Kiss(キス)2022年12月号感想
表紙&巻頭カラーは「ながたんと青と」。
祝・ドラマ化決定。


Kiss(キス)2022年12月号




二ノ宮知子さん×上野樹里さんスペシャル対談あります。
二ノ宮先生は顔出し。
漫画家としては非常に珍しい。

これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
巻頭のいち日さんは結構艶っぽい。
これは周さんが辛抱たまらんですよ。

本編の感想は、周の「何もしません(今日は)」に尽きる。
そりゃ、いかにお屋敷でもヨソのお宅でそんな気にならないよね。
シーツを汚すわけにはいかないしね。
シモの話ばっかり(;^_^

頌子の母の「この子の体のことが…」は、とっても不穏フラグ。
栄が彼女を敬遠してるのと関係あるのか、ないのか。

余談ですが、「頌」の字が変換で出しにくいので、
毎回「大地讃頌」って打って3文字消してます。

欄外に「1952年の平均寿命は男61.9歳、女65.5歳」とあり、
最近はそれぐらいで人生オサラバした方がいいんじゃないか、
と思うことがある。

70過ぎて生きてても、医療費やら何やらで若い世代の負担になるだけだし、
認知症や寝たきりになったら
もうただのお荷物でしかない。

※今の70代以上の方に死ねと言ってるわけではない

まあ、子どもの死亡率が高いから
この数値になってるだけかもしれないけど。

◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
顕定、3億円相当の資産を持ってるの?

◆零れるよるに/有賀リエ
議員の息子も悪い奴ではなく、彼なりに苦しんでいる。
また、重いテーマですね。

◆働くふたりのごほうび飯/星名里帆
新連載。
同じ会社の男女がメシ食って意気投合する、たぶんそんな話。

実在のお店を取り上げるのは「孤独のグルメ」と似ている。
今回は、武蔵野市吉祥寺本町の「エプロン」。

◆クジャクのダンス、誰が見た?/浅見理都
ヒロインは、東賀山事件の1人生き残った娘、とみた。

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
はやみんとの旅行にウッキウキの山本、
「第812回せるふ嫁さみっと」を開催。つまり脳内会議です。

「緊張して使いものにならなかったらどうしよう」
やめて生々しい(;^ω^)
20代なら大丈夫でしょ……多分。

そういえば、山本はDTなのだろうか。
さすがにそれはないか。

◆ハマる男に蹴りたい女/天沢アキ
香取さん、「おれのところに来てよ」は
当て馬の典型的敗北フラグな台詞なんですよ。
かわいそう。

◆私の愛した母の恋人/須野ゆき子
ひたすらメイン2人のやりとりが続くので、
どっかで第三者を挟んでくれると助かるが。

◆きょうもあしたも蕨井先生/五鹿マルメ
カネの力でワラビー先生に教員免許。
外道なり、校長。

◆おとなになっても/志村貴子
卒業式。
綾乃は、来年度は別の学校に異動するらしい。

卒業式といえば、何度も練習させられました。
今はどうなんだろう。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
栗ご飯の栗だけ食べる=付き合ってる彼氏のいい事しか言わない、
という意味らしい。
お父さん、分かりにくい。

◆ポンコツ警察官は私に夢中/上野はる菜
男2人のヒロインの取り合い、
と思ったら日比谷の先走りだった。
そうでもないのか?

◆ミドリくんには触れない/トヨタトヨ
ラスト、危険そうな新顔イケメン出てきた。

◆涙雨とセレナーデ/河内遙
今回、人造人間19号、じゃなくて天進が実は女だと判明。
それはおいといて。

天進に胸を撃たれた武虎、あんなアッサリ退場するとは思えない。
ベストの下に防弾できる未来のひみつ道具着てたり、
雛子のお守りのペンダントつけてるとか……
でも、河内先生、そういうご都合主義はしなさそう(´;ω;`)

彼がいるといないで全く展開が違ってくると思う。
先生、思い切ったことをしましたね。
ストーリーに初期のような緊迫感が出てきたので、
個人的にはアリだと思います。

でも、退場するならせめてヒナに4次元ポケットを渡してから
(だからドラえもんじゃねえっての)。

個人的には、軽傷で死んだふりしてると思いたいですね。
退場させるにしても、唐突すぎるので。

◆古オタクの恋わずらい/ニコ・ニコルソン
恵、委員長との苦い思い出をひきずったまま、
高校を卒業して時間軸は現在へ。
つまり、恵が40代のシングルマザーしてる時代。

ミコさんはいいキャラクターしてるので、
どんな形で再登場するか期待。
90年代で、オタクとしてあそこまで堂々としてる
あのブレなさはすごいよ。

◆真珠色ワルツ/和田こま
読みきり

真珠のピアスしてる、清潔感のあるクラスメイト。
彼は1人でこっそりバレエ「コッペリア」を練習しており、という話。

◆兄弟犬/ともえ
ダックス兄弟のママは、
かなりのプロ野球ファンらしい。

◆ハイスペ弁護士との同居生活は最低で最高です。/藤代香澄
姉フレンドから出張掲載。
読んでいません。


◎次号
表紙
「わたしのお嫁くん」

巻頭カラー
「やんごとなき一族」

カラー
「僕らが恋をしたのは」
「クジャクのダンス、誰が見た?」
| 漫画・本::Kiss(キス) | 23:49 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする
コメント受付を停止します。海外からスパム投稿が多いため。
この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/3238
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん