フィクションは現実には勝てない、でも

高校野球おすすめ本で紹介した本が33冊になりました。でも、まだまだ紹介したい良作が沢山あるんです。


で、読んでいて思うのですが、「やっぱりフィクションは現実には勝てない」ということ。野球漫画は数ありますが、エピソードはリアルな野球の方が断然面白い。
例えば98年の横浜高校。夏の甲子園、準々決勝から決勝まで3試合は、どんな作家や漫画家でも多分書けない。できるとしたら水島新司さんくらいでは。


04年から06年の駒大苫小牧にしても同様。甲子園初勝利からいきなり優勝し翌年連覇、翌々年も3連覇にリーチをかけながら、相手エースの空前の快投で惜敗。
こんな濃いストーリーをフィクションで再現できるかどうか。


でも、勘違いしないで欲しいのですが、「だから野球の創作に価値がない」と言っているわけではありません。
例えば、「ドカベン」の次の展開が読めない面白さ。それに「キャプテン」の谷口たちが頑張る姿は元気をもらえます。最近だと「ダイヤのA」。主人公が投手としてレベルアップしている過程は非常に面白い。


まとめると、私は野球漫画も好きですよ、ってことで。
ただ野球小説だと「好き」なのはあるけど、「すごく好き」なのはないな...。


| 漫画・本 | 12:35 | comments (0) | trackback (0) |
主要ニュースサイトにおける国体の扱い

タイトルは小難しくなってしまいましたが、つまり「記録面はお粗末!」ということです。
選手権ともなるとどのサイトもプロ並みに詳しく報道しますが、国体となると極端にアバウトになります。


細かく比較してみると、


朝日 得失点のみ
毎日 得失点のみ
日刊 得失点のみ
スポニチ ランニングスコア、投手、ホームラン
サンスポ ランニングスコア、バッテリー、ホームラン


記録面で一番しっかりしてたのはサンスポでした。


つまるところ、菊池君や堂林君の動向さえ報道しておけば事足りるんでしょうね。



| 野球 | 22:05 | comments (0) | trackback (0) |
Amazonくるくるウィジェット導入

タイトル通りですが、トップページに「くるくるウィジェット」をつけてみました。一番下で本がくるくる回っているやつです。


ウィジェットやブログパーツが流行ですが、こういう見た目にもきれいな種類が増えてきましたね。


見た目よりも驚いたのが、「すぐ」作れてしまうことです。
本のタイトルを打ち込む→検索結果からウィジェットに入れたい本を選ぶ、これを繰り返すだけ。5分もかかりません。
このお手軽感が最大の長所だと思います。


これを自前で作ろうと思えばjavascript等を駆使すればできるでしょうが、たぶん私は1日かかります。
さすがAmazon、技術力は高いですね。


| WEBサービス | 08:39 | comments (0) | trackback (0) |
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   10 - 2009   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート