マーガレットNo3・4合併号(2018年2月5日号)感想
新年一発目のマーガです。
表紙で一番でかいのは暁先生で、一番人気でもあるでしょうが、
個人的に剣を推したい。
バイト中の作務衣(でいいの?)、たすきがイキだね!


マーガレット 2018年 2/5 号


これまでの感想は
漫画・本 マーガレット

◎作品感想
◆椿町ロンリープラネット/やまもり三香
暁先生が、ふみを好きと言って名前で呼んでキスしてハグする回。

マーガ公式サイトにあるように「必見の回」なんでしょうが、
自分は盛り上がりをねえ、感じないんですよねえ。
これはつまらないって事はなくて、嗜好の問題です。

先生、口に出さないだけで、
モノローグでは「ふみが好き」ってちょくちょく言っており、
今回は今まで勿体つけてたのをハッキリさせただけ。
「どうする・どうなる」と続きが気になる展開じゃなかった。

でも、ひねりをきかせる場面じゃないしね。
今回はこれしかないでしょう。
我ながら冷めてるなあ。

思いがMAX高まった先生がキスの先まで手を出したら面白いけど、
いきなりそれはないな。

◆空色レモンと迷い猫/里中実華
連載がうまい、というのは単行本の最後のヒキ(続きが気になる展開)がうまい、
ということだと思う。

そういう意味で、前号の劇のキスシーンを1巻のラストにした
里中先生は、うまいと思います。

今回はその続きで、渚は怒る。当たり前。
でも「猫にされたと思って忘れる」と許す。
気性がサッパリしてていいです。

ここでキスをきっかけに大和に傾くのはありきたりすぎるので、
渚が好きなのはあくまでも初恋の人、というのも良い。

その初恋の人は、いつ出てくるのでしょう。

◆矢神くんは、今日もイジワル。/藍川さき
弟の友達・仁科、惜しげもなく裸体をさらす。
せめてシャツ着ようよ。

そしてバイト中の楓に女の影。
これはすれ違い展開というやつですね!

◆ベルサイユのばら ロザリー編/池田理代子
月並みですが、王様や貴族って大変なんだなーと思う。
美味しい思いもするけど、国の体制傾いたら、最悪殺されるわけで。

15歳で職についてるフランソワ君はすごい。

◆セイフクの女王様/花松あやか
新連載。
Mな彼をオトするために、Sを演じる女。

展開次第では面白いかも。
マーガって、王道の別マと違って
「なんでもあり」なんで、突き抜けた描写を期待。

◆世界で一番かっこわるい恋/たがきいなお
読み切り。
作者さんは高校生だそうで、36Pも描けるなんてすごいや。

◆藤先輩に、恋した/水原栞奈
読み切り。
意地悪系男子のなすがまま、という話。

◆ステップ ピュア ステップ/あずき松奈
読み切り。
泣いて腫れた目には蒸しタオル、って「高校デビュー」で覚えました。

◆ハツミクジ/純川アキ
読み切り。
男女の身長差を活かした状況は定番ですね。

◆ふつうの恋子ちゃん/ななじ眺
相変わらず、剣と釣り合わないことを異常に気にする恋子。
人間、そう変わるものじゃないですね。
この根深いコンプレックスが、今後の展開に関わる気がします。

◆ショートケーキケーキ/森下suu
この回から読み始めた人は、
千秋を「本好きで、一人称が俺の女子」と誤解するんじゃないだろうか。

そのぐらい千秋はキラキラしてて、
理久は男っぽく、骨ばった感じに描かれてました。
天の同中の男子までトゥンクさせちゃってるよ。罪な奴。

理久と座敷わらしは兄弟だが血のつながりなし。
どっちかが連れ子なんでしょうか。

今回は1,2ページのモノローグが秀逸です。
青臭さとピュアさがあって、いかにも青春です。

◆アナグラアメリ/佐藤ざくり
帝斗とあめりの間にヒビが。
きっかけはちょっとしたこと(父親の再婚話を隠してた)なんだけど、
パーフェクト彼氏の帝斗には、重大でしょう。
ここからどう転がすんでしょうか。

世堂の、ちょっとやりとりで言葉が抜けてるところ、
いかにも自分の世界重視で、対人関係が未熟な男子ぽくて良い。

あめりの母ちゃんは、娘が経験済みなのはとっくにご存知に決まってます。
男親ならともかく、母親が察しないはずはない。

◆メイちゃんの執事DX/宮城理子
イギリス編、キャラが多くなってそろそろわからなくなってきた。

◆僕に花のメランコリー/小森みっこ
野外でもイチャイチャする、そのためのビニールシート。

◆モトサヤ/ほしの瑞希
瑛作が割とジメジメした男だというのがわかる回。
でもカッコ悪いわけじゃない。
等身大でいいじゃないですか。

◆神様のえこひいき/小村あゆみ
神楽にふられた?鈴さんに新しい出会い。
「あたしの過去の恋愛を知りたかったらしゃべる気にさせてみろ(意訳)」と相変わらず男前ですが、
それに対する新キャラの反応もポジティブ。
ラストシーンで抱き上げちゃう。付き合う前から。
これがリア充、いや陽キャの恋愛……!

◆瞬間グラデーション/ひろちひろ
この漫画の舞台は神奈川と思われます。
江の島行くんだし。
神奈川の高校野球はレベルが高く、
藤咲学院の「春夏連続甲子園出場」というのは、相当すごい。

◆アナログドロップ/あいだ夏波
アンパン=シンナー。
昔、「アンパンマンとシャブおじさん」なんて言ってたな。
シャブ=麻薬です。ダメ、絶対。

しのぶが悪女だとわかりましたが、
すると当初のミッション達成が難しくなるわけで、
さて、そのへんどうするんでしょう。

◆彼氏サマにはあらがえない/須賀千夏
狡智はムッツリスケベじゃないだろ。
オープンスケベだろ。

◆きみはこわれた王子くん/雪森さくら
蒼さん、そこまで攻めてストップするのは蛇の生殺しだと思います。

◆Jewelry-はねと小鳥の素晴らしき日々-/岩ちか
10話目にして、恋敵、になりそうな女子登場。
小鳥の下の名前は「木実(このみ)」。
文字だけだと女子ですね。

◆円谷さん家/あだち
今回の話のモチーフは「かさじぞう」かな。

◆うしろにS子さん/森ゆきえ
S子さんがいる限りA君に生きてる彼女はできない。
つまり童貞のまま。かわいそう。

◆残念男子図鑑/しまあかね
この彼氏、LINEでよくネタにされる「おじさん」と同じ香りがする。

◆マーガレット恋愛部/あだち
担当編集・上原さんの彼氏は、寅年。
2017年 平成29年版 年齢早見表[4月~12月生まれ用]
によると、寅年は

1998年生まれ
1986年生まれ
1974年生まれ
1962年生まれ
……

結婚考えるんだから、たぶん86年生まれ、2018年で32歳。
上原さんはその2つ年下。
つまり……。

……はやくプロポーズしてくださいッ!


◎その他
次号から桃森ミヨシ×鉄骨サロ先生の「愛が死ぬのは君のせい」開始。
「菜の花の彼」の名物コンビが戻ってきました。

ヒーローとヒロイン、両方とも髪がべた塗りなんですね。
珍しい、と思ったけどよく考えたら
・恋子ちゃん
・ロンプラ
・SCC
マーガだけで3作品あったわ。
| 漫画・本::マーガレット | 21:05 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2018
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   12 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート