河原和音「素敵な彼氏」第1巻感想
5/25、「素敵な彼氏」の単行本第1巻が出ました。
第1話から第4話までを収録。
夢見がちなぼんやりガールと、
クールなイケメンの恋愛未満の関係をお楽しみ下さい。


素敵な彼氏 1 (マーガレットコミックス)


感想を書こうと思いましたが……、
別マ本誌を読んだときにさんざん書いてるので、
特に書き足すことがありません。

以下はおまけです。

これまでのお話は
漫画・本 河原和音「素敵な彼氏」

前作のやその他の作品については
漫画・本 河原和音「青空エール」
漫画・本 その他の河原和音作品

◎別マ掲載時の感想記事
河原和音「素敵な彼氏」第1話感想(別冊マーガレット2016年2月号)
河原和音「素敵な彼氏」第2話感想(別冊マーガレット2016年3月号)
河原和音「素敵な彼氏」第3話感想(別冊マーガレット2016年4月号)
河原和音「素敵な彼氏」第4話感想(別冊マーガレット2016年5月号)


◎単行本雑感
前作との違い。

・目次がある
別マ掲載時の表紙が、そのまま使われている

どっちも当たり前じゃね? と思うところですが、
なぜか単行本化すると、表紙をカットして1話ごとの切れ目をわかりづらくしていたんですよ。

これがマーガレットコミックス特有のものなのか、
河原先生がそうしたかったのかは知らん。

ともかく、前々から勿体ないと思ってたので、良かったです。

加筆は見当たりません。たぶん。


◎右端・巻末
右端って何? という方に説明。

雑誌掲載時は広告や来月号の予告で埋まっているスペースに、
単行本化の際に作者さんが近況を書くアレです。

単行本のちょっとした楽しみなのですが、一切ナシ。
「俺物語」の原作や「青空エール」の映画化などもあるので、余裕がないと思われ
(映画化にどれだけタッチしているかは、定かではないですが)。

巻末には

映画ぜんぜんくわしくないので
かといって漫画もくわしくないので
かといって音楽もくわしくないので……
あの……もしよかったら……
おすすめの小説・漫画・映画・音楽・ゲームなんでも教えて下さい!!


だそうです。

そんな、ベテランの漫画家さんが何をおっしゃいますやら……。


◎主な登場人物
小桜ののか
高1(途中から高2)。
夢はカレシと地元の年末カウントダウンイベントに行くこと。
が、特に具体的なアクションは起こさず、カレシなしのまま高1の冬に至る。

桐山直也
合コンでののかが知り合ったクールガイ。
一見冷たそうで割と気遣いのできる、つかみどころのない男。
恋愛もそれなりにしているらしい。

花菜、リホ、加恋
ののかのクラスメイト。

生駒恵里葉
桐山の幼なじみで元カノ。
名前が出るのは第5話。2巻に収録されるでしょう。

細谷真太郎
桐山の幼なじみで生駒の今彼。
| 漫画・本::河原和音「素敵な彼氏」 | 00:00 | comments (4) | trackback (0) |
コメント
なかさん、コメントどうもです。

私は、全然! 気にしてないです。

どのくらいかというと、

真田広之「からしれんこん、からしれんこん、いがらしれいこ……」

いがらしれいこ「どう、似合うかしら?」

真田広之「全然!」

そのぐらい気にしてないです。

今後とも自由にコメントどうぞ。
気のきいたお返事ができるかどうかはわかりませんが……。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 16/06/05 21:08 | Q8iYc.8g |
いつも丁寧にお返事してくださってありがとうございます。
でも、先の私のコメントは、人様のブログに偉そうだったかも、と反省です。
解釈なんて人の自由なのに。
自分のところでするべきつぶやきでした(><)
すいません、何度もコメントして。




| なか | EMAIL | URL | 16/06/05 00:58 | UEpAdUPU |
なかさん、コメントありがとうございます。
扉絵というマニアックなところに触れていただき、恐縮です。

5話感想、そんなキツそうでしたか……。
けっして義務感で書いてるわけじゃなくて、
毎回面白いなぁと思ってますよ。
そこはご安心ください。

河原先生の漫画は、性別年齢を問わない面白さがあると思います。
現実にありそうでなさそうな絶妙な展開といいますか……。
うまく書けませんけど。

>あれは「ヒマだから」が、今までのとは違う、
>特別な言葉になった瞬間

おおー、そういうことですか。
まだまだ読み込みが足りませんね。

早いもので、2週間もすれば次の別マ発売です。
主役2人の距離感がどうなるか、楽しみですね。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 16/06/03 07:40 | Q8iYc.8g |
1巻、お買い上げになったのですね!
本誌5話の感想はもういつ脱落してもおかしくない感じでしたのに笑
私はハマリすぎて、毎話悶絶してます。
もうアラフォーなんですけどね。。。
sisterの「好きになったよ」も読みました。
やっぱり和音先生の恋愛漫画はいいなぁ。。

それと5話の感想で、
>桐「大丈夫だよ ヒマだから」
>いつも通り淡々と返す桐山くんでした。
ってあったのだけは、
いやいや、全然淡々となんかしてないって〜!!と思ってました。
あれは「ヒマだから」が、今までのとは違う、
特別な言葉になった瞬間ですよ?笑
話がすすむごとに、ののかに対する桐山くんの
眼差しがどんどん優しくなっていきますねー、
もうちょっとこのままの二人を見ていたいところです。

毎話の扉絵の件は私も同様に思ってました。
MCの装丁が自由になったあたりからでしょうか、他の作家さんのコミックスもそうなってますね。




| なか | EMAIL | URL | 16/06/01 22:22 | UEpAdUPU |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1572
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん