FEEL YOUNG(フィールヤング)2020年12月号感想
表紙は「後ハッピーマニア」。
巻頭カラーは「女の園の星」。


FEEL YOUNG(フィールヤング)2020年12月号


ドラマ「だから私はメイクする」
撮影現場レポートあります。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆女の園の星/和山やま
小林先生、慣れないフォトショに悪戦苦闘、の巻。
先生って、生徒と保護者の要望に対してなんでもやらないといけない。
大変です(*_*;

現場で疲弊している先生も、多いことでしょう。
もっと先生たちをいたわらないとダメです。
先生は便利屋じゃない。

それはさておき。

それにしても、フォトショの操作は
ソフトの中でも難しい部類に入ると思うのだが、
小林先生はどこで覚えたのやら。

そして、フォトショはそれなりに高いのに
学校の予算で買ったのかな。

「小林先生も3歳児に近い心を持っていると思っていたのに」
星先生、内心バカにしてない?

◆だから私はメイクする/原案:劇団雌猫 漫画:シバタヒカリ
アイドルの自信が出るメイク。

前も書いたけど、
シバタ先生って1話に必ず「自信たっぷりな女性」出しますよね。

◆わんぱく日仏ファミリー! おとうさん、いっしょに遊ぼ/じゃんぽ~る西
小学校に上がると、フランス的要素を見せなくなり、
日本の男の子になったご長男。
さもありなん。

フランス語なんて話したら、
からかわれるもんな((+_+))

◆後ハッピーマニア/安野モヨコ
タカハシ、詩織さんにあんな思い切った口説き文句が言えるんですね。
ああ、タカハシが独身なら美しいシーンだったのに。

ろくでもない中年ばっかりなのに、
読んでて清々しく笑えるのはなんでだろう……。

◆ゴールデンラズベリー/持田あき
芸能お仕事まんがの雰囲気出てきました。

北方に対しチーフの言動キツくない?
と前回まで思ってたけど、
あんな突拍子もない事言ってたら、
ボロクソに言われるの当然だなと思う。

普通にクビでしょう。
アイドルにプロポーズするマネージャーなんて。
チーフは忍耐力ある方だよね。

◆大川ぶくぶのお日記させていただく。/大川ぶくぶ
冒頭の「なんだぁ? テメェ…」は
格闘漫画『グラップラー刃牙』シリーズに出てくる空手家・愚地独歩のセリフ。

今回の舞台は
「BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU」
よーするに泊まれる本屋。
漫画喫茶がラグジュアリーになったやつ。

◆ジェンダーレス男子に愛されています。/ためこう
女顔の男と、男前の女の話。

岬さんはよほど声が低いのかな?

◆そろえてちょいだい?ぷらす/いくえみ綾
ブンさん13歳。
人間でいうと68歳ぐらいだそうです。

参考
犬猫年齢換算表 _ なかむら動物病院

◆やわ男とカタ子/長田亜弓
小柳、藤子の弟に、藤子の良さを語る。

少女漫画において、ヒーローはヒロインの魅力を
はっきりたっぷり語らないといけない。
「なんとなくいいなと思って」というのは、通用しない。

こういう場面は、何回読んでもいい。
作品ごとに語り口が違う。

長所と短所は表裏一体とはDIO様のセリフですが、
人間って面白いね。

小柳の一人称が「僕」というのは、
なんか新鮮です。

◆違国日記/ヤマシタトモコ
軽音部でボーカルを志望する朝、「目立つ」について考える。

「あたしのキャラじゃないっていうか……」
キャラ。確かにそんなことを気にしてていた。
若い頃は、どうしてもそういう考えにとらわれてしまう。

槙生さんは、サイン会を実施するレベルで人気のある作家。

◆いいね! 光源氏くん/えすとえむ
光くん、上野動物園のパンダにハマる。

光くんはパンダを
「寝ころんでいるだけでちやほやされる得な生き物」と評したが、
日中は大勢にじろじろ見られ、
子づくりの一部始終を監視される生活ですからね。

◆こっち向いてよ向井くん/ねむようこ
「恋するぞ」といっても、
10年間恋人いない35歳男にすぐできるはずもなく……。
アンちゃんのアレは何なんでしょうね。
やはり、もて遊んでるのか。

さておき、帰り道に夕飯が食える行きつけの店があるって、
楽しそうだなと思う。
都会は飲み屋ばかりで下戸が行きづらいし。

◆ブランチライン/池辺葵
喫茶店の常連の教授の話。

こういうお店が近所に欲しいのですが、ないのです……
すぐ上にも同じことを書いてるな。

◆カノジョは今日もかたづかない/加納梨衣
えつこさんの酔っ払った後の顔!
寄生獣の顔が崩れる瞬間みたいになってる(;^_^A

2年に1度しか帰ってこない、漁師の彼氏。
そりゃあ、帰ってきた時はさぞかし濃厚なセッ(ry

※すいません

◆転がる女と恋の沼/芥文絵
ラブコメお約束。
しこたま飲んだ翌朝、いつの間にかイケメンと布団の中。

井上くん、腹筋が6パックなんだ。
いい体してんじゃねえか。

◆それは、初めての/ばったん
あの告白の後、千川くんは早々に帰ったのだろうか。

◆吉祥寺少年歌劇/町田粥
白井は、ライバルポジションなのかな。

◆私たちが恋する理由/ma2
今回は、少し昔のお話です。
洋装と和装の組み合わせ、いいですね。

◆はぐちさん/くらっぺ
濡れた猫を電子レンジで乾かしたら死んでた、
なんて話が都市伝説であるけど、
はぐちさん達は大丈夫なのかな。


◎次号
巻頭カラー
「やわ男とカタ子」

W表紙
「女の園の星」
「後ハッピーマニア」

やわカタ、巻頭カラーにはなるけど、表紙にはならない。
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 11:45 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2303
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   01 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん