自分のTwitterアカウント(@bbmeigen)の内容が@base_meigen→@base_meigen_にパクられた
結構面白い出来事だったので、控えておく。

<パクリ発覚>

まず、自分は「野球名言bot」というTwitterアカウントを持ってます。
これは6時間に1回、野球に関する名言をつぶやくというものです。
元ネタは本や雑誌から収集しています。
@bbmeigen

2/14だったか、たまたまツイートが似たような
@base_meigen ※今はもうリンク無効
というアカウントを見つけました。

よく見てみると、内容は似てるんじゃなく、そっくり同じだと気付きました。
下の画像(iPhoneのTwitterアプリを撮影したもの)でわかるかと思います。

左が本家、右がパクリbot


<対応と結果>

この時点で、私が取ろうと思った手段は3つ。
(1)問いただす
(2)無視する
(3)「うちのと@base_meigenは無関係だ」とお断りを入れる

(1)はやめました。ネット上の言い合いはあまりいい結果にならないし、
パクることに倫理観がない人もいるようだし。

かといって(2)も嫌でした。ずっと「なんでこの人はこんなことをするのか」という釈然としない感情を抱えることになる。

ということで、選んだのは(3)。
とりあえず、自分のアカウントでこんな発言をしました。



すると数十分後、問題のアカウント@base_meigenは削除されていました。
消した、ということはやましい感情があったんでしょう。


<メッセージ>

もうコンタクトを取りようがないので、@base_meigenを作った人に一言書きます。

「せめて他のアカウントとツイートを混ぜろ」

上に書いているように、ツイートを拝借されるのは仕方のないことだと思う。
自分だって、ツイートがオリジナルじゃない(書籍から印象的なフレーズを抜粋してるだけ)ので、
やってることは同じ、といえば同じだし。

でも、全く内容が一緒だと、紛らわしいでしょう。
いつの間にかアカウントを切り替えたのかとか、誤解されてしまう。

そうならないよう、せめて複数のアカウントから名言を拝借して欲しかったですね。

本音を言うと正直不愉快でしたけど、たぶん若い人のやったことだろうから、
責めるのはやめておきます。


<続き>
と思ったら、この文章を書いている途中で
@base_meigen_
というクリソツなアカウントができてました。

やることも全く一緒。
というか、どうもアカウント名を変えただけの事らしい。
ちょっと本格的に不愉快になってきた。どうしようか。


<3/2追記>
以前として、@base_meigen_はパクリをやめていない。
気にしなければいいだけの話なのだが、
一応、本家の@bbmeigenは、苦労して(本を一通り読んで)名言を収集している。

それを断わりもなく複製されたとしたら?
そして、下のように、リツイートであるとか、お気に入りをいくつももらっているとしたら?



単純にハラが立つわけで。

と言って、止めさせる方法もない。

情報を集めて対策を考えようと思う。
本当はこんなことに時間を悩ます事自体苦々しいけど、仕方ない。

このbotには、下記のような特徴がある。

(1)機械的にコピーして呟いているだけ



上記は、もともと自分の@bbmeigenが特定のアカウントのリプライとしてツイートしたもの。
パクリbotは、リプライ先を削ってツイートしている。
こうすると、誰に向けられたのかわからないので、意味もよくわからないメッセージになる。
多分、機械的にやってるので、リプライかそうでないか、区別がついていないのだろう。

(2)一定間隔でやっている
およそ20分に1回ツイートしている。
自分の本家@bbmeigenも6時間に1回にしているが、
これはcronを利用したもの。

同様の仕掛けはいくらでもあるでしょう。

(3)フォロー数、フォロワー数は一定間隔でちょっとずつ増える
1日に10ぐらいしか増えない。ぞっとするほど機械的。
劇的に増えないのは、そうすると何かしら規定に引っかかるせいか。


あと、フォロワーは↑を見ると、
・同じようなbot
・本物の人間っぽい(変な言い方)アカウント
が半々のように思う。

これも、多分自動でフォロー&フォロワーを増やす仕組みがすでにあって、
それに乗っかってるだけなのではないか。
手作業だと考えるとすごく面倒くさい……。

フォロワー増やしてどうすんの? と思うところだけど、
フォロワーが増えれば影響力は多少なりともあるわけで、そこで宣伝なり、アフィリエイトのリンクなりを貼れば、収益にもなるんでしょう。

そして同様のbotが多数フォロワーにあるのは、
お互いリンクすることで、さらにフォロワー数を拡大できるんでしょう。多分。

こういうパクリの対象に選ばれたのはある意味光栄かもしれないが(それなりに認知されてきたってことか?)、
それ以上に不愉快でもある。

で、どうするか。
思いつくのは3つ。

(1)自分のアカウントを閉鎖する
そうすればもう悩まずに済む。でもそうすると負けを認めたみたいで嫌だ。

(2)自分のアカウントを鍵付にする
フォローしてる人しか読めない状態にすること。
そうすれば、多分コピーはできなくなる。でもこれも負けを(以下略)

(3)ほっとく
これが一番なんだろうなあ。
元々営利を求めてやってることではない。忘れれば心穏やかになるだろう。
でも人間、そう簡単に切り替えられたら苦労はしないわけで……(北の国から風)。
| WEBサービス | 01:02 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/556
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   12 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート