FEEL YOUNG(フィールヤング)2022年9月号感想
表紙は「ジーンブライド」。
巻頭カラーは「女の園の星」。


FEEL YOUNG(フィールヤング)2022年9月号


『女の園の星』アニメ化、おめでとうございます。
星先生役:星野源
小林先生役:宮野真守

コミックス3巻は、アニメBDつき特装版が出るそうです。
単行本のオマケとしては破格。

詳細は「女の園の星」待望のアニメ化!

ただ、星野さんの本業って何なのか、
よく分からないですね。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆女の園の星/和山やま
1学期末の大掃除。

今回はある意味閲覧注意回です。
ゴキブリがハッキリ描かれているから。

星&小林先生、Gの前では揃って役立たずなことが判明。
生徒(若尾)に後始末頼むのがおかしいやら情けないやら。
香川さんは救世主になるのか。

星先生「かま… 蒲田でこないだ爬虫類イベント観に行きました」
爬虫類好きなのは、
星先生か、妻か、娘さんか。

◆うどんの女/えすとえむ
ヅカさんは男だと思ってました。
宝塚のヅカか。

◆後ハッピーマニア/安野モヨコ
田嶋ヨメがすらすらと夫に嘘をつくシーン、
無茶苦茶なのに筋が通ってるように聞こえるのがすごい。
というより、他人の家でこんな痴話げんかができるのがすごい。

四十路の心のスキマはSEXでは埋まらないようで、
さてどうやって埋めたらいいのか。

◆下山手ドレス別室/西村しのぶ
グランピングにあこがれてキャンプ場に行ったら
予約できてなくて寒い大自然に放り出された話。

◆かしましめし/おかざき真里
今回の料理:トルティーヤ他
手巻き寿司を作るのと似たようなものかな。

◆そろえてちょうだい? みちくさ編/いくえみ綾
ミケコの話。

◆ジーンブライド/高野ひと深
壱と恵波、学園内の病院で出会う。
ハンドサインで助けを求める恵波。

こないだの数字の暗号といい、
この漫画の登場人物ってやることが凝ってるというか、
高度というか。

◆アヤメくんののんびり肉食日誌/町麻衣
引き続き福井編。
アヤメくんはティラノサウルスの骨を調べてて、
桐生と仁英はアレが不完全燃焼の状態で、
色々あってラブホにしけこむことに。

正直、骨のことより
桐生と仁英がどんなプレイするかの方が気になる。

◆婚姻届に判を捺しただけですが/有生青春
百瀬と明葉、再婚を検討する。
「最終章突入」だそうなので、どう締めくくるかですね。

◆ブランチライン/池辺葵
「基本的幸福感はさ 自分一人でも担保できるものだからさ」
「何それ」
「ご飯食べてお風呂入ってぐっすり眠る」

フラれた同級生への一言。
岳は大学院生にしては達観してるね。

◆私たちが恋する理由/ma2
後半のムードが良すぎて直視できない。

◆はぐちさん/くらっぺ
夏の思い出。
レモンステーキはいいかもしれない。

◆カノジョは今日もかたづかない/加納梨衣
あいな、実家で年の離れた妹・えると再会。

深川さん、マンションの断水なんて小さなことで
わざわざあいなに電話するというのは、つまり…



◆おとうさん、いっしょに遊ぼ~わんぱく日仏ファミリー!/じゃんぽ~る西
長男と市民プールに通う。
子どもには子どもの社会がある。確かに。

◆ジェンダーレス男子に愛されています。/ためこう
SNSの複数アカウントの使い分けの話が出てくるが、
私はアカウント間違いが怖いので、できそうにない。

◆パリパリ伝説/かわかみじゅんこ
先生、クレタ島に行く。
なんとそちらで新型コロナに感染したそうです。
人間万事塞翁が馬。



◆溺れる日々はきみのせい/深澤ねじ
「じゃあせめて応援だけでも」
それはいらないんじゃないかな。

◆発達障害なわたしたち/町田粥
前号に引き続き「カメントツ先生」がゲスト。

親の望む「正解」を探る心理というのはちょっとわかるところもあり、
この手のエッセイ漫画を読むと、
ますます「発達障害と単に不器用な人」の違いが分からなくなる。

◆この電車に乗って/加藤羽入
婚活のマッチングアプリを始め、
しっくりくる男性と会った29歳女性の出した結論。

いい話風にまとめてはいるが、
アオヤギ側からしたらそれなりの時間を藤田に費やしたはずで、
ご愁傷様ですとしか言えませんね。

◆再生のウズメ/天堂きりん
ストレスが連鎖するという、割と重めな話。
とりあえず、はけ口が子どもに向かなくて良かったなと。


◎次号
巻頭カラー
「こっち向いてよ向井くん」

表紙
「婚姻届に判を捺しただけですが」

新シリーズ
「吉祥寺少年歌劇」
町田粥

読みきり
「私は努力不足」(仮)
加藤羽入

雁須磨子先生の作品名が
「ややこしい蜜柑たち」になってました。
「タンゴール」から改題したみたいですね。
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 12:17 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/3100
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   12 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん