マーガレットNo21(2018年10月20日号)感想
表紙は「覚悟はいいかそこの女子。」
実写版の主役・中川大志さんです。


マーガレット 2018年 10/20 号 [雑誌]


……正直いうと、美男子だけど、ちょっと面長すぎるかな、と。
ファンの方には申し訳ない。

これまでの感想は
漫画・本 マーガレット

◎作品感想
◆「覚悟はいいかそこの女子。」
映画公開直前!!
「スペシャルDVD」

中川大志くん×唐田えりかさん×椎葉ナナ先生の座談会
中川大志くん×甲斐翔真くんのボーイズトーク
伊藤健太郎くんのインタビュー

など。

すみません、観てません。

◆春は短し恋せよ男子。
椎葉ナナ

刀磨とリカチは付き合いたてでラブラブです。
後ろからタックルされてますけど。

ここまでハッキリ意思表示してくれる子は、
かなり助かるのでは、と思う。
察して欲しいタイプよりずっと楽。

後半は、再び太陽と柊さんのターン。
この2人、どっちも不器用だから、
なかなか話が進まない。

ふつうは、男女どっちかがこなれてるんですが。
そこがこの漫画の面白いところ。

◆この男、不可視議につき。
須賀千夏

新連載。

クズ男の霊能探偵と、優しい助手と、
手伝いをするハメになったJKの3人組の話。

一見クズだけど、決めるべきところは決める、
で、ヒロインは優しい男よりそっちの方が気になる。
王道ですね。

◆今日までの君と、今日からの僕
今井とまと

デビュー後の読み切り。
デビュー作はザマーガレット2018年12月号掲載予定。

幼なじみ男子2人の友情というか……
そっち系の話です。

男子メインの話は、
マーガでも椎葉先生などが描かれてますが、
ここまでラブに振り切ったのは珍しい。

◆ショートケーキケーキ
森下suu

鈴、家族会議で言いたいことだけ言って、
海辺へ逃げ出す。
それを追いかける理久。

鈴は理久に対して素直になれず、
憎まれ口をぶつけるばかり。

今回、鈴がヒロインみたいです。

展開上、天が目立てないのは仕方ない。

さて、蛍・理久姉弟の母親から、
今回父親の話が明かされました。

一言でいうと、ダメな人です。

学生の間に(高校生?)蛍ができちゃったけど、
父親は世間体を気にして結婚も認知もせず。
お金を少しだけ援助して、たまに会うだけ。

この状況下で、ちゃっかりすることはして
さらに理久が産まれたと。

いやー、ダメですねえ。
ダメですねえ。
もちろん男の方がね。

でも、ありそうな話です。

堕胎させたり、
どこかに捨てろと言うよりはマシなのか?

この父親が登場したら、
主要キャラ全員から殴られそう。

なんにしても、
今回の理久は大人の対応でした。
大人すぎて怖い気もする。

◆ふつうの恋子ちゃん
ななじ眺

恋子パパと剣くんの初対面。

「存じ上げてます」
高2にしてきっちり敬語を使える剣くん。
また一つ株が上がった。
もともとストップ高だというのに。

恋子パパもバツ2確定(少なくとも)。
ほっとけない年上がタイプらしいです。

ラスト、剣くんから唐突な結婚宣言。
それはさすがに、いきなりすぎる気が。
まさか終わるのか。
そりゃもったいない。

◆僕に花のメランコリー
小森みっこ

昴くんの弟・広樹が登場。
たしか弓弦と因縁がある人。
前髪を上げると美少年! 王道!

就職はするが資格の勉強はするという弓弦。
医療関係でしょうか。
花が看護師志望なので。

後半、花が広樹を手当てするくだり、
年上女子&年下男子好きには大変おいしゅうございます。

◆矢神くんは、今日もイジワル。
藍川さき

雫さん、家族旅行先の伊勢で、
偶然仁科くんとバッタリ。

めちゃめちゃご都合主義ですけど、
私は実際にあります。
知り合いと旅行先で会ったことが。

◆アナグラアメリ
佐藤ざくり

あめり、世堂にキスされた件の上書きで、
帝斗の部屋に行き、
そのままイチャイチャ。
たぶん最後までする。

1階に妹がいるというのに。

女の子だからとっくに感づいてて、
知らぬふりをしてそう。

◆空色レモンと迷い猫
里中実華

新たな恋のライバルは、
子役あがりの女優・逢坂るる。

……風邪グスリ? いやいや。

名前の元ネタは「長濱ねる」さんでしょうか。

大和とは何度か共演した仲。

るるさん、
さっそく渚に牽制してきます。

盛り上がる展開になってまいりました。

◆愛が死ぬのは君のせい
桃森ミヨシ×鉄骨サロ

一墨はどう見ても愛生が好きなのですが、
そのへんの感情の変化は読者にしかわからない。
もどかしい展開です。

そこへ、雪平というわかりやすいライバルが加わり、
ややこしいことに。

アームレスリング部なんて、
実際あるのかな。

◆僕だって、キスしたい。
細堀ゆかり

お初の彼女の部屋。
そう、女性の部屋は匂いから違う。

色々と童貞男子の懊悩が出ていて、良かったです。

◆みにあまる彼氏
ほしの瑞希

メガネに続き、また新キャラの男・瀬古が登場。

修学旅行は班行動なので、
男女6人揃えないといけないんですね
(いろは、サッチー、かすみん、メガネ、日下部、瀬古)。
モブにしてもいいのに、ちゃんと描くあたり、好感が持てます。

もちろん、日下部くんがだまって班行動する気など、
さらさらない。

が、いろはのお友達を「邪魔」とまで言ったのはまずかった。

今日の教訓:手水舎は正しく使おう

◆いけないこと、しよ?
碧井ハル

ヒロインがケガしたら、傷口をナメる。
もはやイケメンのたしなみと言えます。

◆つまさきだちのアリス
吉田夢美

新たなライバル、葡真おじさんの同級生、
鳥野先生登場。

大人のヒーローには、大人のライバルの女性がつきもの。
「先生!」の中島先生とかね。
ありすによると、鳥野先生は「ボンキュッボン」らしいのですが、
私はあまりそう見えません。
少年・青年漫画の女性が基準のせいです。

早くも宣戦布告するありすと鳥野先生。
このテンポの早さがよい。

◆乙女の放課後
安理由香

最後の方が定位置になってきて、
ちょっと心配です。

◆円谷さん家
あだち

よく死ぬ? 一家です。

◆うしろにS子さん
森ゆきえ

顧問のO月先生、登場。

「霊はプラズマ」
これは、モデルは大槻教授ですね。間違いない。

◆マーガレット恋愛部
あだち

ぬまーさん、順調に男性と会うミッションをこなす。
4人目の男性のダメっぷりは、色々と参考になります。
むろん、反面教師として。

初対面で、ボディタッチやおっぱい発言はいかんでしょ。


◎その他
「悪い子でもいいの」巻頭カラー
花野リサ先生の新連載!
待ってました。

前の連載「真夜中のステラリウム」のオタク前回路線が面白かったので、
今回も楽しみです。

「僕に花のメランコリー」表紙&カラー
「メイちゃんの執事DX」カラー
| 漫画・本::マーガレット | 16:08 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2109
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   11 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート