FEEL YOUNG(フィールヤング)2021年11月号感想
表紙は「婚姻届に判を捺しただけですが」。
巻頭カラーは「かしましめし」。


FEEL YOUNG(フィールヤング)2021年11月号


ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」
TBS系2021年10月19日(火)、夜10時スタート。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆かしましめし/おかざき真里
千春さんの作り置き6連発。

「"家庭的"言ってる人は褒め言葉のつもり」
さもありなん。

蓮井先生「僕は誰にも性欲を持てないんです」
アセクシャルって言うんでしたっけ?

◆はぐちさん/くらっぺ
会社でニックネームは別にいらない……。

◆後ハッピーマニア/安野モヨコ
興信所の追跡を、間一髪でやり過ごした三島。
「(カヨコの部屋に)またしばらく居させてもらうわ」
それは危なくないですか?

「1人で立てるようになろうって思ったのに
もう寂しいとは」
人間、性根というのはそう簡単に変えられるものではない。

◆婚姻届に判を捺しただけですが/有生青春
デザイナー・正木と飲み明かした明葉ですが。

イケメンと
一緒のベッドで
何もない

漫画あるある。

百瀬の一途さにほだされつつある明葉。
最終的には復縁するんだろうけど。

◆私たちが恋する理由/ma2
大島さん、気を抜くと急激に太りそう。

◆家賃2万円DKDK令嬢ミステリー/青化
自殺した猫の幽霊が出る事故物件、家賃は月2万円也。
それはお得なのでは。

◆アヤメくんののんびり肉食日誌/町麻衣
椿先輩の卒業式。

T大の卒業式は卒業生全員が講堂に入れないって、
ググってみたら、安田講堂は1136座席で卒業生約3000人を一度に収容しきれないから、
だそうな。

参考:東京大学の卒業式で安田講堂に人が入りきれず悲鳴相次ぐ - ライブドアニュース

別の大きなホールでやればと思うけど、
高校野球は甲子園でやるのと同じように、安田講堂でやるのが伝統なのかな。

クンクンしただけで、
椿先輩がヤギを解体したとわかるアヤメくん。

◆ムサシノ輪舞曲/河内遙
衣笠の元妻、美宇登場。
とりあえず、ピアスがでかい。

その元妻が、衣笠宅の機織を何日か連泊で借りるため、
衣笠は環・文太きょうだいの家に転がり込むことに。
ひとつ屋根の下、ナニも起きないはずがなく……。

龍平はそんなことをつゆ知らず、
デートの約束とりつけただけでウッキウキ。

◆スプートニク/海野つなみ
汐路、脳出血で倒れたお母さんの介護問題。
独立して開業、介護、そのへんを一手に解決しようとしますが。

◆そろえてちょうだい? ぷらす/いくえみ綾
「ブンの誕生日にはスペシャルなことがありました」
なんだろう。
作品がドラマ化?

◆こっち向いてよ向井くん/ねむようこ
夜の向井くんに呼び出されて相談にのってる坂井戸さん、いい人だ。
ファミレスでだべるって、
本人も言ってるけど学生みたい。

「どこにつながってんのその関係」
この2人も関係もどこにつながってるのかな。
ともだち?

元気「男として家くらい…」
考えを変えるというのは、なかなか難しい。
だって長年そう言われてきているから。
「男は大黒柱」とかな。

◆ブランチライン/池辺葵
「私が弥生と同じ歳の頃には
もう弥生が生まれてたのよ」

たまたま自分が人生うまくいってるからって、
それを子どもに押し付けられてもなあ。

◆下山手ドレス別室/西村しのぶ
ベランダの栽培の話。

◆折って切らない。/ひの宙子
友達のお兄ちゃんが親父を殺しかけて、
なぜか自分の家に転がり込んできたJKの話。

お兄ちゃんには妹の制服を着る趣味があったり、
倒錯的な話なのだろうか。

書いていてよくわかりません。
よくこんな複雑な話を思いつくなと思う。

◆夜のフライト/戸ヶ谷新
巡礼で知られるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラが舞台。

飛行機で隣同士になった日本人の男2人。
しばらくホテルの同部屋で生活することになりますが、
お互い秘密があり……という話。

話は面白かった。
あとはスペインの異国情緒を描いてくれれば、完璧でした。

◆女の園の星/和山やま
引き続き、誰かと一緒に食事できないJK編。
「力になれるかはわからないので期待はしないでください
代わりに僕も期待はしません」
星先生のこの冷めっぷり。
だから頼みごとしやすいのかもしれない。

星先生は、お姉さんが3人いるという。
「ツヨシしっかりしなさい」……。


◎次号
巻頭カラー
「ジーンブライド」

単行本発売記念スペシャル対談
「高野ひと深×ヤマシタトモコ」

連載再開
「RUSH」
西村しのぶ

映画「ずっと独身でいるつもり?」
撮影見学レポまんが
おかざき真里

表紙
有生青春
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 15:08 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2714
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   11 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん