Cocohana(ココハナ)2018年6月号感想
アシガール、表紙&巻頭カラーにござりまする。
梅雨の若君と唯です。
本編+番外編と大ボリュームで、森本先生お見事にござります。


Cocohana(ココハナ) 2018年 06 月号 [雑誌]


アシガールが佳境ですが、
もし終わったら、ココハナのカンバン漫画って何になるんだろう、
というのが気になる。
余計なお世話もいいところですが。

これまでの感想は
漫画・本 ココハナ

◎作品感想
◆森本梢子[アシガール]
相賀「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『忠清は 旅芸人一座の女と逃げていたと
思ったら 月に上って消えていた』

な… 何を言っているのか わからねーと思うが(ry」

今回の話は要するに
「宴の余興のどさくさ紛れに若君を連れ出して、タイムマシンでトンズラ」。

文章にするとただそれだけですが、
マンガにすると、とてもおかしい。
特に
「なかなか凝った趣向にござりまするな」
「逃げたのじゃ! 追え!」
の間。

唯と若君が2人で現代に戻るのは初めて。
これで大団円なのか、ひとひねりあるのか。

羽木家は成之が継ぐから、OKなのだろうか。
時々タイムマシンで様子を見に行くのだろうか。里帰りするみたいに。

◆森本梢子[アシガール 番外編]
主役は天野信近。
小平太のパパ、天野のじじい(信茂)の息子です。
彼がいかにおふくろ様を口説き落としたか、という話です。

1.外堀を埋める=村にそれとなく噂を流す
2.馬を射る=三之助と孫四郎を手なずける
3.押して引く=わざと顔を見せない
4.情に訴える
5.チームワーク

勉強になります!

それにしても、癒しのイケメンを求めて読まれてるココハナで、
やもめのおっさん、しかもチョンマゲを主役にするのがすごい。

「くれぐれも堅固での」
(堅固=すこやか、丈夫の意)

言葉づかいもちゃんと古めかしくしてるのが、森本先生のいいところです。

若君だけは現代に近いイケメンだけど、他はちゃんと時代劇っぽくしてるので、
歴史にうるさい人でも萎えずに読めると思う。

◆吉住 渉[ママレード・ボーイ little]
「個人情報だから言えない」
中学生がこんなセリフを言うとは、世知辛い世の中だ。

◆芦原妃名子[Bread&Butter ブレッドアンドバター]
男だけの仕事場に若い女性なんて、
トラブルにしかならんと思いますね。

◆田島みみ[カレ、拾いました]
一人暮らしのOLが、イケメン大学生を拾って泊める話。
まあ、ファンタジーですね!

これ、男女逆転したら、仕事に疲れたリーマンと寝る場所がない女子大生。
性犯罪臭しかしねえなと思いました。
そんなみみっちいことを気にしてはいけない。

◆いくえみ綾[G線上のあなたと私]
最終回。

いくえみ先生らしい、日常と地続きの終わりでした。
也映子と理人が温泉宿で一泊、というのは充分イベントではあるけど。

理人が化粧について詮索してますが……
也映子さんが、それだけこぺこぺに塗ってたんでしょうかね(失礼だな)。

それはさておき、
・覗かさる羞恥心
・ちがうしょやー
北海道弁の勉強になります。

北河さんのお義母さんは、相変わらず偉そうでした。
人間、入院した程度で丸くなるものではないのです。
いくえみ先生の、そういうどこか冷めた視点が好き。

先生、他誌でも連載をたたんでますね。
活動を縮小していくのか、またしれっと新連載するのか。

◆高梨みつば[スミカスミレ 番外編]
真白くんの話です。
きょうび教師は楽じゃないです。
「ほどほど」で妥協するスタイルの人がいても、やむを得ないと思う。

◆東村アキコ[美食探偵 明智五郎 番外編]
小五郎の弟はワンコ系大学生。イケメン。
おにぎりの弁当でも充分だと思う。贅沢を言ってはいけない……。

8月号から、東村先生の新シリーズ開始。
ココハナのカンフル剤になるような、
でたらめなパワーのあるのを期待したいです。

◆蜜野まこと[お迎え渋谷くん]
冒頭のドラマはその……アッチ系ですかね?

新連載の2回目。
それなりにヒネリがあって面白いと思う。

人気俳優がただの一保育士(ヒロイン)に肩入れする理由は
今のところ見いだせないんだけど、
そんなのは後からついてくるので、頑張ってほしいです。

◆五郎丸えみ[はらペコとスパイス~たまこキッチンへようこそ~]
最終回。
味噌汁は滋養がある。
毎回ちょっとしたウンチクが良かったのですが、残念です。

◆槇村さとる[モーメント 永遠の一瞬]
嫌がらせの画鋲とは古典的な……。

◆美森青[彼と恋なんて]
彼氏のSNSチェックですか……ちょっと重いな。

◆榛野なな恵[Papa told me]
私も、子ども部屋は狭くても個室派。
だって○慰できないじゃないですか(おい!)。

◆田村由美[イロメン -十人十色-]
短いけど、セリフに含蓄があって面白いです。
そしてNHKの朝ドラ「半分、青い」の宣伝までしちゃう。

◆西村しのぶ[砂とアイリス]
「中で抱いて」
真っ昼間からそんなセリフを……。

◆シタラマサコ[婚活大陸]
「婚活などで、初対面の女性の名前がとっさに出てこなかったら、
『ヒメ』と呼んでください」
これは、実際に教えられたことがある。
とても恥ずかしくて言えたものではありませんが。

そんなの呼び方が似合う男は若君くらいですよ……。

◆武田愛子[ほなみ店長は働かない]
「アマゾンのお急ぎ便使えや」
私もそう思う。
書店はなんとなくぶらつきながら本を物色するところでして、
スピードは求めるものじゃない。

◆朝倉世界一[俺輪 おれりん]
川越オリンピックデーラン。
2.7kmは運動してない人にはキツイですね。

◆くらもちふさこ[とことこクエスト]
浅草のカフェ「天国」。メモしとこう。

◆たかはしみき[うち旅]
レトワブールの「おいしい食パン」。

◆てらいまき[京都おとめがたり]
糺(ただす)の森みたいなのが、東京にもあるといいんだけど。
どこも有料です。仕方ない。


◎次号
読み切りに、あいだ夏波先生の「初恋ストーカー」。
マーガレットで長年活躍されてた方です。
スイッチガールなど、パワフルな作風の印象ですが、
ココハナではどうでしょうか。

他、
武田愛子先生の短期集中連載、
小畑友紀先生の前後編読み切り。
| 漫画・本::Cocohana(ココハナ) | 21:17 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2058
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   09 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート