NHK土曜時代ドラマ アシガール(4)「ドキドキの夜」感想
胸キュンの若君との一夜。
皆さん待望の、、でござりまする。
そんな中でも笑いを忘れない、森本梢子先生のテイストが活かされている、と思う。

公式サイト
アシガール | NHK 土曜時代ドラマ

◎箇条書きあらすじ
なぜか男性が演じている遊女あやめ(森優作)
でんでん丸最初の犠牲者・ふき(中村静香)
眼だけでリアクションする小平太(金田哲)
おー まきばーはーみどーりー
ノーシャンプー ノーシャワー ベリー汗まみれ
コネ違い
母親にプレッシャーかけられる成之(松下優也)
若君は私が21世紀の科学が守る
キテレツばりに頼りにされる尊(下田翔大)


◎感想
若君(健太郎)様が、頑張っていると思う。役者さんが。
戦国時代の武家の跡継ぎ、に生まれた覚悟といいますか。
そういうのは出せてると思います。

若君と唯(黒島結菜)の一夜のシーン、BGMが一切ないのもいいですね。
「アシガール」全編を通じて、2人きりの場面というのは非常に少ない。
だから大事にしないといけないので、余計な装飾はいらない。

それにしても、なんであやめさんが男性?
原作の坊主とセットになった?
まあ、ささいなことです。


◎これまでの感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(3)「ドキドキの夜」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(2)「若君めざして一直線!」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(1)「見参!戦国女子高生」感想
| ドラマ | 21:33 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする
※半角が3割を超える文章、ブランド名・httpを含む文章はスパムとみなされ投稿できません。




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1977
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート