Cocohana(ココハナ)2019年3月号感想
表紙は「お迎え渋谷くん」。
巻頭カラーは「モーメント 永遠の一瞬」。


Cocohana(ココハナ) 2019年 03 月号 [雑誌]


表紙を見て、改めて思いますが、
青田さんって結構あるよね。

※どこがとは言わない
※下品ですいません

「2.43清陰高校男子バレー部」は、作者都合のため休載。
「クローバー trefle」は、作者急病のため休載。

山川あいじ先生、これで2か月連続休載。

先生におかれましては、
どうかお気になさらず、描ける時だけ描いてください。
自分を追い詰めたりされませんように。

これまでの感想は
漫画・本 ココハナ

◎作品感想
◆蜜野まこと[お迎え渋谷くん]
今回は、箱根湯本(たぶん)で、
まったりしっぽり男女5人の温泉旅行です。

大崎さんと青田先生の仲が気になってブルーな渋谷くん。
そこで品川さん、旅行に乗じて2人の関係を探る作戦に出る。
温泉に入りたかっただけかもしれないけど。
マネージャー激務そうだし。冬だし。

青田さん、アーチェリーで渋谷くんに腕を添えてもらう、
胸キュン。
でも、元カレの大崎さんとも、満更ではなさそう。

そして神田くんも何やらキュン(いらない)。

色々描いたけど、言いたいことはたった一つ。

なんで青田先生と品川さんの温泉シーンがないのかと。
渋谷・神田・大崎の、野郎の入浴シーンだけなのかと。


※ココハナだから当たり前です

次号こそは湯けむりバス浪漫に期待……したいところですが(しつこい)、
男同士で対決? 話し合い? なのかしら。

◆槇村さとる[モーメント 永遠の一瞬]
オリガさんは、ユキじゃなくてエカテリーナに
プレッシャーをかけてつぶす作戦だったと。
女性って怖い……。

◆小村あゆみ[なしっぽの国]
3号連続読みきり第2弾。

今回は、ファンタジーチックな話です。

ある日、しっぽの生えたイケメン王子が、
空から落ちてきた。
才色兼備で、毎日タイクツだった女子高生の頭上に。

「面白ければ何でもアリ」なマーガで、長年描かれた小村先生。
それだけに、無茶でも押し切るパワーがあります。

ココハナって、いい感じに落ち着いた、
悪く言うと枯れた話が多いので、
これが連載でも楽しそう。

女子高生がタイムスリップする漫画もあることですし、
いいと思います。

◆板羽 皆[トラさん]
映画の撮影レポート、
主演・北山宏光さんと板羽先生の対談も掲載。

◆森本梢子[アシガール 番外編]
プロローグ的な話。
若君と唯の出会い、
唯が毒キノコを食べかけた場面を、
若君視点で描いています。

ページ数はすくないけど、
いっこうに問題ござりませぬ。

これまでの森本先生のお働きを考えれば、
「会社休みます。」と並ぶココハナの看板で、
カラーも多かったことを考えれば、
お休みされてもいいくらい。

来月からの新章、お待ち申し上げております!

◆東村アキコ[ハイパーミディ 中島ハルコ]
原作/林 真理子
「最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室」(文春文庫)

ハルコさん、宝石を盗まれて落ち込む、の巻。
彼女にとっては、買った時の思い出が詰まった
アルバムみたいなものだったようです。

警察には敬語使ってた。意外だ……(失礼だな)。

それとは別に、セックスでの快感について。
ハルコさん自身は特に好きではなく、
そんなものより仕事にエネルギーを注ぐ方がいい、
ということらしいです。

◆谷川史子[はじめてのひと]
今回の主役は、マラソン好きモラトリアム男、
花房くんです。

四国旅行ついでに、高知の彼女の実家に行く段取りをつけられたというのに、
その重みをまるで理解していない花房。
この能天気っぷり。
むろん、彼女は結婚前の顔合わせのつもりでしょう。

そして、会社からはサウジへ転勤の辞令が出そう。

上司は「ケッコンして3年ほど行ってきて」って軽く言うけど。
女が男に合わせるの前提で話すのは、イカンですよ。
とはいえ、大企業がそう簡単に変わるはずもなく。

どうする花房。
そしてどうする、北別府さん。

◆高梨みつば[乙女椿は笑わない]
斗真さんがいいパンチをもらった場面が好きです。
高梨先生、別マ時代からときどき大胆なギャグ入れてきますよね。

美女とイケメンは、崩れれば崩れるほど面白い。

本筋は……まあ、金持ちも楽じゃないね、ということで。

◆五郎丸えみ[あぐりとたね]
地方の個性的な、それゆえに物流に含まれない野菜の話。
イ○ンには絶対なさそう。

◆榛野なな恵[Papa told me]
今回のモノローグの美人さんは、
結局男なのか、女なのか。
男もバレンタインにプレゼントする、
と言われるようになって久しい。

◆西村しのぶ[砂とアイリス]
蘭の展示会。
渋い。なんとも渋い。

◆田村由美[イロメン -十人十色-]
北海道はトラピスト修道院の話。

蜂は黒いものに集まる、らしい。

◆タムラ圭[キミとごはんと時々微熱]
読みきり。

移動カフェで薬膳レシピを提供するイケメンと、
下着会社のデザイナーさんの話。

時々ウンチク(緑茶にレモン等)が出てきますが、
私はそういう雑学が好きです。
ただただトキめくものより、読みやすい。

◆相葉いづる[一目惚れの向こう側へ!]
読みきり。

花屋の店長さん(わけあって女性恐怖症)と、
一目惚れした女子大生の話。

女子大生が押して押して押しまくります。
いいですね。
ココハナって、いい感じに落ち着いた、
悪く言うと(以下略)

パワフルな作風は、
読んでる方も元気出ますし、いいと思います!

◆シタラマサコ[婚活大陸]
デートのパンツ問題です。

個人的に、いよいよ「する」段階になったら、
どんなパンツでもあまり気にしないというか。

お前なんかに聞いてない? そうですか。

◆朝倉世界一[俺輪 おれりん]
東板橋体育館にて、ビームライフル射撃。
と、オリンピックの射撃競技について。

◆くらもちふさこ[とことこクエスト]
金田一蓮十郎先生・聖千秋先生らと、
ドラクエ10オフ会。
なかなかすごいメンツ。

◆ヒガアロハ[しろくまカフェ today's special]
カカオ豆からチョコを作るよ、という話。
根気と専用の道具(米粉のフードプロセッサー)が必要。
難易度高ぇ!

◆武田愛子[ほなみ店長は働かない]
2本立て。

返品箱詰めの話が印象的。
売れる本があれば、売れない本も当然、あるわけで。

◆新井理恵[日常の秘め事]
マーガレットBOOKストア!より出張掲載

新井先生、フラワーズの「猫山さん」は文句なしに面白いんですが、
これはイマイチなんです。

なんかフツーのショートギャグで、
「猫山さん」や「ペケ」みたいな、
ぶっ飛んだ感じがない。

◆たかはしみき[うち旅]
みうら庵の『もちもち三角バター餅』(秋田県)

◆てらいまき[京都おとめがたり]
バレンタイン近いので、チョコレート特集。
COCO京都さんのショコラテリーヌ、メモメモ。


◎次号
表紙&巻頭カラー
芦原妃名子[Bread&Butter]

センターカラー
森本梢子
[アシガール]

3号連続読みきり第3弾
小村あゆみ
[初恋ヴィンテージ]
| 漫画・本::Cocohana(ココハナ) | 00:40 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2144
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   12 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん