別冊マーガレットsister冬フェスvol.2(2017年2月号)感想

別冊マーガレットsister(シスター) 2017年 02 月号 [雑誌]: 別冊マーガレット 増刊


別マsister冬フェスvol.2。
おすすめは増田先生の読み切りと、
ともすえ先生、明生先生の連載かな。

vol.1の感想は
別冊マーガレットsister冬フェスvol.1(2017年1月号)感想

◎[メイビー・ビタースイート]増田里穂
ちょっと前まで、別マで「スタンドバイミー・ラブレター」を連載していた増田先生の読み切り。

ひょんなことからクラスメートの男子に誘われて、
休日の学校に行くことに。

「ノスタルジー」を描くのが非常にうまいです。
私は女子と日曜の学校を探検した記憶などございませんが、
随所に懐かしさを感じます。

旧校舎、非常ベル、教卓、公園、ブランコ、消しゴム。
どこにでもあるものを素材にしてお話を作れるのは、才能だと思う
(旧校舎は珍しいか……)。

いいですね。また本誌で描いてください。


◎[ふしぎの国の有栖川さん 番外編]オザキアキラ
菅谷の下の名前が明らかに。
「イケメる」(動詞)。
それにしても、菅谷の野宮中毒は、かなり重症である。


◎[恋を知らない僕たちは]水野美波
実は、水野先生の漫画を読むのは初めて。
本誌の「虹色デイズ」はいつも飛ばしてます。
メインキャラが多くて、途中からは読みづらくて。
それはさておき。

新連載のプロローグだそうですが、これ単独でも読めます。
仲良しの男2人が、女子をめぐって微妙に関係が変わってしまう話ですね。

最近の学校は「朝読」というのをやってるんだなー。


◎[隣のカレシ]柳井わかな
幼なじみがテーマ。
たしかにチョンマゲスウェットは無理だ。


以下は、短期連載7作品。2話目。


◎[ダーリングブルー]ともすえ葵
男女間のむず痒い関係をよく描いた作品。

授業中の教室エスケープ。
一見粗暴なヒーローが垣間見せる気遣い、脆さ、笑顔。
踊り場(階段の下の空きスペースかもしれない)での会話。

いいと思います。
別マっぽさをもっとも感じます。


◎[繋-kakeru-]寿ジュン
高校駅伝の話。
部活、というのは少女漫画では難しい。
ラブコメが好まれるわけですから。

そんなことは作者さんも承知の上だと思う。
そのチャレンジ精神に敬意を表します。

シリアスな中に笑いを入れて、緩急をつけててイイと思う。


◎[パタパタ姫]明生チナミ
あこがれの野球部の先輩はゲスでした。
ギャグと意外性があって、展開は申し分ないですよ、明生先生は。
早く本誌に昇格して、どうぞ。

ただ、できれば野球部員はボーズにしてほしいんですよね……。
スポーツ刈りのサワヤカ頭って、現実に甲子園で見ないし。
ビジュアル的にボーズは受けないのはわかります。
わかってるんだけどね。


◎[ピエロとライオン]加藤朱々
オーバーオールがかわいい。


◎[あなたとおとなごと]木岐彩香
少女漫画お約束。
初デートは尾行するもの、されるもの。


◎[あのこが泣いた]荒井はる那
お兄さんに恋バナ相談しても頼りになりません(実体験)。
いまのところ男女4人の関係がいい感じ。
3話のまとめ方次第。


◎[スイートガール・ストレンジボーイ]森川ヨヨ
森川先生、お話つくるのうまいね。
ヒロインの告白を2話のラストにもってくるとは、思わなかった。
意表をつかれた。
それと「写真」(ドーン)に全部もってかれた。
| 漫画・本 | 23:08 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1874
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん