Kiss(キス)2021年6月号感想
表紙は「東京タラレバ娘 シーズン2」。
巻頭カラーは「私の町の千葉くんは。」。


Kiss(キス)2021年6月号


隔月連載の「涙雨とセレナーデ」、
今月より3号連続掲載!
やったぜ。
8巻の発売も早くなりそう。

これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆東京タラレバ娘 シーズン2/東村アキコ
アウトレットデート大作戦編。
たしかにいい大人は買い物しただけで疲れるわ。

森田さん、もしやよしお1号と脈アリなのか?

◆ホタルノヒカリBABY/ひうらさとる
最終回。

ハジメちゃん、3歳の誕生会。
人が集まりすぎて密すぎじゃないか。
作品世界は新型コロナないけど。

◆七つ屋志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
「俺のこと好きだったよね?」
金井さん、そういうとこだぞ。
ダメなのは。

◆やんごとなき一族/こやまゆかり
「上流は雇用を産んでいる」
なるほどねえ。

◆ミドリくんには触れない/トヨタトヨ
アイドルのストーカー話が生々しすぎる。
人気者も楽じゃない。

◆御手洗家、炎上する/藤沢もやし
最終回。お疲れ様でした。

終盤の数回は、次々謎が明らかになる怒涛の展開にくわえて、
恋愛要素もキッチリ入れていたのがすごいと思う。

「……は…?」の3コマが好き。

結局、真二は放火当時12歳だったので罰せられず。
責められながらも医者の道を選ぶ。
これが彼のつぐないなんですね。

希一は放浪にネットカフェ生活。
真希子さんにつかまりますが、
さらに杏子さんに見つかり、
なんとも勇ましい逆プロポーズを受けることに。

なんか、希一がヒロインみたいですね。

真希子さんは、懲りずに動画配信者として活動してます。
なんだかんだタフですね。

治さん(杏子たちのパパ)は、
のんきなもので真希子さんと別れて皐月(杏子ママ)とヨリを戻すなんて言ってる。
もちろん、皐月がそれを受けるはずもない。

人間の性根っていうのは、そう変わるものじゃないんだなと。
そんなことを思いました。

希一はシステム保守の仕事に就いたみたいです。
知識は充分ありますしね。
ちゃんと就職できてよかったよかった。

ラスト、希一の「からあげ作るよ」のLINEで、
火事を起こすんじゃないだろうな、と思ったのは私だけでいい。

◆世界で一番早い春/川端志季
最終回は60ページの大ボリューム!
お疲れ様でした。

何度もタイムリープするという、
スケールのでかい話をどう畳むのかと思ってましたが、
最後は純愛で着地したのがいいなと思います。
ラストでタイトル回収したのもグッド。

◆おとなになっても/志村貴子
連載再開。
志村先生、入院してたそうです。

「タラシなもんで……」
綾乃さん、自分で言っちゃう?(;^_^A

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
情緒不安定のマチ先生、交通事故に遭う。
千葉兄も火が付いたようで、
この作品はどう決着するんでしょうか。

◆おひとり様物語/谷川史子
「自分には誇れるようなものはなんもない」と語る大学生の青年が
ひさびさに帰省する話。

……

カノジョいるじゃねーーーーーか!!!!

贅沢言うな!!!!!!


◆ながたんと青と/磯谷友紀
「いち日さんと田嶋シェフってお似合いですね」
周さん、ジェラる。

ラストの「夫婦なんだから同室」といい、
ここ最近の周さんの攻めっぷりがすごい。

いちかは子どもを諦めてるけど、
できんことはないでしょう。

フネさんも43歳でワカメ産んでるし。
初産ではないけど……。

◆涙雨とセレナーデ/河内遙
今回のハイライトは、
孝章様のとーっても晴れやかなスマイル。

「『最後』?
何を仰有いますやら
まだ勝負は始まったばかりではないですか」

雛子を励ましてるんですが、
孝章様がこんなスポーツマンみたいな笑顔をするなんて。

お互い、難しい恋を頑張ろうって事ですね。

冒頭では、ヒナのリュックに入れてたビニール袋がまさかの活躍。
調べたところ、ビニール袋が流通したのは1970年ごろ。
明治40年ではもちろんオーバーテクノロジー。

ビニールの歴史|種類やポリ袋との違い _ オリジナルポリ袋WEB _ レレカ

武虎のいう「浅草の十二階の下辺り」とは、
よーするにプロの女性とイチャイチャしてエッチッチできる場所です。

今は亡き浅草の凌雲閣が十二階。
その下に娼館があったらしい(ググッた)。

参考ページ:当時をしのばせる写真多数。
浅草十二階凌雲閣について(十二階の絵に落下傘が描かれる理由、洗い髪、バルトン、土台発掘等)~2017_9_1防災の日(関東大震災の日)_歳時記 _ 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

つまり、武虎は商売女を抱いて雛子の事を頭から消したいわけですが、
他の女と寝たところで、
意識してる女性の事は忘れられないものです……。

そろそろ北郷貿易社長、
つまり孝章パパのウラの顔が見られそうです。

何かしら悪どい商売をしてたのだろうが、
座長とどんな因縁があったのか?
そして孝章ママはどんな人だったのか?

初代天菊=孝章ママという説はあったけど、
今回でなくなったと思いました。
孝章ママは黒髪、天菊(早苗)は金髪なんで。
染めた可能性がなくもないが、
顔立ちもぜんぜん違う気がします。

◆アトリエヒライス/谷口リヨ果
彼女と彼女のペアリング。

パートナーシップ、区によっては制度があるんだっけか。

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
「悟った」山本くんに対し、赤嶺さんのまわりくどい罠が炸裂する。
一人暮らしの部屋にシャンデリアって……赤嶺さん、お嬢様?

初登場の時から思ってるけど、
赤嶺さんの貫禄は新卒の22歳とは思えん。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
BAメイクのポイント。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
安物のポットがしゃべる。

麦茶のプラスチックのポットがしゃべることはある。

◆幸子、生きてます/柘植文
幸子さん、タンゴ教室と陶芸教室のどっちにしようか迷う。

しんちゃんのDNAに対する反抗。
最近の中学生はレベル高ぇなオイ。

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
「対談相手は伝統芸能の方」
たぶん講談師の神田伯山さんか、ほかの神田一門の方。

久世さんは講談をテーマにした「ひらばのひと」という漫画も描いてます。

◆兄弟犬/ともえ
アメリカン・コッカー・スパニエルのリンボ君、襲来。
正直、ダックスと区別がつかない。

お金持ちの犬を預かるのはプレッシャーである。


◎次号
新連載3本
「サギ、欲情に鳴く」
奈良原せつ

「ポンコツ警察官は私に夢中」
上野はる菜

「恋とさかしま(仮)」
天沢アキ

表紙
「私の町の千葉くんは。」

巻頭カラー
「無能の鷹」

最終回
「アトリエヒライス」
| 漫画・本::Kiss(キス) | 15:06 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2505
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん