河原和音「素敵な彼氏」第36話感想(別冊マーガレット2019年2月号)
新年明けての別マです。
本格的に仕事が始まり、ささくれた社会人の心を癒してくれます。
月並みですが、優しい気持ちになれるわけですよ。

イケメンがモテて腹たつこともありますが。


別冊マーガレット 2019年 02 月号 [雑誌]


丸亀先生宅で愛を確かめ合い、
ますます仲が深まった、ののかと桐山くん。
このまま時間が進むかと思いきや、まだ夏休みでした。
色んな意味でアツい夏が続きます。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

◎前回のあらすじ
・丸亀先生のボロアパート
・見つめあう2人⇒窓の外におじさん
・人をタイプでわけるのは好きじゃない桐
・ののかにだけ困る桐
・ののかだけ困らせたい桐
・色んなちびキャラ桐
・不安なときのネット、ダメ、絶対
・先生のお姉さん(仮)
・素敵な彼氏技その33「しっかりつかまえる宣言」
・素敵な彼女技その18「だまされて、ミッドナイトラン」


◎表紙
冬服桐。
耳当て(イヤーマフ? イヤーウォーマー?)が今風です。

「こんな彼氏に出会っちゃったら、もう好きになっちゃうだろう?」
という謎アオリつき。

そ、そうですね。


◎今回のあらすじ
ののかの第1志望のS大は、
小論文も受験科目として選択可能

テーマは毎年「私の高校生活」

が、ののかは高校で、
恋愛以外にめぼしい事をしていない

そこで、小論のネタづくりのために、
「子どもキャンプ」のボランティアに参加することに
むろん桐山くんも参加

テント張りや食事などの経験がないので、
丸亀先生引率のもと、キャンプの予行演習をすることに

丸亀先生が空回りしたりもしたが、
いい雰囲気で練習に成功

疲れた2人は、桐山くん宅で休むことに

話してるとすぐに寝てしまう、桐山くん

ののかも、
「一緒に眠って起きる日が来たらいいな……」という
願望をいだきつつ、うたた寝してしまう

先に目を覚ました桐山くん、
ののかの「一緒に… 寝ようよ~~」という寝言を聞いた上に、
寝ぼけたののかにハグされてしまい……


続きはお読みください!!!!


◎感想
ののかの無自覚なゆうわく!
こうかはばつぐんだ!

(ポケモン風)

あの場面、桐山くんはよく自制したと思う。
完全に雄♂の顔になってたよね。

お母さん(たぶん)が帰ってきて、
良かったのか、悪かったのか。

実際のところ、うたた寝してる顔は
ヨダレ垂らすし口は緩むし、きれいなワケではないのだが、
そこはマンガですから
(桐山くんのことだから、ヨダレもカワイイと思うかも)。

桐山くんがどこまで我慢できるのか、
そっと見守りたいと思います。

今回も、河原先生の自然なストーリー展開はさすがでした。

大学入試という、ゆううつな現実をとっかかりにしつつ、
スムーズにイチャイチャにつなげる。

海や夏祭りとか、
夏休みらしいイベントはしないけど、
ラブラブはきっちり描く。

まさに、まるごとよくばり
(キャンプのチラシ)。

次号はキャンプ、野外でお泊まり。
さすがに小さい子がいて公然とイチャつけないと思いますが、
サービスシーンはありそう。

「お兄ちゃんとお姉ちゃんつきあってるの?」
「結婚するのー?」
と高確率で訊かれるので、桐山くんがどう返すか見ものです。

もしくは、お子様がちょっかいを出してくる、
でも可。

男子がののかにラッキースケベ
⇒嫉妬桐

こまっしゃくれた女子が桐山くんにアプローチ
⇒ののかと付き合ってるアピールする桐

どう転んでもオイシイ。


◎その他
◆桐山「お忙しいところ失礼します」
電話でさりげなくこう言える高校生、すごくないですか。
私が人事部なら桐山くん即採用。

女性社員さんの間で血みどろの争いが起こりそうだが

◆桐山「(お泊まりキャンプでも)俺は何もしないけど」
桐山くん「から」は、しないでしょうね。

◆ののか、ふんわりと、なにもしていない高校生活
理転の経緯を、カレシがみなのを誤魔化して
カッコよく書けば、いけると思う。

ののかの性格上、しないだろうけど。

◆どこか抜けてる丸亀先生
キャンプの練習、重装備のくせに経験なし。
なんか、偉そうでも憎めない人。
有能で一生懸命なのに、どこか笑える。

通常、カップルの中にこういうキャラがいると
お邪魔虫でしかないんですが、
そうならないためのキャラ作りの工夫を感じます。

メガネの中央をクイッとやる仕草は、
ジョジョ立ちっぽい。
(わからない人は「ジョジョ立ち ジョセフ」でググってください)

◆カレーとバーベキュー
お腹が空いてたらいける。
北海道ではよくやるのかな……。

最近のキャンプクッキングでは
バームクーヘンやパエリアを作るそうです。
時代は変わる。

◆にんじん4枚つづり桐
逆に器用。

◆ふぞろいなにんじん
ふくらみすぎクッキーや
クリーチャー風チョコレートを作るののかさん、
相変わらずみたいです。

◆優しくフォローする桐山くんに、
ポーっとなってるののか……と丸亀先生

なぜホホを染める……。

◆「いつか桐山くんと一緒に暮らしたい……」
「桐山くんと一緒に眠って起きる日が来たらいいな…」

今回、ののかは「一緒に暮らす」ことをイメージしています。
色んな表現があるんですね。

これは、同棲編の伏線でしょうか。
今のところ、2人とも実家から大学通うようですけども。

ただ、桐山くんは「同棲するくらいなら結婚」と
言いだしそうな気もする。

◆暗黒面の丸亀先生
この感じだと、今は彼女いないみたいです。
いい人だけどときめかない、そこが先生のネックか。

童○こじらせないうちに、彼女を見つけて欲しいものです
(勝手に決めるな)。

◆出番がLINEだけの細谷くん
いい味出してます。
エリハ様もLINEだけ出番のことがありました。
このへん、似た者カップルです。

◆すぐ寝ちゃう2人
若いころは、夜になると眠くて仕方なかった。
今は眠るまでに苦労する。

スマホとかPCを遅くまで触ってるのが、いけないんですね。


◎今月の河原先生
またザリガニもらってきました。


◎別マの他の作品感想
◆[思い、思われ、ふり、ふられ]咲坂伊緒
理央と由奈さん、久々に長めのデートシーン。
と思ったら、ご近所のスピーカーおばさんに見られて、
お母さんにチクられる。

「そんなゴチャゴチャ言われることはしてない」
堂々と反論した理央、男前です。

一方、乾くんと朱里もラブラブ。
テーブルの下で手をつないでる2人。
有名人の結婚記者会見か。

◆[テリトリーMの住人]南塔子
ふろく「描きおろしクリア下じき」ついてます。

今回の駒井さんは、よく頑張った! 感動した!
(小泉元首相風)
うじうじしてる櫛谷に、正面突破でキスまでもっていきました。

野球でいうと、

ホームランかと思ったら、ポールぎりぎり外れる大ファール

打ち直しで今度こそホームラン

そんな感じ。

2人の涙が美しい、それでいてすがすがしい、
これぞ高校生の恋愛漫画です。

煮え切らない櫛谷。
気づかいのできる性格は、こういう時デメリットである。

でも、強引にいく俺様タイプより好感持てます。
「これ以上 仲間うちをゴタゴタさせたくない」というのは、
彼らしいセリフです。

穂積は、駒井さんの背中を押す。
珍しく役に立った(失礼だな)。

次は、エマさんが穂積と宏紀のどっちにするか、
という話になります。
その前に、エマさんが恋愛する気なさげなのが気にかかる。

◆[恋を知らない僕たちは]水野美波
真面目でお堅い、現実の恋を知らない池澤さんと、
実際に恋愛してて、甘さも苦みも知っている藤村さん。
対比が面白いです。

英二は動きなし。
ほとんど出番もない。
次回、池澤さんが動いて変わるのか。

太一のセリフは、知ったような事を言うな、とも思うけど、
高校生って、ああいうクサいのが似合う時期ですよね。

◆[ふしぎの国の有栖川さん]オザキアキラ
夏休み! 海! 水着! 回。
意外にも律のグラサン姿が決まっている。

今どきの、女子の水着はああいうのなんですね。

そして……有栖川さんは、着やせするタイプッ!!
野宮くんが男の子になるのもわかります。
そらもうガン見ですよ(どこをとは言わない)。

有栖川さんのお母さん、
肩の猫はいつ下ろすんだろう。

◆[灰原くんはご機嫌ななめ]八田鮎子
灰原くんの自由人すぎるお兄さん、登場。
世界を旅してて、アフリカには2人の奥さんがいるらしいです。

カタブツの灰原くんが、こんなお兄さんを好きなはずがなく、
いきなりケンカする。
兄弟というのは、コンプレックスを抱きやすいものです。

でも、みおさんがそれを優しくほぐしてくれました。

あの、頭を抱えるハグは高得点の技です。
母性といいますか、癒しといいますか、
一番はおっp(ry

順調に愛をはぐくむ2人。いい……。
でも、掲載順が後の方なのが心配です。

◆[恋をみていた。]中河友里
読みきり。
中河先生、ビタープリンス以来久々の登場。

笑いどころがあって、でもきちんと切なくさせる、
いい読み切り。

ただ、ヒロインと、癒し系の女子が区別つけづらかったです。
髪型似てるから。

◆[a Boy, a Girl]藤原ゆん
読みきり。
赤面女子の話です。

「…あの 先生もう行っていいのかな…?」のおじさん先生が好き。

◆[星子画報]凹沢みなみ
デビュー後いきなりの本誌初連載。
ショートとはいえ、この扱いはすごい。

野球でいうと、高卒ルーキーが開幕一軍入りくらいの衝撃
(野球で例えるのはおっさんの証)。

ヒロインは、地味な田舎で恋を夢見る少女
吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」みたいなエレジーを感じます。

でも、イケメン幼なじみも出てきて、
きちんと別マらしいラブもありそう。

色々考えたけど、即身仏で全部もっていかれました。

◆[きみの世界にいていたい]ともすえ葵
いおー、2話目も飛ばします。

ジャージを返してもらったいおー、
茉千さんの胸ぐらを掴んで、首元をクンクンして

「茉千んとこのにおいか」

(間)

「ファーファ?」

この脈絡なく女子との距離を詰める感じ、
まさに別マ男子。

なんで、彼らは躊躇なくこんなことができるんでしょう。
そして、こんなのを考えつく先生方がすごいです。

◆[月のお気に召すまま]木内ラムネ
2話掲載。

ドゴ(理科室の壁破壊)
ボファ(合コンで激まずドリンク)

ヒロインが体をはってます。

月くんのアピールがさっぱり届かないのが、
悲しいけどおかしい。

◆[たまのごほうび]星谷かおり
「物置はエロいことをする場所」
「ちちくりスポット」
こういう知識と語彙はどこから仕入れるの?
お父さんのエロ本? お母さんのレディコミ?

そして、玉緒くんにどすけべボディ・江口さんの魔の手が。
が、天然な玉緒くんには通じず。

「私と話す男子ってみんな胸見てるから」
なんか、すいません(下がる目線)。

ただ、正直なところ、
少女漫画で胸が大きいと言われるキャラを見ても、
あまりそう思わない。

というのは、私が少年・青年漫画の
大きすぎる胸を見慣れてるからです。

気持ち悪い? そうですね。

◆[ウツラウツツ]荒井はる那
先輩の目つきがサイコです。
バッドエンドの予感しかしません。
主人公が刺されるか捨てられるか。

次回は最終回。
アプリのマンガMeeで2月から配信だそうですが、
続くのか、最終回までを配信するだけなのか、よくわかりません。

◆[霜月先生の甘くない恋愛講座]香魚子
最終回。
もっと色々、例えば先生の中学の頃の話とか描けそうに思います。
残念。
最近の別マはシビアです。

香魚子先生、小説の挿絵なども出がけて
絵はいいのですが、漫画はなかなか続かない。

◆[ダサ彼!! ] 城綾音
圭くんの異名
「時代が追いつくことをあきらめたファッショニスタ」
サッカー選手か?
(それファンタジスタ)

「(男は)まず顔 顔面第一」
ブレないヒロイン。

◆[モテないメモリー] かねこゆかり
私も、自分に正直に生きたいと思います。

欄外で「モテメモ川柳」募集中。
非モテの思いをぶつける時!

◆[あいまいもこもこ団] 保奈実
今回も、サカナホストクラブ編。
そしておもちつき。
「偽りのペッタン」、意味不明すぎて最高。

なんで、最後のペッタンはキネ使わなかったんでしょう。
タイキ君の手が粉砕されるのを見たかったワケではないですが。


◎バレンタインギフトカタログ
カラーページ特集。

宏紀(テリM)
桐山(すてかれ)
野宮(有栖川さん)
乾(ふりふら)
直彦(恋僕)

の5タイプから、プレゼントのグッズをセレクト。

桐山くんは、
シンプルなアクセサリにバングル、サングラス。

こういうのを女の子に選んでもらえるなんて、
男冥利に尽きる話です。

プレゼントされた男子は、
恥ずかしがらずに受け取って欲しいと思う。

◎次号
表紙&カラー
[恋を知らない僕たちは]

巻頭カラー
[素敵な彼氏]

センターカラー]
[思い、思われ、ふり、ふられ]

ツバメノート監修ふろく
[ふりふららくがきノート]

別マの新星読みきり3連弾
[凜ちゃんは我慢できない] 潮波和
[隣のえまたん] 茜希未
[ちなみちゃんの推しが強い] にしひろあき

最終回
[ウツラウツツ]
※2月より、アプリ「マンガMee」で配信

巻頭カラーと表紙の作品が違うのは、
別マでは珍しいです。
集英社の他誌では、よくあります。

カラーは大変そうなので、
それもいいと思います。
先月号のテリMみたいなことがあるよりは、ずっといいです。

しかし、次号予告で一番大きい扱いは、
恋僕でもすてかれでもなく、ふりふら。
ちょっと謎な構成。

編集部も色々試してるのかもしれません。


◎リンク
前作やその他の作品について
漫画・本 河原和音「青空エール」
漫画・本 その他の河原和音作品
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 02:01 | comments (2) | trackback (0) |
コメント
hiroさん、いつもありがとうございます。

3年になってからは、じっくり描いてますね。
それだけ人気が出たのだと思います。ヤッター(^o^)

ラストは、3度目のカウントダウンだと思います。
大学は考えにくいですね。読んでみたい気持ちはありますが。
別マにしっくり来ない気がします。
ココハナで同棲編……どうかな。

ふりふら……お父さんお母さんだけで海外行く、のは難しいか(^_^;

テリM、捕手の後逸はうまい例えですね。
受け手(櫛谷)の気持ちの問題なので。
エマは吹っ切ってるのに、櫛谷は引きずったままだった。
駒井さんはよく投げ込みました。

国枝さんは、穂積と宏紀のあまった方とくっつく、
なんて予想がありますが、はてさて?

それでは、またどうぞ。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 19/01/17 09:20 | Y945Kht2 |
こんにちは。
素敵な彼氏、2年の夏はあっという間に終わって北海道の夏は短いなと思っていましたが
今年の夏は長いんですね。
大学生までやるのかなー、高校で終わりかなと思ったけどどうなんでしょう。
カウントダウンは正規に実現してほしいところですが、3年目でそこが実現しなかったら
翌年までやってほしいです。
結婚は…今でもふんわり気味のののかだから無理かな。同棲は出来なくもないだろうけど。

ところでふりふらの、同じ人にいちいちみられてるってのは何か嫌ですね。
最後の1回のとかは正直防げたんじゃないかと思うし当人たちの脇の甘さもなくはないですが。
にしても家族の危機乗り越えたと思ったら今度は…なまじ家族の絆深めちゃっただけに残りづらい?

そしてテリトリーM。
打ち直しホームランかあ…。
私が野球にたとえてみるとしたら、渾身の球を投げたけど後逸されてピンチを迎えたけど次は確実に仕留めた、みたいな。いやこれも違うか。
でもほんと、こまちゃんじゃなくて受け手の櫛谷の方に問題がある感じで。
櫛谷の気持ちはわからなくはないんですけど
えまのことをわかってなさすぎないかと思ったりしました。仕方ないとも思うけど…。
何にせようまくいってよかった。ここが片付かないとしっくりしない。
で、あの同じマンションで同級生なのに仲間には特にならない彼女はこのあと出番はあるのかないのか。乞うご期待?

有栖川さんについては私も思いました。
ほっそり系かと思ったら意外に胸あるなと。
| hiro | EMAIL | URL | 19/01/15 12:59 | hP5fGcVs |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2140
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート