河原和音「素敵な彼氏」第37話感想(別冊マーガレット2019年3月号)
「素敵な彼氏」、
祝・第64回小学館漫画賞少女向け部門受賞。


おめでとうございます。
河原先生は、第61回に「俺物語!!」の原作担当としても受賞されてます。

これからも応援いたします。
河原先生が漫画を描き続ける限り。


別冊マーガレット 2019年 03 月号 [雑誌]


今月の別マは「13歳のデビュー」が話題になってますが、
連載作品も面白いものばかりです。
ぜひ読んでください。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

◎前回のあらすじ
・小論文のネタづくりで、キャンプのボランティア
・丸亀先生引率のもと、予行演習
・偉そうな割に、あまり役に立たない先生
・ふぞろいの人参たち
・桐山くん宅でうたた寝
・出番がLINEだけの細谷くん
・素敵な彼氏技その34「電話で『お忙しいところ失礼します』」
・素敵な彼女技その19「一緒に… 寝ようよ~」※寝言


◎巻頭カラー
白い花たちと、桐山くん&ののか。

桐山くんはタートルネック?の服のようですが、
私はビニール袋をかぶっているように見えてしまいました。


◎今回のあらすじ
2泊3日の、キッズキャンプボランティア開始。

湖畔デート以来のゆっくりできる時間ですが、
ののかも桐山くんも、イチャイチャは自重。

ののかは女子4人、桐山くんは男子4人の面倒をみることに。
桐山くんの担当する男の子たちは、
ちょっとワンパクすぎる模様

男の子に手を焼きつつも、
きっちりボランティアをする桐山くん
意外と?子どもたちになつかれている

入浴タイム。
ののかにいたずらし、
「(女の子の)はだか見たもんねー」とはしゃぐ男の子

「女の子はおまえのおもちゃじゃねえんだよ」と
どす黒い笑顔で説教する桐山くん
男子はビビりまくる

夜。
ののかの担当する女の子が、
暗闇をこわがって泣き出す
伝染して他の子も……

困ったスタッフさん、
桐山くんのいる広めのコテージに、
ののかと女子も泊めることに

こうして、ひとつ屋根の下での一夜が始まる……。
以下次号。


◎感想
正直に言います。
展開がめちゃめちゃ強引。

(1)ボランティアの高校生1人につき子ども4人
 負担が大きすぎる

(2)元気のいい男子ばかり固めるのも変
 分散させるものでは?

(3)正規のスタッフのいるコテージに
 女の子たちを泊まらせるべき

でも、面白いので強引でもOK!

私は河原先生信者なので、判断が甘めなのかもしれません。

でも、お泊まりですから。
夏休みらしいことを何もしていないのだから、
ドキドキ展開があってもいい、そう思いませんか?
(誰に聞いてるんだろ……)

いくつかの強引さを許せるのは、
桐山くんとののかが、きちんとボランティアしてるのもあります。

高校生カップルだったら、
空き時間でベタベタしてもおかしくないところ。
でも、子どもたちの面倒を見ることに専念している。

(ののかは桐山くんに視線が向きがちだったけど、
口に出してないのでセーフ)

公私のけじめがきっちりしている、
立派な2人だと思います。

それにしても、桐山くんは内心困っているはず。

きちんとボランティアするつもりが、
どういうわけか、コテージでののかと一夜を過ごす羽目に。

漫画的に、何かが起こらないと面白くない。
でも、何かが起こったら問題になる。
どうするんでしょう。

次号の展開予想。

(1)イチャイチャする。何なら最後までする
子どもたちが起きる可能性あるので、難しい。
プロレスごっこでごまかす? 無理がある。

※「クレヨンしんちゃん」初期に、そういう話がある

そんな事態になったら、
ののかと桐山くんを一緒のコテージにしたスタッフさんも始末書モノです。

(2)将来の夢などを語り合う
子どもの世話から、将来は先生や保育士がいいな、とか……。
色気がない。
エロい桐山くんらしくない。

(3)割愛して翌朝
2人とも眠れず目が真っ赤。
まあ、コメディでは普通。

(4)桐山くんも霊感が出てきて泣き出す
なんなら幼児退行する。
これはこれで面白いが、キャラ崩壊なのでダメ。

難しい……。

こんなヒキを回収するんだから、
漫画家の先生はすごいですね。

私は(1)ですけど、
結局寸止めになると思います。


◎その他
◆「女の子はおまえのおもちゃじゃねえんだよ」
今月のベストオブベスト名言。
「ののかに水ぶっかけ事件」以来の、怒りの黒桐山。

ここは、怖がらせるくらいきっちり言って正解。
「男の子だから」と多めに見ると、
将来、セクハラや性的なからかいを平気でやるクズ男になってしまう。

とはいえ、よそ様の子どもを叱るというのは、
とてもエネルギーのいること。

この場面の桐山くんはとても立派で、
10000億点満点です。
女性を大事にする、これぞ別マ男子。

内心は、「俺だって見たいけどガマンしてるのに……」
なんて思ってるかもしれないけど。

◆カンガルーの物まねする、ののか
似てない。
ジェスチャーゲームは、前作「青空エール」でもやってて、
つばさが同じように失敗していた。
たまたまか。

それはさておき、30ページ目の小桜さんはカワイイです。

ツインテール×カンガルーの手×とがらせたクチ=114514兆点。

◆「あの子いいねー もっとスカした感じの子かと思ったわ」
スタッフさんの桐山くん評。
明らかに彼女と参加してるので、
スカしてるか、チャラいヤツと思われるのは仕方ないです。

それを聞いて怒らないののか、器がでかい。

◆桐山くんのスパッツ(レギンス?)
    桐
 山
    く
    ん
   の
 ア
 ウ
 ト
   ド
   ア





青色で、とても目立つ模様です。
あったかそう。

ググったところ、近そうなのがコレ。


【サンタリート】 Santareet ノルディック柄レギンス(IF-C1017-F-B)


次回の読者プレゼントはこのレギンスで(厚かましい)。

◆実際のキッズキャンプボランティア
どんな内容なのか、ググってみました。
春休みこどもキャンプ2019 in静岡 スタッフ募集 by あいちこども自然学校 | activo(アクティボ)

こども8人程度の班をスタッフ2~3人で担当

ですよね。
劇中みたいに高校生のワンオペには、しないでしょう。

若いうちから社会活動に参加するというのは、中々出来ない事です。
面倒くさがり&インドアの私は尊敬の念しかない。

◆ののかの替えのパンツ
「丸めた布=パンツ」ってわかりませんでした。
折りたたむものだと思ってたので……。


◎今月の河原先生
小学館漫画賞いただきました。
読者様と関係者さまへの感謝しかないです。ありがとうございます。



◎単行本
9巻は2/25発売!
素敵な彼氏 9 (マーガレットコミックス)

別マで表紙が確認できます。
壁ドンですね。

今までやっていそうで、やっていなかった壁ドン。
床ドンや、エレベーター壁ドンはやったけど。

桐山くんほどのプロ彼氏となると、
壁ドンごときありふれた技は使わないということか
(技じゃねえし)。


◎別マの他の作品感想
◆[恋を知らない僕たちは]水野美波
別マ表紙は6人全員集合。

メインは池澤さんと英二です。
が、私的ベストシーンは「…もう いんだ…」の太一です。
恋がうまくいかない事もあると知り、こうして少年は大人になる。

うまくいかない事の方が多い。
劇中でうまくいってるのは、泉と直彦だけ。今のところ。
「恋の切なさ」を描いている作品なのかもしれません。

◆[思い、思われ、ふり、ふられ]咲坂伊緒
ゴシップおばさんのうわさ話は過熱。
理央、由奈パパと男同士の話をする。

由奈パパの言い分は、年ごろの娘さんを持つ父親としてはごもっともな意見だと思う。
しばらく凹む理央ですが、
翌日、ちゃっかりやりたい事はやってました。
いいと思います。

ラストの引越しは、
「引っ越しはするけど転校はしない」ってオチなのでは。

◆ふりふららくがきノート
ツバメノート監修。
ぬり絵企画もあります。

◆[凜ちゃんは我慢できない]潮波和
フレッシュ新星読みきり1。

衝撃作。
おっかけ気質の女子はたまに読みますが、
凛ちゃんは突き抜けてます。完全に危ない人です。
大人だったら犯罪者です。

でも気持ち悪くないのは、恋する気持ちを丁寧に描いてるから。
初恋って、突っ走るものだからね。

「なんなんださっきから 室くんハッピーセット祭りやんけ」
セリフも面白いです。

一番は、便所飯ならぬ便所ケーキですかね。

◆[ちなみちゃんの推しが強い]にしひろあき
フレッシュ新星読みきり2。

あこがれの先輩はプロのミュージシャン。

ガッツがあって、適度に抜けてる女子は、読んでいて楽しいです
あい耳持ちかけるシーンで
「LとRで鳴ってる音違うの知ってて言ってんの?」
と拒否されるのは、リアリティあって良いです。

◆[隣のえまたん]茜希未
フレッシュ新星読みきり3。

隣の席のラブリー男子は、クラスの人気者。
でも、思うところは色々あるようで。

うわさ話する時の、クラスのじめっとした空気がリアルでした。
ただラブリーな作品ではないです。

◆[音信の雪] 星木奈々
デビュー作。
星木先生は13歳ということで、話題になってます。

音信=便り。通信。

通学の駅で、雪が降った日の話。
普段意識していない男子も変わってみえて、
恋が始まる予感がします。

タイトルが渋い。
場面も、ほぼ駅に絞って細かく描いている。
16ページなので、アレコレ詰め込まず、最小限に絞る。
そして画力。素人目にも稚拙なところがない。

将来が楽しみな方です。

とはいえ、色々な道があります。
下記の、おかざき先生のようなご意見もあります。




長い目でみていきたい。

◆[テリトリーMの住人]南塔子
穂積、ラストで思わず言っちゃいました。
波打ち際で髪をかきあげるエマさん、可愛すぎますからね。

コレは玉砕する可能性が高そう。

エマさんは、お母さんと彼氏?の医者の事でモヤモヤしている。
今はタイミングが悪い。
それだけ、穂積は不器用なんですね。

でも、はっきり言わないと、意識してもらえないだろうし。

◆[灰原くんはご機嫌ななめ]八田鮎子
夏休みに、灰原君の地元・鹿児島へ。
ユリアと三郎も一緒。

またまた灰原くんがウブいです。
海では赤面しっぱなし。
みおさんの肩も抱けない。

灰原くんはコレでいいんです。
ゆっくり成長してください。

灰原くんのセルフビンタで、
「ダメな私に恋してください」のミチコを思い出しました

◆[ふしぎの国の有栖川さん]オザキアキラ
おじいさまからの刺客!
ドS教師、堂島兄が有栖川さんの学校にやってきた。

これから四六時中有栖川さんを監視しているらしい。

門限17時、
ケータイ没収、
野宮くんとの会話は毎日2分まで。
ルールを破ったら、山奥の学校に島流し(転校)。

いろいろ無茶苦茶です。人権無視じゃね?
オザキ先生の作風だからこそ許される展開。

この強引さ、ハルxキヨの清志郎兄を思い出します。

◆[きみの世界にいていたい]ともすえ葵
茉千さん、いおーに反発する。

ヒーローが何を考えてるかわからないのは、よくある。
けど、この漫画はヒロインもどうしたいのか、
今のところわからない。

「あなたの2次災害が 今、私に来てます」
「坂倉いおーを楽にしてなるものかと」

ツンツンしてる時期の、
意地の張り合い、なのだろうか。
自分でも、どうしたらいいかわからないのだろうか。

うーん。

ともかく、行き着く先がどこなのか、見守りたいと思います。

◆[月のお気に召すまま]木内ラムネ
月、乙女ゲーのヒーローになる。

お互いにもてあそび、もてあそばれる。
まさに格ゲーのダブルノックダウン状態。

ニヤニヤが止まらない漫画。

◆[たまのごほうび]星谷かおり
ゲーセンで、男女4人の思惑が交錯する。

江口さんみたいに、はっきり主張する人は好きです。
ヒロインはハッキリしないことが多いので、
こういうキャラは重要。
体の一部もハッキリ主ちょ……ゲフンゲフン。

物知りな玉緒くんですが、「乳繰り」は語彙になかったもよう。

◆[星子画報]凹沢みなみ
修学旅行なのに全然キラキラしてない。
微妙な記念写真、オシャレした結果が下○。

このしょっぱさがたまりません。

ところで、坊主の男の子は、もう出番ないんでしょうか。
毎回出てくる男子が変わるのかな。

◆[ウツラウツツ]荒井はる那
最終回。お疲れ様でした。

最後は、バッドエンドもあるかもしれないと思ってました。
逃避行するとか、
主人公が先輩のお兄さんに刺されるとか。
でも失恋で終わりましたね。良かったです。

次はどんなテーマを描かれるか、お待ちしてます

少女漫画アプリ「マンガMee」で、2/13から1か月限定配信。

◆[モテないメモリー] かねこゆかり
あっこの部活のバレンタイン話。
忘れられた部長……( ;∀;)

欄外で募集している #モテメモ川柳
ツイッターでもOKだそうです。

◆[ダサ彼!! ] 城綾音
イケメン断ちダイエット。
意味わかんねえ。

ボケは基本圭くんですが、
時々リコもすさまじいボケ役になりますね。

服に重りをつける場面で、
ドラゴンボールの修行用の重たい道着を思い出しました。

◆[あいまいもこもこ団] 保奈実
気になる先生の特殊能力は、
手元に風を「ぶわっ」って起こすだけ。
地味!!!!

そんなことより、今どき珍しい七三分けが気になります。


◎心理テストSP
カラーページの折り込みですね。

私の回答は以下の通り。

Q1
鼻メガネ

Q2
髪をくしゃくしゃにする

Q3
カーテンで遊ぶ男子

Q4
「気のせいじゃない?」

2は、玉緒くんの顔面にケーキをグシャってしたいのですが
(ドリフのコントみたく)、
そんな選択肢はない。


◎次号
表紙&巻頭カラー
[君に届け 番外編~運命の人~]椎名軽穂

W新連載カラー
[君がトクベツ]幸田ももこ
[春と恋と君のこと] 綾瀬羽美

幸田先生と綾瀬先生!
これは熱い。

フルカラーショート
[カリカリ日和]香魚子

センターカラー
[ふしぎの国の有栖川さん]オザキアキラ

フレッシュ読みきり
[かまわれたくなくない]加藤朱々

別冊ふろく[世界で一番大嫌い]
春江ひかる・柚野マミ・松尾夏生・志咲ほのか


◎リンク
前作やその他の作品について
漫画・本 河原和音「青空エール」
漫画・本 その他の河原和音作品
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 08:19 | comments (7) | trackback (0) |
コメント
hiroさん、いつもありがとうございます。

桐山くん、育て方がいいとああいうお子さんになるんでしょうか。
ご両親がよほどできた人なのか。

こんな感じで、大学生桐、社会人桐、ダンナ桐、パパ桐の日常というのも良いかも(^_^;

次回、男の子たちが騒ぐ展開にならないことを願います。

13歳デビュー、ネットでも話題になってますね。
普段読まない方が別マを読んだりしている。
年齢を強調するのは、それだけ異例のことなのでしょう。

将来楽しみな方ではありますが、
あまり騒がず、次作を待ちたいと思います。
学生としての生活もありますから。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 19/02/24 10:46 | Y945Kht2 |
こんにちは。

桐山くんは紳士的というか自然に人を尊重できるところがいいと思います。
お姉さんがいるからなんですかね…?
改めて桐山くんのいいところを実感するというか
この漫画はただののか目線で桐山くんの日々を観察するだけでも成り立つのかもしれないと思ったりします。
ただ展開の強引さは否めない…二人がどうというより女子たちに何もないといいなとか
問題にならないといいなと思います。

ところで噂の13歳。
13歳でということを前面に出されると、編集側に
13歳でこれは凄いでしょ(粗はあっても大目に見てね)って言われてるみたいで
何だかなと思います…。
ただ、昔ほどハードル高くないとはいえ、
その年齢でしっかり描いて投稿して来るというところが凄いのかもしれません。
何というか今どきWEB漫画とかpixivで描いてた作品が商業デビューとかいろいろある時代に
最初から職業作家という道を目指して雑誌に投稿をするというところが。13歳で。
そういう意味では楽しみですね。
| hiro | EMAIL | URL | 19/02/23 10:55 | hP5fGcVs |
Cameronさん、お忙しい中ありがとうございます(^o^)
じゃんじゃんツッコんでください!
文章長くても大丈夫ですよ(^^ゞ

クレヨンしんちゃん、初期はブラックというか大人な描写ありましたよね。
掲載誌がアクションだったので。

替えのパンツは勉強になりました……
今後、役に立つかはさておき。
女性は荷物多そうですから、コンパクトにするのは重要ですね。

星のシーンは流し読みだったので、
また読み直します。
性格上、おかしなシーンに注目してしまう(^_^;

2月、3月はあわただしい事と思います。
落ち着いて、ゆっくり読めますように。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 19/02/18 10:46 | Y945Kht2 |
のんさん、こんにちは(^o^)

高校生だってまだ未成年なんだから、
4人は無理ありますよね(^_^;)

小桜さん、しっかりしてるところもあるし、ふわふわしてるところもある。
バランスが絶妙です。桐山くんにも言えます。

別マで大学生というと、「イタズラなkiss」でしょうか。
結婚まで進みましたね。

継続希望のメッセージは、
別マの公式サイトからのご意見、アンケートはがき、ファンレターでいいと思います!
送り続ければ、変わるかもしれません。

私は、まさにのんさんの想像するラストかなと思ってました(^_^;
でも、大学生、夫婦になった2人が、
色んな問題にどう対処するか、というのも読んでみたいです。

それでは、またどうぞ。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 19/02/18 10:31 | Y945Kht2 |
すみません、途中で文が切れて送信されてしまいました
| Cameron | EMAIL | URL | 19/02/17 20:37 | bgCb3utQ |
今回もツッコミどころ満載の感想ありがとうございます!


ドキドキ展開があってもいい、そう思いませんか?

思いまーす!(^^)!

「クレヨンしんちゃん」初期のプロレスごっこ

知ってる…

桐山くんのスパッツ、私も気になったので、調べていただきありがとうございます!

◆ののかの替えのパンツ
旅行のパッキングでは女子はよくこのたたみ方やりますね。かわいいし、コンパクトになるし。

今号で私がいちばん素敵だな~って感じたところは、
星がきれいだな~って夜空を見上げて、
ふと横を見ると、
大好きな桐山くんも同じ空を見上げてて。
何にも言葉は交わさなかったけれど、
星、いっしょに見れた
って思うシーン♡

うーん、青春だな~(←死語)

今回はプライベートでも受験生の娘がいて、
仕事場(某県立高校英語科)でも戦々恐々としているので、めずらしく別マ読むのが遅くなりました。
(ていうかまだステカレと灰原くんと有栖川さんしかちゃんと読めてない
| Cameron | EMAIL | URL | 19/02/17 20:30 | bgCb3utQ |
こんにちは(о´∀`о)
今回の展開は強引でしたよねー。
私だけの感想でなくてよかった!
高校生ひとりで面倒見るキャンプなんて私が親なら預けられないし(笑)

他のボランティアスタッフの高校生が、ののかや桐山くんにちょっかいを出す…みたいなこともあるかもと思ってましたが、見事にモブでしかなかったし、ドキドキ展開のみのキャンプになるのかな〜。
同じ部屋になるってことになったとき、ののかも「わぁ」って言ってたし、困るより嬉しいが先に来てるってかわいいですよね。

高3だしそろそろ連載終わるのでは、と言われてますが…やはり終わっちゃうのかな…。別マで大学生の話とかやらないですよね。

先月、最後は3回目のカウントダウンって予想されてたけど、だとするともうすぐですよね〜。寂しい…。

小さな女の子がカウントダウンをうっとり見てて、顔が見えない両親が「ママたちの思い出の場所なのよ」とかって言うそんなベタな終わりかたとか絶対やだ。

別の雑誌、例えばココハナでもいいから大学生編継続希望です。
(どこに言えばいいのでしょう)

ではでは来月も楽しみにしています!
| のん | EMAIL | URL | 19/02/17 09:34 | xUVvy6M. |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2147
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん