザ・マーガレット 2019年 06 月号 [雑誌]


これまでの感想は
漫画・本 ザ マーガレット

◎作品感想
◆マリーミー・ハニー/森倉チロル
好きだった幼なじみとささいな事ですれちがい、
やがてその子は別の人と結婚。
式の当日、タイムスリップ(タイムリープ?)して、
失敗をやり直すことに。

未来の結果を変えるって話ですが、変えた結果、
ヒロインと最初結婚するはずだった男はどうなるんでしょう。
かわいそうな気もする。

まあ、漫画にそんな事いうのはヤボなんですけどね。

ドラゴンボールの人造人間編みたいに、
パラレルなのかもしれない。

◆カレカフェ/小村あゆみ
バツイチ筋トレオヤジと、
やもめの口下手オヤジが2人で喫茶店やる話。

今回はやもめおじさんに、いい感じの女性ができました。
締め切りに追われる作家さんです。

ウンチクも毎回楽しい。
エスプレッソのダブルとか、
マキネッタとか(機械のことか?)

◆おそ松さん
/漫画:シタラマサコ・原作:赤塚不二夫・監修:おそ松さん製作委員会

チョロ松、ゾンビになる。
オチがなかったので、続くのか?

◆エマルジョン/本田楓
男子と関わりたくないので、
クールな性格を演じている女子高生。
そこにイケメンが。

入学後、お友だちを作るか、
作らないのか、というのは永遠のテーマだなと思う。

ラスト、教室でチューして恋人宣言。
若さってすごいけど、ちょっとやりすぎ感漂う。
でも読み切りだからな。

◆新品の恋/峯田ちあき
のっけから、元カレの思い出の品処分。

最初にパンチの効いた場面を持ってきたので、
最後まで読みやすかったです。

◆円谷さん家/あだち
未来日記がテーマ。
オチがうまい。

◆幼な妻でごめんっ!/えばんふみ
ヒロインが身寄りがなくてやさぐれてて、
で、先生が親身になってくれて……。

うーん、展開にもうちょいヒネリが欲しい。

◆ベア☆ドル/森名リリー
アイドルともなると、モールス信号も勉強するらしい。

◆もいちどあなたに/ひうらさとる
タイムリープで、社会人の頃のカレシとうまくいっちゃう。
が、それはつまり今のダンナと知り合わず、
結婚・出産といった未来が変わるということ。

ラストで急展開ですが、
さて軌道修正できるんでしょうか。

◆歌うたいの黒兎/石井まゆみ
2本だて。
クリーニングのタグの事ぐらい、
すぐ教えてあげればいいのに。

黒ウサさん、相変わらずあまり働いてなさそう。

◆ねぇ、遊ぼ?/山本カエル
ヤンキーは勉強してるエリートより情に厚い。
こういう論法は、昔の少年漫画でよく読みました。
主に「GTO」「今日から俺は」で。

もうちょいヒネリが欲しい。

◆千種さんとなみだくん/七草にっき
愛が重すぎる男子と、ほっとけない女子。
弓道部のはかま姿をもう少し見たかった。

◆注文の多い女の子ちゃん/藤好明
カレシへの注文(理想)が多い女子と、
そんなヒロインにぞっこんの関西弁男子。

男女とも生き生きしてて良いです。

関西弁のキャラってある程度イメージが固まるところあるけど、
ただ賑やかしじゃなくて、ちゃんと練ってある感じ。

ジャスティンビーバーって、あんな髪型なんですね。

◆ドタバタ田端くん!!/あさひ胡桃
ワンコ系の、どんどん懐いちゃう男子と、
先輩のメガネ女子の話。

本を返す時に感想を書いて返すのは、すごくいいと思う。
できそうでできない。

◆まんまるポタジェ/あいざわ遥
ハナちゃん、小学校入学準備。
サザエさん時空だと思ってましたが、
ちゃんと時間が進んでるんですね。

親御さんには、ランドセルなどの道具準備と、
果てしない名前つけ作業が待っている。
名前は短いに限ります。

「サンタさんは信じてる子のところにしか来ない」
なかなかうまい言い訳だと思う。

◆本日、極道になりまして、/秋緒はるか
怪力の女子が、ヤクザに見込まれてボディガードする話。

怪力の理由が特にないのは置いといて、
アクションシーンがイマイチなのがネックですね。
でも、躍動感あるシーンって難しそうだし、仕方ないか。

少女漫画は、一瞬の表情や細かい感情の揺れにフォーカスしてて、
つまり「静」だと思うのです。
「動」は、またそれとは別なんだなと思う。

◆はじめて記念日/純川アキ
内気で、お昼一緒に食べる人がいない女子の話。
お弁当を自作したり……切ない( ;∀;)

この作品ではネアカの男子が引っ張ってくれますけど、
現実、みんなどうしてるんでしょうね。

◆梨里の消失/七紅なゆ
クッキー出身の作家さん。

二重人格で、一方の人格から憎まれるという、
読み切りにしてはハードな話を描いてます。

ラストはハッピーエンドなのだろうか。
後味が悪い感じですが、印象には残りました。

◆ハイヒールをはいた猫 ルブたん/鳥海りさこ
錆鉄御納戸色。
さっぱりわからん。

◆残念男子図鑑/しまあかね
ドジすぎ男子。
よく生きてたな、今まで。

◆先輩、ドレスミーアップ!/今井とまと
服飾の学校の話。

あこがれの先輩と付き合う、ではなく、
先輩の作ったドレスが似合う女性になるってところが珍しい。

コーディネートを模索するところも楽しいです。

◆ギャルジャポン/シタラマサコ
インスタ映えは夢へのツール。
スポポーンって、移動が楽そう

◆こうたと父さん/日野原あき
息子が好きすぎて、
息子をペイントした痛車を作っちゃうくらいの父さんの話。

ぶっ飛んだギャグ漫画ですが、わりと楽しい。
ときどき、子どもを虐待したり悲しいニュースがあるので、
「父さん」みたいな愛を読むとほっとするというか。

◆出会いオーガニックシンドローム/えみふつまこ
自然な出会いにこだわる社会人♀。
そこに同じ会社のイケメンがグイグイきて……。

職場結婚全然いいと思うんですが。
しかも研究職のイケメン。
あんま遊び知らなさそうだし(偏見)、狙い目だよ。

◆社畜だけど結婚します/夏目珠里
取引先のメガネ若社長か、
自分を見込んで会社に誘ってくれたイケメン社長か。

タイトル(××ですが○○します)が、今風。

◆目先のアイディール/寿ジュン
アイディール(ideal)……理想、模範

勉強だけが取り柄の女子と、クラスから浮いてる不良の話。
不良の子も根は真面目で、勉強熱心です。

つまり2人とも真面目なので、
もうちょっと「あそびの部分」が欲しかったです。

真面目ゆえのズレたやりとりは面白かった

「ユーチューブで人気の……」
「……チューブ? 調味料とかですか?」

◆幼なじみはわかってくれない/辻井ミキ
幼なじみモノです。
髪切ってイケメンじゃあ、惚れますわな。

◆ブサくてかわいい恋のおはなし/たなか千愛
自分のこと下の名前で呼んでるヒロイン。
神田う◯かっ!(例えが古い)

吹き出しにトーンで影つける技法があるんですね。

◆ゆるカレ/赤堀みゆき
ケガをしょっちゅうしてそうな彼氏です。
若干、ダサ彼の生徒会長っぽい。

赤堀先生、別マ本誌でもお待ちしてます!
ほんで、編集部は電子でいいから単行本出してください。
ショート作家さんの扱い軽すぎです……。


◎次号
表紙&カラー
「僕の家においでWedding番外編」優木なち

巻頭カラー
「ぶどうとスミレ」持田あき

新連載&カラー
「宇佐美さんと亀井くん」松本かおり

カラー
「幼な妻でごめんっ!」えばんふみ
「歌うたいの黒兎」石井まゆみ
「わたしを好きと言ってくれ」石田アズ
「お嬢、初恋をさらわれる」あずき松奈
| 漫画・本::ザ マーガレット | 18:25 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2164
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん