河原和音「素敵な彼氏」第16話感想(別冊マーガレット2017年6月号)

別冊マーガレット 2017年 06 月号


前回まででカップル成立。
桐山くんと小桜さんは彼氏彼女。
めでたしめでたし。

……とはならないのが、この漫画の面白いところです。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

◎前回までの箇条書きあらすじ
・ロングキッス
・ぜんぜん大丈夫じゃない
・ののかママ「高校生の朝帰りダメ、絶対」
・カップルの初詣に出しゃばるエリハ様
・彼氏奥義「コールドハンドinマイポケット」
・細谷くんエリハ回収
・エリハ様「大変なのはこれから」


◎今回のお話
今回の小桜さんは、一言でいうと
「告白成功後ハイ」
です。

桐山くんからのLINEにファ〜
呼び出されてファ〜
温泉地のおみやげの髪ゴムつけてもらってファ〜
「可愛い」と言われてファ〜
去り際のキスにファ〜

キス何回めだ。
もう数えるのめんどくさいわ。

欧米ばりにキスの多い男・桐山ですが、
もひとつ屋外でのキスが多いのも特徴。
外で燃えるタイプかい?

後日、桐山と映画みても、
パンケーキ半分こしても、
登下校の約束しても、
バイトで会えるのも何もかも特別で、うれしい。

良いことづくめ、これが……KSK!
(彼氏、スゴイ、効果。今考えた)

このテンションの高さ、
「好き〜」とか言ってフワフワしてた8話と似てますね。

ということはつまり、持ち上げて落とす……のか?

そんなこんなで新学期。

駅から一緒に登校した桐山・ののか、
奨平と後輩女子とバッタリ。

すると周囲から
「なんで相手変わってんの?」

まあ当然ですね。
以前、奨平が廊下でののかとの交際宣言を派手にしてたので、
指摘されるのは仕方ない。

ここで奨平、男を見せます。

「全部自分が悪い」と正直かつ簡潔に話す。

さらに、いづらくなってその場を走り去った深空
(みく……後輩ちゃんの名前)を追いかける。

◆少女漫画のヒーロー三原則
・ヒーローは、ヒロインを追いかけねばならない
・ヒーローは、ヒロインがピンチの時に助けねばならない
・ヒーローは、「初めて」はヒロインとでなければならない(努力目標)

そして、

ののかからプレゼントされたマフラーを外す
「今好きなのは深空」
「気が変わるのが早くて信じられないかもしれないけど
ちゃんと好き」
「一緒に幸せになってください!」

……完璧じゃないですか?
この場面の奨平くん、サブキャラとは思えないほどいい。

一方、桐山くんはというと。
経緯をじっと見ていたののかに対し
「やっぱり奨平の方がいいのかなって」
えー、なんかケツの穴が小さい事ゆってる。

で、ののかが奨平とはキッパリ決着したことを話そうとしても、
「話したくないことは無理しなくていいよ」

いや、君が聞きたくないだけでしょ。
詮索してののかに嫌われるのが怖いんでしょ。
うまいこと彼女を気遣ってる風ですけど。

とどめに「付き合ってることも黙っておく?」

桐山くん、細谷とエリハに対しても
「(付き合ってるのは)まだ内緒にしといてくれる?」

「小桜さんの気持ちも変わるかもしれないしね」
おやおや。

予防線をはるような事ばっかり言ってますね。
なぜか?
その方が、破局した時に痛みが少ないから。

どうやら、ののかと奨平の偽カップル騒動で
桐山くんは相当なダメージを受けてたみたいです。
もう一度ダメージを味わいたくはないよね。そりゃ。

やたらボディタッチしたり路上でちゅっちゅする割には、
こういうところは小心というか繊細というか……。

いや、でも高校生らしくていいと思います。
これまでのエスコートや女性あしらいっぷりが
高校生離れしてたので、
情けない面をみるとむしろ親近感がわく。

ののかも踏み込んで聞かないところがあるので、
今後はその辺を改善する話になる。のかもしれない。

さて、エリハさん。
これまでの彼女ですと、
桐山くんの煮え切らない態度に何か言うところですが、
とりあえずその場は黙ってます。

新学期はじめのテストが終わり……ののかは赤点で追試。
彼氏スゴイ効果もテストには通じないらしい。

桐山は普通。
そしてエリハ様は100点!

「一緒に追試の勉強する?」とののかを誘う桐山をおしのけ、
「私がみてあげるよ」

そして「話したいこともあるんじゃなーい?」とののかに耳打ち。

ということで、
次回は、エリハさん宅でお勉強&ガールズトーク回、のようです。


◎感想
少女漫画だと、今回は
「桐山くんのファンクラブかなんかがののかを吊るし上げ」
な展開にしますが、違いました。
それ高校デビューで描いてますしね。

また、ライバル的キャラも出なかった。
奨平と真央さんで充分でしょう……当分はいらない。

問題になったのは「お互いの気持ち」。
それと「気持ちは口に出さなければ伝わらない」。
桐山くんは、言いづらくなるとキスとかでごまかしてる感じがありますからね。
ののかも雰囲気に流されて主張しないところあるしね。

お互いダメなところがあるけど、
だからこそ、どう改めていくかが面白いと思います。

「付き合ってからの展開も面白い」河原先生の手腕に期待。

最後のページ、ののかを出迎えるエリハが
手ぐすねひいてる感じでなんかシュール。

細谷をほうっといていいのか、とも思いますが、
細谷も男友達と遊ぶこともあるだろうし、
適度に放って置かれるくらいがいいのかもしれない。


◎今月の河原先生コメント
保温弁当箱とスープジャーとフードコンテナーが
素晴らしい!!と思いました。



◎宣伝
「素敵な彼氏」単行本4巻、6/23発売予定。

素敵な彼氏(4): マーガレットコミックス


◎リンク
前作やその他の作品について
漫画・本 河原和音「青空エール」
漫画・本 その他の河原和音作品



◎別マの他の作品感想
[ふしぎの国の有栖川さん]オザキアキラ
菅谷くんお見舞いの巻。
なっちゃんの摘んできた野草を、後でちゃんと活けてる。
ヒロインの料理が黒焦げというのはよくあるパターンですが、
その後野宮くんの見せ場につなげるのがいいですね。

[思い、思われ、ふり、ふられ]咲坂伊緒
手錠でつながれてる上に手もつなぐって、
なんですかその高等なプレイは。
我妻やるな。どう見ても当て馬なのに。
そして、乾くんはぁ、ど、う、て、い、と……(メモる)。

[テリトリーMの住人]南塔子
櫛谷がイイトコ見せるターン。
ミッキー声出せるんだ。面白くていい奴だ。
キャラが沢山いるので最初は読みづらかったですが、
ここ最近は面白いです。
やっぱり南先生はキャラクター作りがうまい。

[ばいばいリバティー]八田鮎子
ちょっと八田先生なめてました。
この場で謝ります。すみません。
杉原さんに失恋→匠に慰められてフォーリンラブ、
と思ったらちょっと違った。
逆に匠の方がヒロインを意識している。一本取られました。

[ビタープリンス]中河友里
新連載。
ヒーローが2人の場合、1人は甘くて1人は苦い、
北風と太陽形式がお約束。
でもこの漫画は2人とも苦い。ひねってていいです。
ヒロインはまあおバカさんなんですけど、
元気でよく動くので読みやすい。

[てをつなごうよ]目黒あむ
キスの上書き保存作戦。

[センセイ君主]幸田もも子
将来の家計心配するなら、パートでもした方がいいんじゃないかな
……てのはヤボですね。
来月最終回です。
別マの中でも毎回楽しく読んでたので、残念。
次回作も明るく笑えるコメディだといいな。

[理想的ボーイフレンド]綾瀬羽美
八重さんは谷くんにすごくつれないですが、
これはある意味優しいです。
その気がないのに、色目を使ってたかるよりずっとマシ。

[これは愛じゃないので、よろしく]湯木のじん
路上の縁石チュー。やるな。
ところで、ダイアナ問題そろそろ解消してはいかが?

[世界の終わりとぐるぐるバンビ]藤井亜矢
ヒロインと幽霊の名前がアナグラムになってるのは、
たまたまか、意味があるのか。

[箱庭のソレイユ]川端志季
最終回お疲れ様でした。
今回はあらすじも作者コメントスペースもなく、
かなり詰め込み気味の展開でした。
たぶん、2話ぐらいに分けたら良かったのかな。
でも連載ですから、予定通りにはいかないでしょうね。
「よだか」に続き、異色のテーマに挑む川端先生。
次回作も楽しみにしてます。

[年上の好きな人] 春江ひかる
作者さんはエレ片お好きなんでしょうか。
私はラーメンズが好きです(どうでもいい)。

[ギャルジャポン] シタラマサコ
つけまがなくたっていいじゃないか、にんげんだもの


◎別冊ふろく「LOVE Animal!!」
[おまえ鳥じゃね?]川上なつみ
タイトルからもうバカバカしくて好き。

[僕のマチルダ]湯木のじん
安定の湯木先生 。
柴田が成長せず、いつまでもダメそうなのがいい。

[small star]峯田ちあき
[アオバのマチ]瀬緒ひかる

それぞれハムスターとアオバズクがテーマ。
動物の習性などをちゃんと調べてるのがよかった。
リアリティが感じられて。
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 07:11 | comments (7) | trackback (0) |
コメント
hiroさん、こんにちは(^_^)

エリハさんは半々でしょうねー。
2人を気にかけてるのは間違いないけど、
アドバイスがまたしてもこじれる原因に……なるかもしれない。

桐山くんは情けなくはありますが、
年相応の高校生に見えて、個人的には良かったです。

ミッキーは「ハハッ」の声ですね。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 17/05/16 09:40 | Y945Kht2 |
こんにちは。

そうですねー8話のノリですねー。
まあこのテンションで一生過ごせるわけではないと思うので
エリハさんの存在は貴重かもしれない…かもしれないけど、
エリハさんのアドバイスはいいか悪いか半々くらいだと思うのでどーなりますことか。
桐山くんも桐山くんなりに言おうとしているところはあると思うんですが
及び腰のところもあるんですねえ…。

テリトリーMのミッキー声が超気になってます。
ドナルドの声は有名ですがミッキーは有名なんでしょうか。
| hiro | EMAIL | URL | 17/05/15 18:51 | hP5fGcVs |
けっこさん、コメントありがとうございます。

いえいえ、お世話なんて大それたことはしてませんから(^_^;
すべては河原先生の漫画の素晴らしさ、に尽きます。
私も、他の方の感想読んで、繰り返し楽しませてもらってます。

ツイッターは、けっこさんの書きたいように書くと良いと思います。
ルールがあるわけでもないし、抑える必要もないかと!
爆発させたい気持ちはそのまま爆発させるのが一番です。
他の皆さんもそうだと思いますよ(^_^)

コツがあるとするなら「返事やいいねがなくても気にしない」ことだと思います(*^_^*)
まず自分が満足するためにつぶやいてるのであって、
誰かの賛同をもらうためにつぶやくのではない、と思いますから。

それでは(^_^)/
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 17/05/15 10:03 | Y945Kht2 |
>さやさん
コメントありがとうございます(^o^)

今回はですねー、色々な問題を棚上げして(というと言葉が悪いですが)
デートに丸々費やすのかなと思ってました。
もしくはバイトでラブラブ。

簡単に甘くせず、問題に向き合わせる展開にした先生。
やはり一味違います。さすがです。

桐山くんには、初めて親しみがわきましたね。
超然としたヒーローに見えたけど、
普通の悩める男子だったとわかったので。

どんな風に2人の問題を解消していくのか、楽しみです。


>sgtさん
初めまして。
コメントありがとうございます(^_^)

河原先生は男性のモノローグを書きませんね。
それが、読者に想像させる面白さを生んでます。
桐山くんは表情の変化も少ないので、
読み取るのがより難しくなっている。

次回も13か14日には書きますので、
よかったら見てやってくださいm(_ _)m
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 17/05/15 09:41 | Y945Kht2 |
いつもお世話になっておりま。惣一郎さんの軽快な解説とコメント、凄く良かったです!16話読んだ後消化不良起こしそうでしたが、惣一郎さんのを読んでちょっと楽になりました。前半のKSKによる5ファー、そして後半の実は過去のダメージ大きかった桐山くん。私の消化不良はこれからの面白い展開への期待に変換されたんじゃないかなぁ〜⁇と感謝してますが、、豆腐メンタル桐にもんもん来たらまた惣一郎さんのコメント読ませていただきます!
惣一郎さんオススメのツイッターについてですが、思った以上にハマってしまい既存のカレシーズの皆様には乱入感ハンパないのではないかと危惧してます。調子こいて絵なんかも描いてしまったし。もうちょい自分を抑えた方がいいでしょうか?嫌われてそうでちょっと心配です。うまくやっていくコツ教えてもらえませんか?これまで一人で悶々してたので爆発して楽しみ過ぎてますもんね!
| けっこ | EMAIL | URL | 17/05/14 20:50 | 3/8EsP6M |
惣一郎さん、今回も感想ありがとうございます!!楽しみにしてました!それにしても、河原先生さすがだなーと思う展開でしたねぇ。
カップルになったあとの展開が、こんなふうになるなんて!前半はラブラブだったのに!
でもたしかに告白はしたけど、お互いちゃんと気持ちを話してないし、奨平くんとのこととかも誤解を解いてないし、そのあたりを曖昧にしない先生はさすがだと思いました。
桐山くん、いつの間にか自分が告ったように言っていて、可愛かったですけど(笑)
やたら触ったりキスしてくるのも、ののかの気持ちがよくわからず心配だからなのかもしれませんね。
桐山くんはののかのこと本当に好きなのに、それが全然伝わってなくて不憫になります。
大事なことは言葉にしないと伝わらないってことを言いたいんでしょうねー。
エリハがこれ以上事態を悪化させないことを願っています。
しばらく連載が続きそうなのでほっとしましたー!
| さや | EMAIL | URL | 17/05/13 14:42 | cB1t6c/I |
初めまして、こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいています。
毎回センスのある感想に感服します^^
KSK!機会があれば使わせていただきますね。

桐山くんはキス魔ですね。
それに反して破局に備えるかのような小心さ...
言葉にしない桐山くんの気持ちを読者に想像させる河原先生は素晴らしいです。
次回はエリハとの女子トーク、今後の展開が楽しみです。

初めてのコメントで駄文失礼いたしました。
次回も楽しみにしております。
| sgt | EMAIL | URL | 17/05/13 14:28 | w9U9zupY |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1925
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん