木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(以下WS)を鑑賞。
いい映画。
02年のテレビドラマ版から観ている自分は、涙腺にグッときました。



あえてダラダラ語るとすれば、WSのいいところは「死」「別れ」をきっちりと描いているところ。
岡田准一演じる主人公は余命わずかという設定なのだが、結局最期の場面は描かれていない。
ドラマ版も続編の日本シリーズも、死をうやむやにしたためにただのおバカなドタバタみたいに言われることがあった。



しかしWSは違う。
理不尽な死による苛立ち、強制的な別れ、寂しさ、空しさ。
暗くなる部分をじっくり描き、残された人々が前へ進むラストシーンにつなげている。



もちろん持ち前のコメディも健在。
ドラマシリーズからの人物全てに見せ場を作り(気志団は出てこないけど)、
小ネタを随所にちりばめるあたりはさすがクドカン。
ばらまかれた伏線を回収するテクニックに至ってはもう神業。



こんな面白い映画は去年の「有頂天ホテル」以来だなー。
DVDのレンタル料だけで観ていいのかしら。



ちなみに日記のタイトルは、映画のアオリである
「いいたくねえけど、ばいばい」から取りました。

| 映画 | 00:00 | comments (0) | trackback (0) |
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   12 - 2007   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート